相場はいくら?入れ歯の費用を保険適用と適用外で解説

歯の治療

入れ歯 ブリッジ


00

歯科医院で入れ歯を勧められたけど、費用はいくらくらいかかるのか相場を知りたいという方も多いのではないでしょうか。なるべく自然に見える入れ歯にした場合など、入れ歯治療の費用は歯の状態、どの種類の入れ歯を選ぶか、使う素材などによってかなり開きがあります。ここでは、費用に関する疑問を集め、おおよその目安を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

1. 保険が適用される場合

1-1.入れ歯治療費の相場

保険適用3割負担の場合部分入れ歯で5000円から14000円、総入れ歯で10000円から15000円程度です。期間としては最短で2週間から1カ月ほどかかります。通院回数は5回ほど(その他の虫歯治療を除く)

1-1-1. 保険の部分入れ歯の費用相場は5000円〜14000円

材質はアクリルレジン(プラスチックの樹脂)とバネ(クラスプ)部分は金属でできています。歯が複数本失われてしまった場合などブリッジでは対応できない場合には部分入れ歯とよばれる装置が適応になります。費用に関しては保険の種類(1割負担や3割負担)や欠損歯数(失われた歯の本数)によって費用が異なります。

1-1-2. 保険の総入れ歯の費用相場は10000円~15000円

材質は部分入れ歯同様アクリルレジンと人工歯はレジン歯や硬質レジン歯等があります。歯がすべて失われてしまった場合は総入れ歯と呼ばれる装置の適応になります。
01

1-2. 入れ歯のメインテナンス(お手入れ)について

1-2-1. 機械的清掃

入れ歯専用のブラシを使って入れ歯についた食べカスや歯垢(デンチャープラーク)を取り除く。

1-2-2. 化学的清掃

入れ歯洗浄剤を使って化学的に清掃する方法。入れ歯には細菌や真菌(カビ)などがつきやすく、保険の入れ歯で使われているアクリルレジンは網目の構造になっているため細菌が繁殖しやすい。入れ歯使用の一日目から入れ歯洗浄剤を使用し清潔に使われる事をオススメします。

清掃の方法を二種類お伝えしましたが、どちらか一方ではなく併用すると効果的です。流れとしては・・・ブラシで機械的に清掃した後、入れ歯洗浄剤に漬け更にブラシでこするとよりキレイな状態で入れ歯をご使用いただけます。

2.自費(保険適用とならない場合)

2-1. 入れ歯の治療費相場

部分入れ歯の場合は歯の本数や装置の種類によって費用が変わってきますが15万円から50万円など幅があります。総入れ歯の場合は30万円から60万円ほど。各診療所によっても費用が異なります。

2-1-1. 自費の部分入れ歯の費用相場は15万円から50万円ほど

材質は金属床やノンクラスプデンチャーなどがあります。ノンクラスプデンチャーとは通常保険適用の部分入れ歯では残っている歯にかかるバネ(クラスプ)の部分が金属なのですが審美的に金属色の気になる場合や金属アレルギーがある場合などに金属を使用しない部分入れ歯を作製する事ができます。保険の入れ歯ではアクリルレジンを使用していますが、ノンクラスプデンチャーではポリアミド系(ナイロン系)等を使用しているためレジンアレルギーの心配もありません。
02

2-1-2. 自費の総入れ歯の費用相場は30万円から60万円ほど

材質は金属床などがあります。金属の種類は金合金やチタン、コバルトクロム等があります。保険のレジン床の入れ歯と違い強度や耐久性が向上します。また入れ歯の重量も軽くなり上あごに当たる部分が金属になる事により保険の入れ歯より薄くなり違和感が減少します。また熱の伝導率も良くなるためお食事をより楽しめます。
03

2-2. 自費の入れ歯のお手入れについて

日々のお手入れについては保険適用の入れ歯と変わりはありません。ただしノンクラスプデンチャーの場合は材質ごとに適した入れ歯洗浄剤があるので入れ歯を作製した歯科医院で適した洗浄剤を購入しましょう。
また何かしらの原因で入れ歯が割れたり壊れたりした場合はその材質に合った修理方法があるため自宅で修理はせず、必ず歯科医院を受診し修理してもらいましょう。

3. 入れ歯以外の治療法との費用の比較

3-1. ブリッジ

欠損している歯の本数が1から2本の場合は、ブリッジといって取り外しのきかないかぶせ物の適用になる場合があります。その場合は歯が足りない部分を両隣の歯で支える為になくなってしまった歯の隣の歯を削らなくてはなりません。費用としては欠損歯数や欠損している歯の部位にもよりますが約1万円から3万円ほど
04

3-2. インプラント

歯が欠損してしまった部分の骨にチタン製のネジを埋め込む治療。一般的には埋め込んだ後1.5カ月から6カ月ほど安定期間を置いてからかぶせ物を作製します。インプラント治療の前にはCT画像や参考模型等を使い精密な診断が必要となります。費用としては1本30万円ほど
05

4.医療費控除について

入れ歯治療も医療費控除の対象になります。
医療費控除とは年間(その年の1月1日から12月31日)に本人や家族のため10万円を超える医療費を支払いした場合、支払った所得税の一部が控除され戻ってくる制度です。手続きには、家族全員の1年分の医療費の領収証、交通費のメモ(氏名、理由、日付、交通機関を明記)、印鑑、源泉徴収票が必要です。入れ歯以外でもインプラントや保険外のかぶせ物なども控除の対象になりますので、忘れずに確定申告をしてください。

まとめ

歯が何らかの原因で失われてしまった場合はそれなりの対応が必要となります。たった一本抜けてしまったとしても歯の本来の機能が正常に働かなくなる事により全体に不具合がおきてしまう事が多々あるからです。噛みあわせが変わってしまったことにより顎や歯が痛くなったり、また抜けた部分をそのままにしていた事によって本来残せたであろう健全な歯にまでダメージを及ぼし抜歯となるケースもあります。

欠損した部分を補う治療としては色々な方法があり、それぞれに保険がきくもの保険外(自費)の治療の選択肢があります。保険外(自費)の治療においては治療の内容や費用にも幅があるのであらかじめリサーチする事をオススメします。それぞれの方法においてもメリット、デメリットがあり治療にかかる年月や費用などご本人が納得できる内容の方法を選択するとよいでしょう。インフォームドコンセント(説明と同意)という言葉はよく耳にされると思いますが、近頃ではインフォームドチョイス(説明と選択)という言葉があります。治療を受けられる患者さま自身で納得のいく治療方法を選択するということです。治療相談はどこの歯科医院でも行っていますので安心して相談してみてください。

鎌田 瑞乃
Author: 鎌田 瑞乃(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!