効果的に歯垢を落とす!電動歯ブラシの使い方とポイント!

予防と知識

予防歯科


shutterstock_417251308

手磨きから電動歯ブラシに変えて、正しい使い方が出来ているのか、しっかり磨けているのか不安という方も多いのではないでしょうか。
電動歯ブラシは、歯の汚れを短時間で効果的に落とすことができる事が最大のメリットですが、間違った使い方をしていると、磨き残しが出たり、歯や歯茎を傷つけてしまう事もあります。
また、最近では電動歯ブラシと言っても数多くの種類があり、使い方もそれぞれです。
そこで今回は、効果的に歯垢をとる電動歯ブラシの使い方について解説します。ぜひ参考にしてください。

1.電動歯ブラシの種類

1-1.電動歯ブラシ

電動歯ブラシとは、ブラシの振動で汚れを落とす歯ブラシのことをいいます。

手を動かさなくても、振動で汚れを落とすことができるのが特徴ですが、中には手磨きのように歯ブラシを動かすタイプの商品もあります。

ドラッグストアなどで販売されている安価なものから、百貨店などで購入できる商品など各メーカーからさまざまな種類が発売されています。

ブラシ全体が振動するタイプや毛束が回転するタイプ、両方セットになったタイプなど、さまざまな工夫がなされ、より効果的に汚れを落とせるように開発されています。

1-2.音波ブラシ

電動歯ブラシと同じく、ブラシの振動で汚れを落とすタイプですが、電動歯ブラシとの違いは振動数です。

振動が1分間に31,000回という高速振動であり、振動数が多いということは歯に適切に当てるだけで電動ハブラシ以上に、効率良く汚れを落とすことができます。

音波は16,000~20,000Hz(ヘルツ)の振動で、この振動数をもつハブラシが音波ハブラシと呼ばれています。

※1秒間の振動回数を表す単位をHz(ヘルツ)といい、人間の耳で聞き取れる領域の振動を音波といいます。

電動歯ブラシの種類について、詳しくは「本気で選ぶ!おすすめ電動歯ブラシとお口の状態別の選び方」をご覧ください。

 

2.電動歯ブラシの使い方

電動歯ブラシには、ブラシを動かさないで使うタイプと動かして使うタイプがあります。

各メーカーによって異なりますので、説明書を確認の上使用してください。

今回は、手を動かさないで使用する方法を説明していきます。

2-1.電動歯ブラシの持ち方

ヘッドがくるくると回転するタイプや縦運動するタイプの場合は、しっかりと握れる、掌握状(握る)で持ちます。

1

ヘッドの動きが少なく、圧をかけすぎない方が良いタイプは執筆状(鉛筆もち)で持ちます。

2

2-2.磨く時間

磨く時間は2分~4分程度や平均時間です。

口の中を4分割にして考え、右下、右上、左下、左上それぞれ30秒程度。頬側と舌側とわけて丁寧に磨くと4分ほどかかります。

また、歯の噛み合わせを磨く時間を入れると5分程度になります。

電動ブラシにはタイマー機能もついていますので、時間の目安もわかりやすく、効率よく磨くことができます。

2-3.磨き方の5つのポイント

【ポイント1】

握り方は、掌握状か執筆状でもちます。また、歯ブラシを口の中に入れてから電源を入れましょう。

【ポイント2】

歯ブラシは、ヘッドがコンパクトのものは少し動かしながら操作する、ヘッドが大きなものは手は動かさず固定してずらしていくように磨いていきましょう。

【ポイント3】

毛先は歯と歯茎に斜めに当たるようにブラシを当てる。

3

強く押し付けないように、軽く歯と歯との間に沿っている程度にする。

4
●正しい圧のかけ方

5
●悪い例:強すぎる圧のかけ方  (写真:フィリップスより引用)

【ポイント4】

噛み合わせの部分も忘れず磨きます。

噛み合わせは部分は、歯ブラシを真っすぐ90度にあてて固定して1歯づつずらしながら磨きます。

p4

【ポイント5】

奥歯を磨く時は、口を大きく開けず、少し閉じる程度にすると、頬が伸びて奥まで歯ブラシが入りやすいです。

磨く順番を決めておくと、磨き残しもなく、効率よくきれいに磨くことができます。

 

3.電動歯ブラシはこんな人におすすめ

3-1.矯正治療中の方

矯正治療中は装置が入っていて、とても磨きにくいです。

電動歯ブラシであれば的確に汚れを取り除くことができますので、治療中のストレスを軽減してくれます。

3-2.歯ブラシを上手に動かせない方

ご自身で歯ブラシを動かせない方にもおすすめです。

手の怪我をしてしまって一時的に歯ブラシを動かしにくくなった方にも、安価な電動歯ブラシを一時的に使うことも良いでしょう。

3-3.口腔ケアが必要な方

当てるだけで磨ける音波歯ブラシを使用することで、磨きにくい場所もきれいに汚れが取り除けます。

また、電動歯ブラシは持ち手が太く設計されているのも特徴で、細い歯ブラシを持ちにくい方にもしっかり握れるので、磨きやすくなります。

4.おすすめの電動歯ブラシ

フィリップス ニッケアー

6

販売:フィリップス
商品:フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー ダイヤモンドクリーン ディープクリーンエディション アメジスト
価格:29,250円

アダプティブクリーンブラシヘッドを使うと、手磨きだけの場合よりもブラシの届きにくい部分の歯垢を最大 10 倍除去してくれます。また、手磨きとくらべて歯の自然な白さを引き出してくれます。

パナソニック 音波振動ハブラシ  ドルツ

1222

販売:パナソニック
商品:音波振動ハブラシ ドルツ
価格:18,400円

電動歯ブラシの中でも日本歯科医師会の推薦品はパナソニックのドルツです。
手磨きでは細かな動きをすることが難しく、歯茎を傷つけてしまう可能性がありますが、音波振動歯ブラシは、音波振動による微細な動きと、「極細毛」の相乗効果で歯茎に痛みを与えることなく磨くことができます。

その他、おすすめ電動歯ブラシについて詳しくは「本気で選ぶ!おすすめ電動歯ブラシとお口の状態別の選び方」をご覧ください。

5.電動歯ブラシオススメ歯磨きジェル

基本的には、電動歯ブラシには歯磨きジェルなどをつけなくてもきれいに汚れは落とせます。

爽快感などを目的に使う場合は、ブラシに1cmもつければ十分です。

まずは、研磨剤と発泡剤が入っていないもの、ジェルタイプを選ぶことを抑えておきましょう。

電動歯ブラシにオススめの歯磨き粉について、詳しくは「電動歯ブラシを使うなら絶対気をつけたい歯磨き粉の選び方」をご覧ください。

6.まとめ

いかがでしたか。電動歯ブラシによっては、動かし方や使い方が違うことがわかりましたでしょうか。
詳しい説明や情報は、各電動歯ブラシのWEBページに掲載されていますので、製品の特性にあった使い方を確認することをおすすめします。また、自分にはどのタイプの電動歯ブラシが合っているのか相談したい場合は、かかりつけの歯科医院で歯科衛生士に相談されるといいでしょう。あなたに合った歯ブラシのアドバイスを聞くことができます。

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!