歯の寿命に差がでる!土台にはファイバーコアを選ぶべき

予防と知識

お口の治療


shutterstock_84979129_720

虫歯で歯を大きく削ったり、神経を抜いた後になるべく自然の歯に近い美しさや使い心地を求める方は多いのではないでしょうか。

虫歯の治療で歯を大きく削ったり、神経を抜いた後あとはクラウン(かぶせもの)を支える台としてコア(土台)を入れる必要があります。歯の土台(コア)は目立たない部分ですが、とても重要な治療です。土台には種類があり、それぞれ特長が異なります。ファイバーコアは、見た目も良く強度もあり、歯にもやさしい土台と言えます。

そこで今回は、ファイバーコアの特徴や費用について解説します。ぜひ参考にしてください。

1.歯の土台(コア)とは

歯の根の治療(根管治療)をした歯に差し歯を入れるときに残っている歯に歯が割れないよう補強をして作る部分です。

歯質は神経がなくなると根管治療後、歯の新陳代謝がなくなり、もろく崩壊しやすくなります。

そのため根管治療後、柱となる芯棒をたて土台(コア)をつくり、冠を入れる治療をします。

また、歯の土台(コア)は建物の土台と同様に、その後の歯の寿命に大きな影響をする部分でもあります。

2

2.ファイバーコアとは

芯棒にグラスファイバーを使い、強化プラスチックでつくられた金属不使用の土台(コア)です。

2-1.材質

ファイバーコアは正式名称をファイバーポスト補強型レジンコアといい、ガラス維持強化樹脂を束ねたファイバーを使用し、周囲を強化プラスチックで覆ったものです。

1

2-2.製作法と治療回数

ファイバーコアの治療法には、直接法と間接法があります。

直接法:直接口の中で固めて装着させていき、一回の治療で作成することが出来ます。

関節法:型取りをして模型をおこし、模型上で作成しますので二回の治療回数がかかります。

根管治療後の感染のリスク回避、コスト面、歯の削る量などから考えると一回でできる直接

法がおすすめです。

2-3.費用の目安

保険が適用されませんので自費治療となります。

直接法:一回で口の中でつくるファイバーコア    約10,000~20,000円

間接法:二回で型取り、接着するファイバーコア   約20,000~30,000円

2-4.こんな方におすすめ

2-4-1.残っている歯質(歯の壁)が薄い

土台をたてた歯にはあらゆる力が加わります。

残っている歯の壁が薄いと、金属製コアはとても硬いため、強い力が加わると直接歯の根に力を伝えて根を壊してしまうことがあります。

ファイバーコアは、歯に似たしなやかさと弾性を持ち、歯のたわみに応じて屈曲しながら力を分散し、歯が折れるリスクを軽減することができます。

3

2-4-2.食いしばり、歯ぎしりなどをする

根管治療をした歯は栄養が行き渡らずもろく、崩壊しやすくなります。

金属製コアの場合、慢性的にもろくて崩壊しやすい歯に強い力がかかると、ひびが入ったり割れやすくなります。

それに比べガラス繊維を束ねたファイバーポストは弾性があるため、歯質に応力がかかりにくく、ひびや破折のリスクを軽減することができます。

4

2-4-3.金属アレルギー、他の疾患などで金属を使いたくない

ファイバーコアはガラス繊維を束ねたもので、金属を使用しておらず身体にも優しい

素材といえるでしょう。

5

2-4-4.前歯など、より白さと透明感を求める

ホワイトニングした後のオールセラミックの差し歯などで、より白さ、透明感を求める場合、金属製コアは光の透過性がないのに対し、ファイバーコアは金属を使用していないため光の透過性を損なわず、審美的にも適しているといえます。

6

3.メリット

3-1.歯が割れる(歯根破折)のリスクが低い

ファイバーポストは金属製ポストに比べ歯と弾性係数が似ているため、歯のたわみに応じて屈曲しながら力を分散し、歯が割れるリスクが低くなります。

3-2.自然で透明感のある美しい歯を再現できる

ファイバーコアは金属を使用していないため光の透過性を損なわず、自然で透明感のある美しい歯を再現できます。

3-3.金属を使用しないので、変色や金属アレルギーなどの心配がない

金属を使用しないので、金属イオンの流出による土台の変色、歯肉の黒ずみがありません。

また、金属アレルギーを起こさず身体にも優しい材質です。

3-4.歯を削る量が比較的少ない

口の中でファイバーコアを用いて土台を作る直接法では、金属コアなど他の型取りをして出来た土台を接着する間接法に比べ、歯を削る量が比較的少なくすみます。

3-5.ファイバーコアポストはほとんど破折しない

ファイバーコアはガラス繊維を束ねた材質で強度、適度な弾性もあり金属スクリュー、金属コアに比べ、ポスト自体の破折はほとんどありません。

4デメリット

4-1.保険のコアに比べ費用がかかる

ファイバーコアは保険適応外のため、費用が一本あたり約10,000~30,000円かかってしまいます。

※H28.4保険改訂により一部ファイバーコアも保険が認められるようになりました。

4-2.術者のテクニックにより予後が左右される

ファイバーコアは口の中で歯科医師が直接作る土台ですので、型取りして作り接着するものに比べ、その後の予後に大きく差がでてしまいます。

5.その他、歯の土台に用いられる素材

5-1.保険適応となるコア

5-1-1.メタルコア(金属のみの土台)

根管治療の歯を削って土台のための型取りをし、2回目に出来たメタルコアを接着するものです。

材質は金合金か金銀パラジウム合金になります。

費用は約600~800円となります。(保険適応3割負担の場合)

5-1-2.レジンコア(金属スクリュー使用の土台)

根管治療の歯に金属スクリューを芯棒として強化プラスチックにて口の中で直接土台をつくるものです。

費用は約400~500円となります。(保険適応3割負担の場合)

5-2.自費となるコア

5-2-1.ゴールドコア(金の土台)

根管治療の歯を削って土台のための型取りをし、2回目に出来たメタルコアを接着するものです。

材質は金合金になります。

費用は15000~30000円となります。

6.まとめ

歯というものは、神経が失くなるともろくなり寿命が短くなってしまいます。

少しでも歯の寿命を延ばすためも、に土台はファイバーコアを使用することをおすすめします。

Author: 小野澤 彰(歯科医師/歯科オノザワ院長)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!