歯磨きすると歯茎が痛い!考えられる8つの原因と対処法

予防と知識

痛み


歯磨きをしていて歯茎に痛みを感じることがあという方も多いのではないでしょうか。
歯茎に痛みが出る原因は歯周病であることも多いですが、その他にもいろいろな原因が考えられます。
痛みがあるのに、そのまま放置していると歯が抜け落ちてしまう事もありますので原因をみつけ、それにあった対処をする必要があります。
そこで今回は、歯磨きの時に歯茎が痛む原因と対処法について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.歯茎の痛みの原因

1-1.歯周病

歯周病とは歯を支える骨が失われていく病気の事を言います。

歯周病になると歯と歯茎の境目の溝である歯周ポケットが形成され、炎症が起きやすくなります。

炎症を起こした組織は少し触っただけで簡単に出血するようになり歯ブラシを当てたり歯間ブラシを通すと多量に出血したりします。

1-2.歯ブラシの硬さ

硬い歯ブラシを当てると傷つきやすく痛みを伴う場合もあります。

歯茎に炎症がある状態のときは柔らかめの歯ブラシを使用してください。

1-3.歯ブラシの当て方

歯ブラシは歯茎をマッサージするように歯茎の境目に当てましょう。
歯茎の境目のあたりの歯垢(プラーク)は炎症の原因です。

起因物質を除去していくことにより歯茎の痛み、腫れが落ち着いてきます。

1-4.歯ブラシの毛の形状

歯ブラシには、毛の硬さの他に毛の形状があります。

様々な症状や用途に合わせて使い分けするのですが、硬めの歯ブラシでフラットカットのものは当て方によっては歯茎を傷つけやすく痛みの原因になる事があります。

毛先を丸くしたラウンド加工された歯ブラシの方が痛みは出にくいと言われています。

また歯茎に痛みが出た場合は、柔らかめの歯ブラシを使い優しく擦るようにしてみてください。

毛先が先細りになっているテーパード毛や先端極細加工されているものは比較的柔らかめに作られている場合が多いようです。

ただし痛みが強い場合は自己判断せず歯科医院を受診し担当歯科医師、歯科衛生士から指導を受けるようにしてください。

1-5.磨きすぎ

しっかりと歯垢を落とそうと思うと、ついつい力がはいってしまいます。

力が入ったまま磨いていくと歯茎に傷ができ痛みを伴いますので、やさしい力で適切に磨きましょう。
同じ場所を何度も磨かないように磨く順番を決めて磨いてみてください。

1-6.歯磨き圧

歯みがきの圧が強すぎると歯茎に傷をつけます。

歯ブラシを握った状態で持つと、力が入りやすく力のコントロールが難しくなります。
鉛筆持ちにして磨くと力をかけずに優しく磨くことができます。

普通の硬さの歯ブラシの場合150g~200gくらいと言われていますが柔らかいタイプの歯ブラシの場合は100g程度が推奨されていたりします。

ご家庭で何gと測定しながら磨くことは難しいと思いますので歯ブラシの毛先が広がらない程度の力で鉛筆持ちで磨くようにしてみましょう。

1-7.知覚過敏

知覚過敏の場合歯茎が痛いというよりは歯茎の知覚の歯が痛み、しみるといった症状が出てきます。

知覚過敏の原因は様々です。歯ぎしり食いしばりなどの力や歯茎が下がった事によるもの、歯ブラシの圧力が強すぎる等です。

知覚過敏の場合、多くは歯茎の境目の象牙質が露出ししみているケースがほとんどです。

柔らかめの歯ブラシを使い知覚過敏のケア用歯磨き粉などを併用すると改善する場合もありますが原因は様々ですので、かかりつけ歯科医院を受診し適切な指導をしてもらいましょう。

1-8.火傷などの外傷

火傷や何か硬いものが当たった、刺さったなどの外傷により痛んだりする場合もあります。

外傷があまりにも大きい場合は一度歯磨きをお休みをした方がいい場合もありますので症状がひどい場合は歯科医院を受診し診断してもらいましょう。

2.歯茎が痛い時の対処法

2-1.まずは歯科医院へ

歯茎が痛む場合、まずは歯科医院を受診する事を第一選択としてください。

これまで書いてきたように歯茎が痛む場合の原因はさまざまです。

その症状に応じた磨き方がありますので自己判断せず歯科医師、歯科衛生士の指導のもと正しい処置をとりましょう。

2-2.歯ブラシの確認

歯ブラシが硬すぎると、歯茎が痛みやすくなります。

また、長い間おなじ歯ブラシを使い続けていると、毛先が広がり歯の表面に歯ブラシを当てているつもりでも、歯茎に当たってしまっている可能性もあります。

歯ブラシの後ろからみて歯ブラシの毛先がはみ出て見えているようなら交換時期が来ていますので新しい歯ブラシに変えましょう。

炎症がある歯茎の近くをブラッシングした場合出血を伴います。
歯みがきをしながら歯ブラシに血がついていないか確認してみましょう。

2-3.お口の中の確認

炎症がある歯茎の場合、健康な歯茎と違って赤みを帯びていたり歯茎が腫れてることがあります。

普段から歯と歯茎を鏡で確認するようにしていると、歯茎に炎症がおきている場合の違いが分かりやすくなります。

歯と歯の境目の歯茎は、健康な場合には三角形の引き締まった形できれいなピンク色をしていますが、炎症が起きてくると三角形の角が鈍った形になり歯茎も赤くなってきます。

分かりづらい場合もありますので、違和感がある場合は歯科医院を受診し診断してもらいましょう。

3.正しい歯の磨き方

3-1.歯ブラシはペングリップで持つ

歯ブラシの持ち方はペングリップ(鉛筆持ち)で持ちます。

パームグリップ(握り持ち)で磨くと力のコントロールが効かず歯茎を傷つけやすくなります。

3-2.細かく動かす

歯ブラシは細かく動かしてください。

ストロークが大きいと磨き残ししやすくなりますので一歯ずつ10~20回を目安に磨いてください。

3-3.1回5分程度が目安

1回5分程度が目安です。

時間をかけても当てたいところに当たっていなかったり、適切な角度、力のコントロールが必要になりますので、ご自身のお口の中に合った歯磨きの方法は、かかりつけ歯科医院にて歯磨き指導を受けてください。

3-4.1日3回がベスト

1日1回でも完璧に歯垢を落とせていれば虫歯、歯周病のリスクはかなり低くなりますが1回の歯磨きで100%歯垢を落とす事は不可能です。

1日1回より2回、2回より3回の磨くことにより歯垢を落とす機会が増え虫歯、歯周病のリスクを下げることができます。

まとめ

歯茎が痛いという症状でも様々な原因があります。
細菌による炎症、歯ぎしり食いしばり、歯ブラシの圧力や当て方等。自己判断せずに違和感がある場合は早期に歯科医院を受診し痛みの原因を診断してもらい適切な処置をしてもらいましょう。

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!