気づかないうちに臭ってる?すぐにできる口臭チェックと予防法

予防と知識

その他


0

寝起きや空腹の時など、自分の口臭は大丈夫か心配になる方も多いのではないでしょうか。

自分ではあまり気づかなくても、周りの人に不快な思いをさせていることがあるかもしれませんよね。

口臭が発生する原因は人それぞれ違います。体調の変化や、仕事や生活の環境が変わったことで起こる体の変化と同じように、お口の中にも変化が現れることもあります。

そして、口臭の治し方も原因に合わせて異なります。
口臭を確実に治すためには、まず原因を特定することが何より重要です。そこで今回は、口臭チェックの方法と対処法についてまとめてみます。ぜひ参考にしてみてください。

1.自分で出来る口臭チェック方法

1-1.呼気を手に当てて確認する

なんとなく口臭が気になる時にはお口に手を当てて呼気を確認します。「ハァーッ」と呼気を吹き出します。

少しにおいを感じても持続したにおいでなければ、人にわかるほどの口臭ではありません。

1-2.呼気を袋に入れて確認する

手を当てて呼気を確認してもよくわからないという方は、袋を使って呼気を確認します。
袋の中に「ハァーッ」と呼気を吹き出し溜まった呼気のにおいを確認します。

5秒以上持続するにおいであれば、何らかの原因によって口臭がある状態です。

1-3.唾液のにおい確認する

口臭の原因の中に、お口の中の細菌があげられることがあります。

その場合、自分の体温と同じ温度にした唾液のにおいを嗅いで口臭をチェックします。

1-4.ブレスチェッカーで確認する

口臭の有無を6段階に分けて簡単に口臭チェックができます。
イラストで口臭度がわかるので、簡単に口臭があるかないかがわかります。

ブレスチェッカー ミニ

21

販売:タニタ
商品:ブレスチェッカー ミニ
価格:2,380円

2.心配な場合は医療機関へ

口臭の原因の8割は、お口の中にあると言われています。

自分で口臭対策をしても気になるという場合は、まず歯科医院を受診し、虫歯、歯周病など口臭の原因になるトラブルがないかを調べてもらいましょう。

2-1.歯科医院でチェックする方法

医療専門の口臭測定器を設けている歯科医院もあります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!