歯がしみる!知覚過敏の6つの原因と自宅で出来る改善法

予防と知識

痛み


shutterstock_256646428

虫歯でもないのに、歯がしみて冷たいものが食べられないといった経験をした方も多いのではないでしょうか。

しみる症状があって食事を楽しめなかったり、毎回の歯磨きで痛い思いをしている場合は知覚過敏かもしれません。

そのままにしていたらしみなくなった、という場合でも気付かないうちに歯の状態はどんどん悪くなっているケースもあります。知覚過敏の原因は様々で、その原因に合わせて対処法や治療法も異なります。

今回は、知覚過敏になる原因と自宅で出来る対処法、歯科医院でできる治療法を紹介します。ぜひ参考にしてください。

1.知覚過敏とは?

虫歯でもないのに、冷たいものや甘いものなどで歯がしみたり、歯ブラシで擦ると痛むなどの症状の事を知覚過敏と言います。

何らかの原因で歯の表面のエナメル質が欠けたり溶けたりして、中の象牙質が露出することで起きます。

象牙質が露出すると象牙細管という神経につながる管が解放され、刺激が歯の神経に伝わり知覚過敏の症状がおきます。

chikakukabin-tb
出典:http://www.shinbi-shika.net/

2.知覚過敏の原因

2-1.間違った歯磨きによるもの

自己流で歯磨きをしている方は、歯茎が下がるような磨き方をしていたり、圧力が強すぎたり、研磨剤入りの歯磨き粉を頻回に使用しているなど間違った歯磨きが原因で歯や歯茎を傷付けているかもしれません。

歯磨き指導はどの歯科医院でも行っていますので、自分が正しい歯磨き方法をしているのか少しでも気になったら、気軽に相談してみましょう。

2-2.歯ぎしり、くいしばりによるもの

歯ぎしりやくいしばりによって歯に力が加わると、歯がしみてしまう事がよくあります。

特に歯ぎしりでは歯の表面のエナメル質が削れてしまうため象牙質がむき出しになり知覚過敏がおきます。

削れの強いところは歯科医院で樹脂をつめてもらったり、マウスピースを作ってもらうなどの治療が必要となります。

2-3.酸によるもの

酸性の食品や飲み物によってエナメル質が溶けてしまう事を酸蝕症(さんしょくしょう)と言います。

健康法として毎日黒酢を飲んでいる方や柑橘系が好きな方、炭酸飲料やワイン等のお酒の取りすぎでも酸蝕症はおきます。

心あたりのある方は歯科医院で相談してみましょう。

2-4.ホワイトニングによるもの

ホワイトニングの薬剤により知覚過敏を起こす場合もあります。

ホームホワイトニング(自宅で行うもの)治療中、しみる症状が出た場合は一度ホワイトニングを中止することが必要な場合もありますので、ホワイトニングをしている歯科へ相談し中断の相談をしてみましょう。

症状が落ち着けばホワイトニングを再開することは可能です。

2-5.歯石除去によるもの

歯石除去をした後に知覚過敏が起こることがあります。

歯石除去による知覚過敏は2、3日で落ち着く場合が多いので、あまり心配せずに歯磨きをしっかり行いましょう。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!