口臭予防に!舌の汚れができる5つの原因と正しい取り方

予防と知識

その他


00

鏡で舌を見てみると、白や黄色の汚れがついていて気になるという方も多いのではないでしょうか。

それは舌苔(ぜったい)と言って舌の表面につく汚れです。たくさん付着していると口臭が強くなったり、味が感じにくくなる原因になるといわれています。

食べかすやさまざまな細菌などで構成されていて、治療の必要はありませんが口臭などの予防にはケアが必要です。今回は舌苔の原因と舌を傷つけない舌苔の取り方についてお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.舌の汚れ(舌苔)とは?

さまざまな原因で食べ物やお口の粘膜細胞などに細菌が繁殖した状態が続くと、舌に白や黄色の汚れがつくことがあります。

これを舌苔(ぜったい)と呼びます。

服用薬の影響や全身疾患の症状として発現したり、口腔内の自浄作用の低下によるものなどさまざまな原因があります。

舌が白くなって気になるという方が多くいらっしゃると思いますが、健康な状態でも多少の舌苔は付着しています。

2.舌の汚れ(舌苔)の正常と異常の見分け方

正常な場合でも多少の舌苔は付着しています。

舌の先が少し白く奥の方が少し濃い白色であれば正常だといえます。

舌苔が黄色っぽかったり黒っぽかったりする場合は異常であると思ってよいでしょう。

舌の汚れチェックについて詳しくは【口臭の原因になる舌の汚れ/取り方を歯科衛生士が徹底解説!】をごらんください。

3.過剰な舌苔ができる5つの原因

3-1.食べかすが原因

ひとつの原因は食べかすが考えられます。

舌の表面には無数の乳頭と言われる細胞が存在し、その細胞の間に食べかすが引っかかって残ってしまうことが原因です。

対処法としては噛む回数を増やすことや水分をよく摂ることなどが挙げられます。

3-2.お口の乾燥が原因

お口が乾燥すると、舌苔自体が乾燥してしまい剥がれにくくなります。

乾燥する原因は口呼吸や水分摂取不足または服用薬による乾燥が考えられます。

単純に水分摂取不足であれば一日に摂取する水分の量を増やしていただくことで改善できますが、口呼吸の原因はさまざまで鼻疾患からくるもの(鼻のつまりなど)や骨格、かみ合わせによる場合があります。

鼻のつまりが原因の場合は耳鼻科を受診していただくことで改善することができるでしょう。

服用薬により口腔乾燥が起きる場合もありますので服用薬の説明書きなどを読み直してみると原因が見つかるかもしれません。

3-3.細菌の増殖が原因

舌には無数の粒状のヒダがあります。その凹凸のヒダの間に細菌が絡まり、その状態が続くと細菌が増殖します。

対処法としてはセルフケアを徹底することです。歯の表面のブラッシングとあわせて舌の汚れのケアをすることにより細菌の増殖を抑えることができます。

3-4.薬の服用が原因

抗生物質やステロイド剤を長期服用することにより口腔内の細菌に変化が起こり黒い舌苔が付着することがあります。

黒色になる原因はカンジダ菌が増殖することにより硫黄化合物が生じ血液中のヘモグロビンとが結びついて黒色になると言われています。この場合は体調が改善すると自然とよくなる場合が多いようです。

また口腔乾燥症を起こしやすい服用薬もたくさんあるので、一部をご紹介したいと思います。

鎮痛剤、抗うつ薬、抗けいれん薬、中枢性筋弛緩薬、抗パーキンソン薬、抗精神病薬、抗コリン薬、抗ヒスタミン薬、H₂受容体拮抗薬など。

また血管内の水分量を減らす薬剤としては降圧薬、利尿薬、気管支拡張薬などが挙げられます。

服用薬の種類によって口腔乾燥が起き舌苔が付着しやすい状態になっている場合もあるわけです。

3-5.ストレスや加齢が原因

ストレスや加齢により口腔内の唾液の量が少なくなることも原因の一つと考えられます。

ストレスがかかっている場合は交感神経が優位になっているため口腔内が乾燥しやすい状態となります。

また加齢により唾液を分泌させる細胞が少なくなることにより乾燥が起こります。

3-5-1.加齢によるもの

加齢によるものとして考えられるのは唾液を分泌させる細胞の減少による口腔乾燥や、舌の動きが悪くなることも考えられます。

対処方法としては唾液腺のマッサージ舌のトレーニングなどがあげられます。

唾液腺マッサージは自己流で行うことはなるべくさけ歯科医師、歯科衛生士などの専門家から指導してもらうようにしましょう。

3-5-2.ストレスによるもの

ストレスが原因の場合は副交感神経を優位にさせることにより症状を改善することができると考えられます。

対処方法としては身体をリラックスさせることが有効です。具体的な方法としてはぬるめの温度の半身浴につかってみることやアロマ等を利用してみるのもよいかもしれません。

4.過剰な舌苔の正しい取り方

4-1.舌専用のブラシで除去する

もっとも有効な方法は舌専用のブラシ(舌ブラシ)を利用し除去する方法です。

普段使っている歯ブラシや電動ブラシを利用する方法もありますが舌専用に開発された舌ブラシは柔らかく舌を傷つけにくいためできるだけ舌ブラシを利用することをおススメします。

4-1-1.舌ブラシでのお手入れ方法

舌をなるべく前方に突き出し奥から手前を心がけて掻き出すように使うとよいでしょう。

強い力でこすってしまうと舌にキズが付き痛みやヒリヒリ感の原因となるため優しく掻き出すように清掃するとよいです。

あまりに多くの舌苔の付着がみられるときは無理せず数日にわけて清掃しましょう。

4-1-2.舌ブラシを使う際の注意事項

舌にキズがある場合は症状が悪化することも考えられるためキズがある場合は控えましょう。

舌を磨くブラシは毎日利用している歯ブラシを利用される方も多いと思いますが、歯ブラシを利用する場合は硬めのものだとキズが付きやすいため柔らかめを利用しましょう。

回数は一日一回程度の清掃で問題ありません。

睡眠中は唾液の分泌量が減ったり乾燥しやすいため起床時は口臭が発生しやすいです。

一日一回磨く場合は起床時に磨くのが効果的です。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!