口臭の原因になる舌の汚れ/取り方を歯科衛生士が徹底解説!

予防と知識

その他


00

鏡で舌を見たとき、白や黄色の汚れがついているのが気になるという方も多いのではないでしょうか。
それは舌苔(ぜったい)と言って、舌の表面につく汚れです。食べ物やお口の粘膜細胞などに細菌が繁殖した状態が続くと、白や黄色の舌苔の原因になります。
この舌の汚れ(舌苔)が、多量についていて気持ち悪い、口臭がするなど、不快な気分になっている方には、とくに舌磨きをおすすめします。舌を傷つけない正しい汚れの取り方についてまとめましたので、参考にしてください。

1.舌の汚れ(舌苔)とは

食べ物やお口の粘膜細胞など塊に細菌が繁殖した状態が続くと、舌の表面に白や黄色の汚れがつくことがあります。これを、舌苔(ぜったい)と言います。

舌苔は、まったく付いていない状態の人はおらず、健康な方でも多少の舌苔はついています。

必ず舌苔はとらなければいけないというものではありませんので、正しい知識と自分の状態を知って、快適に過ごせる口腔ケアをおこないましょう。

2.舌苔のチェック(正常と異常の見分け方)

自分の舌苔の状態を鏡をみながらチェックしてみましょう

2舌苔のチェック

□ 舌の色はピンク色である。
□ 舌の表面に白い膜のような状態でうっすらついてる
□ 手で口を覆い、息をしてみて口臭が気にならない

上記にチェックがはいる人は、殆ど健康な状態の舌苔です。安心してください。

□ 舌の色は全体的に白く濁っている状態である
□ 舌の色は全体的に黒っぽく濁っている状態である
□ 爪で舌をなぞってみると、汚れが固まりで取れてくる(臭いもある)
□ 手で口を覆い、息をしてみて口臭がきになる

上記に2つチェックが付く場合は、舌苔をとる習慣をつけることで、口臭を気にせず、快適に過ごせるようになります。

3.舌苔の正しい取り方

舌はとてもデリケートです。少しでも傷になると口内炎になり、痛みがでますので、痛みなく快適に汚れをとる方法についてまとめてみます。

3-1.舌専用のブラシで除去する

舌専用の舌ブラシで汚れをとりましょう。舌専用なので、舌を傷つけることなく、きれいに汚れを除去することができます。

3-1-1.舌ブラシでのお手入れ方法

・舌苔は、朝が一番たまりやすので、朝1回を目安に行います。

・力を入れてごしごしするのではなく、やさしくなぞるように清掃します。

・少し舌を湿らせた状態で、ゆっくりと挿入します。乾いた舌を強くこすると、傷の原因になります。

3-1-1舌磨き方

1舌の奥から手前にゆっくりかき出すように動かします。

2その次に横むきになぞるように汚れをとります。

※歯ブラシやガーゼは使用せず、舌専用の道具を使用することをおすすめします。

3-1-2.舌ブラシを使う際の注意事項

・ごしごしと強く磨くと、舌に傷をつけてしまいます。ゆっくりとなぞるように操作しましょう

・舌の根本まで入れると嘔吐反射を起こし、気持ち悪くなります。快適に汚れを取り除くためにも奥に入れすぎないように鏡をみながら操作しましょう。

・舌に汚れがついているのを確認しましょう。気になって毎日使用していると、汚れがついていない舌を磨くことになり、舌に過度に刺激を与えることにもなります。朝1回を目安に、磨きすぎに注意しましょう。

3-1-3.おすすめの舌ブラシ

カーペット状になっている舌の表面を特殊な3枚のフィンで清掃することで、短時間で効率よく舌苔をとりのぞけます。

オーラルケア舌苔トル

販売;㈱オーラルケア
商品:舌苔トル
価格:380円(1本)

 

やわらかい毛束で優しくしっかりと舌苔を取り除きます。歯ブラシを横にした形状でもち手も形も握りやすく作られていますので、普段の歯ブラシ感覚で使用できます。

お口の専門家舌ブラシ160

販売:お口の専門店
商品:舌ブラシ160
価格:170円

 

4.注意事項

舌磨きでよくありがちな間違えについてまとめておきます。

4-1.歯ブラシで磨かない

歯ブラシは歯を磨くために作られていますので、歯と舌の形状や硬さはまったく違います。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!