歯がしみる!知覚過敏に効果的なおすすめ歯磨き粉と選び方

予防と知識

予防歯科


shutterstock_99501719_720

冷たい飲み物や甘いものを食べるたびに、キーンと歯がしみてつらい、という方も多いのではないでしょうか。

まずは、早めに歯科医に相談するべきですが、すぐには行けない場合、傷ついた歯に刺激を与えずカバーしてくれる知覚過敏用の歯磨き粉に変えるのも1つの手です。

知覚過敏用の歯磨き粉はドラックストアなどにもたくさんの商品が並んでいます。

今回は、知覚過敏に効果のある歯磨き粉と選び方について詳しく解説します。ぜひ、参考にしてください。

スポンサードリンク

1.知覚過敏とは

知覚過敏は、正式には「象牙質知覚過敏症」と言われます。

歯の表面はエナメル質という硬い面をしていますが、その中には象牙質という柔らかい面が存在します。

その象牙質がむき出しになった時に、冷たいもなどの刺激が神経に伝わりやすくなり、しみたり、痛みを感じたりするようになるのが知覚過敏です。

知覚過敏の原因について、詳しくは「歯がしみる!知覚過敏の6つの原因と自宅で出来る改善法」をご覧ください。

2.知覚過敏の症状

2-1.冷たいものがしみる

冷たい飲み物を飲むと一時的にしみる、アイスクリームを前歯で噛むとしみるなどの症状が一般的です。

2-2.風がしみる

特に、前歯で起こりやい症状です。

大きく呼吸をした時や、口を開けていて風が歯にあたった時などに知覚過敏の症状ができる場合があります。

2-3.歯ブラシがあたるとしみる

歯磨きをしている時、歯ブラシの毛先が歯にあたると、一瞬ピリッとしみることがあります。

歯の内面の柔らかい部分の象牙質に毛先があたるとピリッとした痛みを感じることがあります。

2-4.甘いものがしみる

チョコレートやキャラメルなどの甘いものを食べるとしみる場合もあります。

この場合は、知覚過敏ではなく、虫歯になっている可能も考えられます。

2-5.熱いものがしみる

温かいスープやお鍋料理を食べている時などにしみることもあります。

この場合は、甘いものを食べるとしみるなどの症状がでた後に起こります。

虫歯になっていて、虫歯が神経近くまで進行している場合におこります。

3.知覚過敏の歯磨き粉の選び方

3-1.研磨剤無配合

知覚過敏の場合は、研磨剤無配合のものをえらびましょう。

知覚過敏の歯が1、2本なのであれば、研磨剤が入っていてもよいですが、全体的にしみる症状の場合は、研磨剤がない方が良いです。

多少ではありますが、研磨剤配合の歯磨き粉で歯の表面が削れやすく
さらに知覚過敏の症状を悪化させてしまうこともあるからです。

3-2.低発泡性

泡立ちが良い方がよく磨けているように感じますが、知覚過敏症の場合は、低発泡性のものをお勧めします。

泡立ちが良いと、すぐに吐き出してしまいますが、低発泡性でジェルタイプであれば、長い時間、お口の中で停滞させることが可能です。

3-3.薬用成分

薬用成分によって、知覚過敏の症状の抑制方法が違います。

痛みを生じるものなのか、冷たいものがしみる程度なのかによって、薬用成分を選ぶとより効果的です。

3-3

■乳酸アルミニウム

冷たいものがしみるなどの場合は、乳酸アルミニウムを使用して、象牙質の管を封鎖します

■硝酸カリウム

神経が痛みを感じるような症状の場合は、硝酸カリウムを使用して、刺激の伝達を抑えます。

3-4.フッ素配合

殆どの歯磨き粉にフッ素は配合されています。フッ素には、歯を強くする効果があります。

4.おすすめの知覚過敏に効く歯磨き粉

それぞれに成分や特徴が違います。自分にあった歯磨き粉を選びをしましょう。
症状別におすすめ商品をご紹介します。

4-1.たまにしみる、1、2本の歯がしみる人におすすめ

アパガードリナメル

配合されたナノ粒子薬用ハイドロキシアパタイトが直接歯に作用し、ミクロの傷を修復。さらに、表層下脱灰部を再石灰化するため、虫歯によりしみる症状の人にもおすすめ。

4-1

販売:株式会社オーラルケア
商品:アパガードリナメル
価格:2400円
成分:ナノ粒子ハイドロキシアパタイト

4-2.痛みを伴うことがある、全体的にしみる人におすすめ

シュミテクト コンプリートワンEX

歯周病予防効果も期待できる成分が配合されているので、歯茎が腫れる症状のある人におすすめです。

4-2

販売:グラクソスミスクライン
商品:シュミテクト コンプリートワンEX
価格:700円
成分:硝酸カリウム、フッ化ナトリウム、グリチルリチン酸モノアンモニウム

メルサージュ ヒスケアジェル

歯面に成分が滞留しやすいジェルタイプなので、知覚過敏症状が強い人にも使いやすいです。
発泡剤無配合で、超音波・電動歯ブラシをお使いの方にもおすすめです。

4-3

販売:株式会社松風
商品:メルサージュ ヒスケアジェル
価格:800円
成分:硝酸カリウム、乳酸アルミニウム、フッ化ナトリウム
硝酸カリウムが歯の神経の周りで痛み(刺激)の伝達をブロックします。乳酸アルミニウムが象牙細管をふさぎ、刺激をブロックします。

チェックアップルートケア

象牙質にもやさしい無研磨ジェルタイプのハミガキで、高齢者にも見やすいクリアブルーのジェルです。また、泡立ちが少なく、やさしい香味なので、少量の水ですすげます。虫歯になりやすい方にもおすすめです。

4-4

販売:株式会社ライオン
商品:チェックアップルートケア
価格:750円
成分:フッ化ナトリウム、硝酸カリウム、塩化セチルピリジニウム(CPC)

システマセンシティブ

知覚過敏の痛みをダブルブロック。飲食時の痛みまでしっかりケアする知覚過敏ケアのハミガキぺースト。歯茎が腫れやすい方にもおすすめです。

4-5

販売:株式会社ライオン
商品:システマセンシティブ
価格:800円
成分:硝酸カリウム、乳酸アルミニウム、MFP、IPMP、トラネキサム酸

5.知覚過敏予防法

歯を磨く時、知覚過敏を予防するために気をつけておきたいポイントをまとめていきます。

5-1.力を入れすぎない

歯がしみる症状のある方は、歯磨きの時に力を入れすぎている場合が多いです。

力を入れてゴシゴシと磨くと、歯を削ってしまい、その結果しみているということもあるのです。

しみると思ったら、あまり力を入れすぎないように意識してみてください。
力のコントロールは、鉛筆を持つように歯ブラシを握る(ペングリップ)に持ち変えるだけでもコントロールできます。

正しい歯磨きの方法について、詳しくはl「歯科衛生士が教える歯磨き方法!時間/回数/タイミング」をご覧ください。

5-2.自分にあった磨き方を知る

お口の中の状態は人それぞれで、しみている程度もそれぞれ。

お口の状況にあった磨き方の知識をつけることで、知覚過敏の予防をしていくことができます。

5-3.食べ物に気をつける

知覚過敏は、虫歯になっていてもしみることがあります。

酸味の強い食べ物(レモン・グレープフルーツ)や、飲み物(レモン系)を頻繁に摂取していると、知覚過敏の症状を悪化させてしまうこともあります。

知覚過敏を予防したい場合は、酸味の強い食べ物が好きな方は、少し控えるように意識してみてください。

まとめ

知覚過敏にもさまざまな症状があります。

あなたの症状にあった、知覚過敏用の歯磨き粉を使うことで、少しでも日常的な悩みから解放されるといいですね。

ただし、歯磨き粉を使えば治るということではなく、治療をしなくては治らない、という場合もありますので、早めの歯科受診が大切です。

また、正しい磨き方やあなたにあった歯ブラシ選びなど定期的に歯科医院でお口のケアをしてもらい、よい状態を保てるようにアドバイスをもらいましょう!

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!