自宅で歯を白くする!ホームホワイトニングの始め方

歯の治療

ホワイトニング


00

歯を白くしたいけど、自宅で簡単に出来ないだろうかと思う方も多いのではないでしょうか。
白い歯へのあこがれは誰にでもあると思いますが、黄色い歯やヤニで茶色くなった歯にあこがれる人はいないですよね。
歯を白くするホワイトニングには、歯科医院内で行うオフィスホワイトニングと歯科医師の指導のもとに患者さん自身が自宅で行うホームホワイトニングがあります。
ホームホワイトニングは、歯型を取ってホワイトニング用のマウスピースを作り、その中にホワイト用の薬剤を入れてご自宅で白くする方法を言います。

今回は、ホームホワイトニングの効果や注意点について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

1. ホームホワイトニングとは

ホワイトニングは大きく分けて2つあります。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングです。

また、第3の方法としてスプレーホワイトニングというものもあります。
その中でも、ホームホワイトニングは歯型をとってマウスピースを作りその中にホワイトニングの薬剤を入れて行うものです。

whitening06

1-1. ホームホワイトニングの特徴

通院回数
マウスピースの型取りと受け渡しで最低2回必要(即日で可能ならば1回)です。
その後は通院の回数や日時を気にせず自宅で出来るのが最大の特徴です。

効果
施行翌日に実感する事もあるが通常2週間程度必要です。

痛み
もししみてきても装置を外せばよいのでそれほど強くはありません。
しみるのも通常は数十分から数時間程度です。

料金
自費診療で2万円~4万円程度かかります。

施術前

02

施術後

03

1-2. オフィスホワイトニングとの比較

オフィスホワイトニング ホームホワイトニング
通院回数 通院回数は1~3回程度 最低2回の通院が必要
効果 即効性がある 通常2週間程度で効果を実感
しみるかどうか 急激に白くしていくため、しみることがある それほど強くはない
料金 平均5万円程度 2〜4万円程度(自費診療)

オフィスホワイトニングについて詳しくは「歯を白くするなら短期間でできるオフィスホワイトニング」をご覧ください。

1-3. ホワイトニング剤の例

国内のホワイトニング剤

過酸化尿素が主成分になります。

ホワイトニング時間の目安
10%濃度のものみ:8〜10時間装着が目安です。

海外のホワイトニング剤

過酸化尿素が主成分になります。

ホワイトニング時間の目安
10%: 8〜10時間
15%:4〜6時間
20%:2〜4時間
35%:30分装着が目安です。

2.ホームホワイトニングのメリット/デメリット

2-1.メリット

  • 自分の好きな時に好きなペースでできる
  • 自分の好みの白さまで追求できる(限界はあるが)
  • 後戻りが遅い
  • 後戻りした場合は薬剤さえ残っていればまた使える

2-2.デメリット

  • オフィスホワイトニングに比べ、白くなるまでに時間がかかる
  • 歯にしみる
  • 国内では10%濃度のものしかない

※薬剤を海外から輸入してくれる歯科医院では高濃度のものもあり短時間でのホワイトニング効果が期待されます。取扱いの有無は歯科医院にお尋ねください

3. 施術の流れ

3-1. 歯科医院での施行

1. 薬剤でしみる事があるので虫歯や歯周病のチェックをします。
2. ホワイトニング効果を高めるためにお口の中をクリーニングして着色や歯石を取ります。
3. ホワイトニング前の歯の色の確認のための写真を撮ります。
4. 歯型を取りマウストレーを作成します。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!