抜歯後に激痛が起きた!ドライソケットの症状と対処法

予防と知識

痛み


00

親知らずを抜いた後、徐々に治まっていくはずの痛みが次第に激痛に変わっていき、不安になる方も多いのではないでしょうか?

それはドライソケットの可能性があります。

ドライソケットは抜歯をした人の2~4%に起こるといわれ、特に下の親知らずで高い割合で起こるといわ
れています。

今回はドライソケットの症状と対処法について解説します。ぜひ参考にしてください。

1. ドライソケットとは

抜歯した穴が血餅(固まり始めた血液)でふさがれず、骨の部分がむき出しになってしまい、激しく痛むことをドライソケットといいます。

通常抜歯後1~4日でおさまってくる痛みが治まらず、一週間以上長引き痛みが強くなり、触れると痛いなどの症状がでます。
これは何らかの原因で抜歯した穴が血液で覆われず、かさぶたが出来なかったため、骨の上に歯肉が作られず、骨が露出したまま物が入ると直接触れるため、強い痛みを感じるためです。

ドライソケットは抜歯窩治癒不全とも呼ばれ、抜歯後の発生率は2~4%、下顎の親知らずにいたっては約20%ともいわれる。

2. ドライソケットの症状

抜歯後3~4日後、おさまるはずの痛みが悪化し、さまざまな症状がでてきます。
一番の特徴は激しく強い痛みでしょう。

2-1. 抜歯後3~4日で痛みが増し、激痛に変わってくる

通常1~4日で時間の経過とともにおさまる痛みが、だんだんと強くなり、激痛に変わります。

これは通常、時間とともに血餅(固まり始めた血液)でふさがる穴がふさがれず、骨が露出したままになっているため空気に触れたり、物が直接触れるため、リンパから顔面、頭の方まで痛くなるなどの症状がでてきます。

2-2. 傷の中が白っぽく、嫌な臭いがする

通常、治癒過程に出来るべき赤黒いゼリー状の血液の塊である血餅がなく骨がむき出しになっているため、本来の赤黒い色ではなく、白っぽく見える。

また、露出した骨が細菌に感染してしまうと腐敗臭のような悪臭を感じることもあります。

3.ドライソケットの原因、予防

直接的な原因は血餅という赤黒いゼリー状の血液の塊(かさぶた)が出来なかったためです。
血餅は骨を覆い、治癒を促進させ、細菌から傷口を保護してくれます。
大事な血餅が出来ない主な原因を以下に挙げますので、これらを避けて予防しましょう。

3-1. 抜歯後の頻繁なうがい

抜歯後は口の中が血でにじんだり、血の味がして気になり、何度も強くうがいをする人が多いと思いますが、これは避けましょう。

うがいにより固まり始めた血餅を洗い流してしまい、せっかくできたかさぶたを剥がしてしまうことになります。
血がにじんで気になるようでしたら、ガーゼなどを強く咬み、圧迫して止血しましょう。
うがいをするのであれば、適度に軽くゆすぐ程度にしましょう。

3-2. 何かを吸ったり、口の中の圧を頻繁に変える

抜歯後は食事がしにくく、栄養ゼリーなどを吸う人も多いと思いますが、これも避けて下さい。
口をすぼめて吸う動作により固まり始めた血餅を一緒に吸い出してしまうことになります。
抜歯後3~4日は吸う動作は避け、なるべく軟らかい物を食すようにして、栄養も取るようにして下さい。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!