放置しても治らない!歯茎のできもの、フィステルの治療法

予防と知識

お口の治療


shutterstock_198056981

突然歯茎におできのようなものが出来て、不安な方も多いのではないでしょうか。それは、フィステルかもしれません。
見た目は口内炎と間違いやすいのですが、フィステルは何らかの原因で歯の根に溜まった膿の出口の穴なのです。
フィステルは、原因となるものの治療をしなければ何度も繰り返してしまい、口臭もきつくなり、様々な悪影響を及ぼすこともあります。

そこで今回はフィステルが出来る原因や治療法について詳しく解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

1.フィステルとは

歯の根の先に炎症がおき、そこにたまった膿を排出するためにできた出口のことをいいます。

ほとんどは歯茎に出来るおできのようなもので、見た目は白かったり、赤かったりしていてプクッととしています。

new_1 2

1-1.症状

フィステルは根の先にたまった膿を排出することができるため、ほとんど痛みを感じることはありません。

逆にフィステルがない膿の袋が増大すると違和感を感じたり、免疫力低下の時などには急激な内圧亢進により激痛になることもあります。

1-2.放置しても治らない

フィステルは一度できてしまうと、原因を取り除かない限り完全に消失することはありません。

一度消失したかのように見えても、すぐに再発することになりますので原因除去のための治療が必要になります。

治療をしないと膿の袋が時間とともに増大し、根の先の骨が大きく吸収し、根の治療だけでは難しくなり、手術が必要になることもあります。
また膿の中の細菌が血液によって体内に運ばれ、心臓の病気・アレルギーなどあらゆる疾患の原因にもなってしまいます。

1-3.フィステルのできるまで

①.虫歯や外傷などで歯の神経が死んでしまい、神経の通っている管(根管)が感染し、細菌が増え続ける

3

②.神経の通っている管(根管)内の細菌が飽和状態になり、歯根の先に細菌の膿の袋が出来て歯根の先の骨が溶けてゆく

4

③.細菌の膿の袋は慢性的に少しずつ大きくなるが、ほとんど痛みなどの症状はないことが多く、疲労時など免疫力低下の際には浮いた感じがあり、時には痛みを感じることもある

④.たまった膿を排出しようと生体防御反応により、膿の出口の通路、そしてフィステルができる

2.フィステルができる原因

2-1.虫歯治療をした際、神経がダメージを受け神経が死んでしまった

歯科医は、歯の寿命のためになるべく神経を残そうと治療を試みますが、深い虫歯など歯自体の再生力や治癒力が小さいと、そのまま神経が死んでしまうことがあります。

すると数か月後、数年後に根の先に膿がたまり、フィステルが出来ることがあります。

2-2.外傷で神経が切断された

前歯など、スポーツ中などぶつけてしまったり、転んだりして外的応力がかかると歯の神経が根元で切断され、神経が死んでしまうことがあります。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!