歯茎が下がる原因と対処法について徹底解説!

予防と知識

その他


00

毎日ちゃんと歯磨きしてるのに、歯茎が痩せたり歯茎が下がってきて、不安な方も多いのではないでしょうか。歯茎が下がる原因はそれぞれありますが正しい知識を持って頂ければ事前に防ぐ事が可能です。

今回は、歯茎が下がる原因と対処方法についてまとめました。

1. 歯茎下がりとは?自分の歯茎をチェック!

ご自身の歯をチェックした時に歯が長くなってしまったと感じる方もいらっしゃると思いますが歯が伸びたのではなく歯茎が下がってしまっているのです。特に下の前歯で実感する方が多いようです。

01

2. 歯茎が下がる原因とその対処法

2-1. 歯周病によるもの

一番多い原因は歯周病です。歯周病とは細菌感染症で骨が歯周病菌に感染してしまい骨が溶けていく病気です。骨がなくなると同時に、歯茎も下がっていきます。40代の80%の方は歯周病になっているので殆どの方は歯周病による歯茎の退縮です。

02

(厚生労働省 歯周疾患実態調査資料より)

 

2-2. 加齢によるもの

歯茎も年をとります。加齢によって少しずつ歯茎は下がってきます。ただし、正しいお手入れをしていれば、歯茎の下りを抑えることも可能です。

 

2-3. 間違った歯磨きによるもの

意外と知られていないようですが歯磨きをする時に力のいれ方が強い人は、歯茎が下がってきてきます。歯茎が下がるまえに兆候としてでるのが、歯茎の縁が輪状盛り上がる状態です。縁取りしたような歯茎になっていきます。

歯磨きの時、ゴシゴシと力強くする人は要注意です。一度、鏡でご自身の歯茎の状態を観察してみてください。

03
歯磨きの力が強い人に起こる症状(フェストゥーン)

 

2-4. 噛み合わせによるもの

噛み合わせが悪く歯に過剰な力がかかると歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けてしまし、それに伴って歯茎も痩せていきます。

■ 対処法
噛み合わせが悪い人や歯軋りをする人は、まずは歯科医院で相談してみましょう。
歯軋りはストレスからくることも言われていますので、ストレスのな生活を送ることも、必要です。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!