八重歯はチャームポイント?矯正歯科医が教える八重歯の全て

歯の治療

矯正


八重歯

八重歯が原因で口が閉じにくい、唇を傷付ける、ちゃんと笑えないなどで悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

八重歯とは、上顎の三番目に萌える犬歯という歯の歯並びが悪い状態を指します。
犬歯は歯の中でも、太くて深い根を持つ最も寿命の長い歯で、噛み合わせの上でも重要な歯であるため、八重歯になっているからと言って犬歯を安易に抜歯してしまうと、理想的な噛み合わせを作れなくなってしまうということが多いです。

そのため、八重歯の矯正治療のために抜歯をする場合は、どの歯を抜歯するのが適切なのか、または八重歯があっても抜歯をせずに矯正治療をすることができるのか、ということがポイントになります。

今回は、八重歯が原因で起こるトラブルと治療法、どんな歯並びの場合に矯正治療で抜歯するとメリットがあるのか、デメリットがあるのかについて詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

1.八重歯とは

一般的に八重歯と呼ばれる歯並びは、専門的には「上顎犬歯の低位唇側転位(ていいしんそくてんい)」と呼ばれる、歯の位置異常の一種で、上顎の犬歯(糸切り歯)が両隣りの歯よりも外側(唇側)に飛び出し、歯の高さが低い位置に萌えている事を意味します。

犬歯は元々尖っている歯ですが、歯並びが外側にずれた事によって、余計に犬歯の尖った感じが強調されて目立ってしまっている状態とも言えます。
そういうところから「八重歯は尖っている」というイメージにも繋がっているのかもしれません。

どういうわけか、日本では魅力的な笑顔を強調すると認識され、昔から八重歯をチャームポイントとしたアイドルが多く存在しましたが、欧米では八重歯というのは吸血鬼の牙を連想させるため、絶対に歓迎されません。
ますます国際的になる世の中で仕事をするにあたって、日本でも八重歯はNGであると言えるでしょう。

2.八重歯になる原因

八重歯は他の歯と表裏に重なって萌えたり、極端に外側に出た状態の歯です。
歯が萌える順番の都合上、犬歯が八重歯になることは多くあります。

八重歯は、顎の骨の成長不足や乳歯の脱落遅延などによって生じる現象であり、永久歯が正常に萌えるためのスペースが足りない場合に発生します。
また生まれつき歯の大きさが大きい場合や、顎の骨が小さい場合にも八重歯になる可能性があるため、遺伝的な要因が大きいと報告されています。

2-1.顎の骨の発達不足

顎が発達するためには幼少期からよく咬むことが必要です。
しかし、幼少期の食べ物は(特に以前と比較して)現在ではとても柔らかい物に移り変わっており、地域によっては小学校の給食でも、柔らかいパン、おかゆの様なごはんが出ることが多いと聞いています。

顎の骨を発達させるためには、咬み応えのある食べ物を正しい姿勢でよく咬むことが必要です。
子供達が外で体を動かして遊ぶ習慣が減ったことも、食欲の減少と食べ物を咬む意識の低下に繋がっているのかもしれません。

顎の骨が発達しなければ、当然、永久歯が並ぶためのスペースが足りなくなり、八重歯になる原因になります。

2-2.歯が大きい

永久歯1本ずつの幅が大きいと、歯が並ぶスペースが足りなくなってしまうため、歯並びが悪くなり、八重歯になる原因になります。

1997~2002年の児童の歯の幅のサイズを知るための調査を行い、その結果を1975~1981年の児童と比較し、年代の違いによる歯の大きさの変化を検討したという研究がありました。
実際に、約20年後にあたる1997~2002年の児童の方が、歯の幅のサイズが大きかったと報告されています。
タンパク質、脂質といった栄養を多く採るようになったことが、歯が大きくなったことに関係しているのではないかと考えられています。

この20年の間でも、歯が大きくなったということが明らかになっていますので、それからさらに10年以上たった今では、もっと歯が大きくなっていたとしても不思議ではありません。
日々の診療で子供の患者様の歯の大きさを見ている限り、7~8年前と今を比べても、随分歯の大きさが大きくなった印象を受けています。

2-3.乳歯が遅くまで残り過ぎた

乳歯は本来、適切な時期に自然に抜けて、後から萌えてくる永久歯に萌え換わります。
しかし、後から永久歯が萌えてきているにもかかわらず、乳歯が自然に抜け落ちない場合があり、これを晩期残存乳歯(ばんきざんぞんにゅうし)といいます。

犬歯の部分に萌えている乳歯の犬歯=乳犬歯(にゅうけんし)が、永久歯の犬歯が萌える時期に晩期残存乳歯になっていると、永久歯の犬歯が正しい位置に萌えることができないため、外側にずれて萌えてしまい、その結果、八重歯になってしまうことがあります。

2-4.上顎前歯部の過剰歯

上顎下顎のどこかに、過剰歯と呼ばれる余分な歯が発生する確率が2~3%、過剰歯のうち50~90%は上顎前歯付近に現われるということが、過去の研究で知られています。

上顎の前歯付近に過剰歯があると、その分、前歯が萌えるスペースが足りなくなってしまうため、前歯の歯並びが悪くなったり、八重歯になったり、前歯と前歯の根の間に挟まっている場合には、すきっ歯になる原因になります。

過剰歯は多くの場合、顎の骨に埋まったまま出てこないため、X線写真(レントゲン写真)を撮影して確認しなければ、お口の中を見ただけでは存在しているかどうか分かりません。

2-5.上顎乳臼歯の早期喪失

上顎の犬歯は12歳臼歯を除いた永久歯の中で、一番最後に萌えるという特徴があります。
そのため奥歯の乳歯が虫歯になり、早く無くなってしまった場合、犬歯より早く萌える奥歯の永久歯が、前の方に移動して、犬歯の萌える予定の位置に隙間を閉じる様に萌えてきてしまうため、犬歯が萌えるスペースが不足してしまい、その結果、犬歯は外側にずれて萌えることになり八重歯になってしまう原因になります。

2-6.犬歯の歯胚の位置異常

歯は最初から根が完成した状態で顎の骨の中にできるわけではありません。
乳歯も永久歯も、始めは歯胚と呼ばれる歯になる元の細胞の塊の状態で、顎の骨の中に姿を現します。

歯胚はまず歯の頭の部分=歯冠(しかん)に変化し、その後、歯の根=歯根(しこん)が伸びるのと同時に、顎の骨の中から口の中に萌えてきます。
犬歯の元である歯胚が外側にずれた位置で完成した場合、歯胚の向きが正しくなく、歯が萌える方向が外向きになっている結果、八重歯になることがあります。

2-7.上顎の骨が生まれつき小さい

上顎の骨が遺伝的に小さい場合は、歯が並ぶスペースが足りなくなってしまうため、八重歯の原因になることがあります。

その他に特殊な例ですが、遺伝により生まれつきのものや、はっきりした原因が分からないものも含まれる全身的な病気で、必ず幾つかの症状が伴ってあらわれるものを症候群(しょうこうぐん)と呼びますが、症候群の中には顎の骨の発達異常の症状があるものもあります。

3.八重歯が原因となって起こるトラブル

八重歯と呼ばれる歯並びが悪い状態は、見た目が良くないだけでなく、お口の中の健康、体全体の健康にとっても、問題となることが色々あります。

3-1.八重歯が尖っていて唇を傷付ける

八重歯は歯並びの中で、犬歯が1本だけ極端に外側に出て、萌えています。
そのため、唇やお口の中の粘膜に、常に強く当たるので、粘膜を咬んでしまったり、日常的に擦れて口内炎になることも多いです。

3-2.笑顔を見せたくないというコンプレックスから、自分に自信が持てなくなる

笑った時に相手に八重歯が見えるというのは、一般的には「恥ずかしい」と感じるものです。

八重歯があるために、人に笑顔を見せることがコンプレックスになると、心理的に自分に自信が持てなくなるため、他人とのコミュニケーションが消極的になり、性格が暗くなってしまう。
潜在的にもその様に感じている方は意外にたくさんいらっしゃいます。
その証拠に矯正治療を受けて歯並びが良くなると、性格が明るくなる方がたくさんいらっしゃるからです。

3-3. 八重歯の周囲に食べ物がひっかかって不潔になりやすく、歯磨きもしづらい

八重歯の様に歯並びが悪い部分には、食べ物がひっかかって残りやすくなります。
さらにその部分は歯ブラシをしても、汚れが残りやすいため、磨き残しになりやすく、虫歯や歯周病の原因菌の温床となります。

虫歯や歯周病の原因菌は、虫歯、歯周病を引き起こすのは勿論の事、口臭の原因にもなります。

また以前から虫歯や歯周病の原因菌が肺炎のリスクを高めることは知られていましたが、最近の研究では、
・虫歯の原因菌が脳出血のリスクを4倍に高める
・妊婦が歯周炎になると早産のリスクが高まる
・歯周炎になると、さらに糖尿病になるリスクが1.7~4.6倍になる
・脳梗塞になるリスクが1.5~2.7倍も高まる
ということまで明らかになっています。

3-4.自然に口を閉じられない=口呼吸の原因になる

八重歯があることによって、自然に口を閉じられなくなってしまうことがあります。
自然に口を閉じられなくなるということは、口呼吸の原因になります。

口で息をする口呼吸の癖があって、いつも口を開けていると、唇が前歯を内側に押す力が弱くなり、前歯は歯並びの外向きに傾いてしまう結果、出っ歯になってしまいます。
そして上下の前歯が外向きに傾いてしまっている場合、歯並びによって口を閉じられない状態になり、ますます口呼吸になってしまうという悪循環になってしまいます。

さらに口呼吸は歯並びが悪くなる原因になるだけでなく、歯周病、アレルギー、喉の炎症のリスクも高めます。

3-5.他の歯や顎への負担が増える

本来犬歯には、食べ物を奥歯で磨り潰す時の顎の運動を支えて誘導する犬歯誘導(けんしゆうどう)という大切な役割があります。
そのため、犬歯の根はどの歯よりも長く丈夫なのですが、犬歯が八重歯になっていると、他の歯が犬歯の代わりに食べ物を奥歯で磨り潰す時の顎の運動を支えて誘導する、という役割を果たすことになります。

しかし、犬歯以外の歯は犬歯ほど根が長くなく、元々そのような役割を果たすことを想定していないため、顎の運動を支える力が弱く、歯に過度の負担がかかってしまい、その結果、歯の寿命が短くなってしまう可能性があります。

また犬歯より後ろの歯が顎の運動を誘導する場合、犬歯誘導の場合と比べて顎が動く角度がズレてしまうということが分かっており、これが顎に対しても負担になってしまうことがあります。

4.抜歯が必要なケース

もしも、非抜歯治療で抜歯治療と同じ結果を得られるのなら、患者さん第一の考えを持っている歯科医師はすべての症例を非抜歯治療で行うはずです。
しかし、現実的にすべての患者さんを非抜歯で治すことはできないため、抜歯するという選択を取る場合があります。

矯正治療は健康と美しさのために、歯並びと咬み合わせを治す医療行為です。
患者さん1人1人の歯並びにあわせて、その目的を達成するためには、抜歯しないとできないこともあれば、逆に抜歯しないで治療しないとできないこともあります。

患者さん1人1人にとって、抜歯と非抜歯、どちらの治療計画のメリットが大きいかということを考えるのが大切です。
すべての患者さんを非抜歯の矯正で対応するというのは、医療行為ではなくなってしまうのです。

日本人は欧米人と比較すると、人種的に顎の幅や奥行が小さく、ただでさえ口元が出ているにもかかわらず、さらに鼻も低いため余計に口元が出ている様に見えてしまう、という顔の骨格的な形の特徴があります。
つまり、欧米人と比較して、日本人の患者さんの矯正治療は断然難しく、永久歯を抜かなければ、健康を兼ね備えた理想的な歯並びや咬み合わせに治らないことが多いのです。

実際に過去の研究でも、欧米人の矯正で永久歯を抜歯しなければならなかった割合が28%(Proffit WR: Angle Orthodontics 64,404-14,1994参照)に対して、日本人は65.4%(戒田清和 他:日本矯正歯科学会雑誌 57,103-106,1998. 参照)と、実に2倍以上の割合だったという報告があります。

4-1. 上顎と下顎の顎の骨の前後的なバランスが悪い場合

奥歯で咬んだ状態で、上下の歯の咬み合わせを横から見た時、犬歯から後ろの上下の歯は、山と谷が咬み合う様に、互い違いに咬み合う位置関係になっているのが正しい咬み合わせです。

矯正治療のために抜歯が必要になる可能性がある条件の1つは、乳歯がすべて永久歯に萌え換わった中学生以降の時点で、奥歯が互い違いに咬み合っている状態から、上下の歯の前後的なズレが大きい場合です。

4-2. 上顎と下顎の顎の骨の左右的なバランスが悪い場合

奥歯で咬んだ状態で、上下の歯の咬み合わせを正面から見た時、上下の前歯の境目は、一直線に咬み合う関係になっているのが正しい咬み合わせです。
矯正治療のために抜歯が必要となる可能性がある条件の1つは、乳歯がすべて永久歯に萌え換わった中学生以降の時点で、上下の前歯境目のずれが大きい場合です。

4-3. 上下の永久歯の本数の過不足が有る場合

親知らずを含めずに、萌えて来なければならない歯の数を数えると、上下左右それぞれ7本ずつで合計28本です。
生まれつき部分的に永久歯がない先天性欠損(せんてんせいけっそん)の部分があると、その部分で上下の咬み合わせがずれてしまい、抜歯をしないと矯正治療ができない可能性があります。

上の歯が1本少ない場合は、抜歯をしないで矯正治療ができることも多いです。
下の歯だけが1本少ない場合は、上の歯の抜歯をするか、下の歯1本分をデンタルインプラント、入れ歯、ブリッジのうちいずれかで補う必要が出てくることが多いため、矯正歯科医と一般歯科医の連携が大切になります。

4-4. 横から顔を見た時の上下の唇の位置が、鼻の先と顎を結んだ直線(エステティックライン(E line))より明らかに前に出ている場合

奥歯で咬んだ状態で、唇を閉じて鏡で横顔を見た時、上下の唇の位置が、鼻の先と顎を結んだ直線上辺りから、明らかに外側に出ている場合、自然に口を閉じることができず、口呼吸になっている可能性があるため、抜歯をしないと矯正治療ができない条件の1つになります。

4-5. 歯並びのズレが大きい場合

抜歯をしないと矯正治療ができない条件の1つは、上下それぞれの歯並びの重なりが約5㎜以上であることです。

歯並びのズレが大きいのに、抜歯しないで歯並びを治そうとすると、歯が顎の骨の範囲に収まり切らないために、歯茎が下がってしまったり、前歯が出っ歯な状態になってしまい、正しい噛み合わせに治らないことに加えて、歯にも良くない結果になる可能性があります。

5.抜歯を伴う矯正治療で八重歯を治すメリット

正しい診断の元に、抜歯を伴う矯正治療を行えば、以下の様なメリットがあると考えられます。

5-1.口元が引っ込み、小顔で鼻が高く見える美しい顔立ちになる

上唇、下唇の位置は上下の前歯の位置によって決まっています。

つまり唇が前に出ていることによって、理想的な横顔から外れているのであれば、抜歯を伴う矯正治療で抜歯した歯のスペースを利用し、前歯を奥に移動することで、唇も後退し、横顔全体の中で口元が劇的に変化して、理想的な顔立ちになるという表現がされます。

横から顔を見た時の上下の唇の位置が、鼻の先と顎を結んだ直線(エステティックライン(E-line))の上に位置しているのが、美しい横顔の基準です。

5-2.自然に口を閉じられる様になり、口呼吸が治り、鼻呼吸ができるようになる

前歯が前に出ていたり、顎の骨が前に出ていると、寝ている時など唇に力が入っていない時に自然に口が開いてしまい、口呼吸になってしまいます。
前歯が前に出ている状態が重度だと、意識して唇を閉じようとしても閉じられない場合もあります。

口呼吸は万病の元です、健康的に生活するためにも鼻呼吸ができる歯並びにすることが重要です。

5-3.虫歯、歯周病の予防

前歯が前に出ていたり、顎の骨が前に出ていると、唇が閉じられなくなるため、口の中が乾燥してしまいます。

口の中が乾燥するということは、唾液の免疫システムが機能しないということになり、虫歯や歯周病の菌が増殖してしまい虫歯や歯周病になりやすくなります。
口呼吸をしていると、上の前歯が白く変色してくるのはこのためです。

矯正治療のために、数本の歯は抜歯することになっても、それによって将来、生き残る歯の数が多くなるのなら、「抜歯して矯正治療をしたことによって歯の寿命が延びた」ということになります。

5-4.歯の寿命が延びる

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という、8020運動(はちまるにいまるうんどう)というものがあります。
20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われているからです。

それでは実際に「8020」を達成した人の中に、八重歯の状態だった人がどのぐらいいたでしょうか?

過去の研究によると、「上顎の前歯に歯並びのズレがあって、「8020」を達成した人の割合は4.9%だった」という報告があります。
つまり八重歯がある歯並びのままで「8020」を達成できる可能性は4.9%以下ということになります。

5-5.健康寿命が延びる

歯の寿命が延びることで「8020」を達成できれば、健康寿命も延びます。

食べ物を咬んで磨り潰す咀嚼能力(そしゃくのうりょく)と身体状況 について、有料老人ホーム入居者を対象とした調査から、上下の歯が咬み合う面積が減少するほど、平衡機能の低 下と握力の減少傾向がみられたこと、歯が無い人は歯が有る人に比べ、栄養不足の状態にもかかわらず、総コレステロール値が正常より高い値を示したことが報告されています。

5-6.治療期間の短縮になる場合がある

抜歯をすることで、正しい歯並びに治すための全体的な歯の移動が少なくなります。
歯の動かし方が単純化される場合は、治療期間を短縮できます。

5-7.後戻りが起こりにくい

抜歯を伴う矯正治療を行うことで、唇、頬の筋肉が歯を内側に押す力と舌で歯を外側に押す力が同じ程度の安定している位置に歯並びを誘導できれば、後戻りが起こりにくくなります。

6.抜歯を伴う矯正治療で八重歯を治すデメリット

誤った診断の元に抜歯を伴う矯正治療を行った場合、以下の様なデメリットがあると考えられます。

6-1.健康な歯を失う

私達、歯科医師も健康な歯を1本でも多く残したいという気持ちは患者様と同じです。
もしも抜歯が必要ないケースで抜歯をしてしまったら、歯の本数が少なくなる分、デメリットになるでしょう。

6-2.治療期間が長くなる場合がある

抜歯を伴う矯正治療では、多くの場合、非抜歯の矯正治療よりも歯の動きが大きくなる分、治療期間が長くなることがあります。

6-3.歯を抜く時の苦痛がある

歯を抜くためには麻酔をして、歯を抜くという外科処置が必要になります。

7.歯列矯正で八重歯を抜歯しない方がいい理由

7-1.犬歯は最も歯の根が長く、寿命が長い歯

犬歯は最も歯の根が長いため、どの歯よりも寿命が長いという特徴があります。
他の歯と比べて寿命が長い歯は、矯正治療の抜歯の時には、できるだけ残すという考えが主流です。

7-2.犬歯誘導

本来、犬歯には食べ物を奥歯で磨り潰す時の顎の運動を支えて誘導する犬歯誘導(けんしゆうどう)という大切な役割があります。
そのため、犬歯の根はどのはよりも長く丈夫なのですが、犬歯が八重歯になっていると、他の歯が犬歯の代わりに、食べ物を奥歯で磨り潰す時の顎の運動を支えて誘導する、という役割を果たすことになります。

しかし、犬歯以外の歯は犬歯ほど根が長くなく、元々そのような役割を果たすことを想定していないため、顎の運動を支える力が弱く、歯に過度の負担がかかってしまい、その結果、歯の寿命が短くなってしまう可能性があります。

また犬歯より後ろの歯が顎の運動を誘導する場合、犬歯誘導の場合と比べて、顎が動く角度がずれてしまうということが分かっており、これが顎に対しても負担になってしまうことがあります。

それでも抜歯するケース等あれば、紹介をお願いします。

犬歯が大きな虫歯、破折(歯が割れている)、埋伏歯(顎の骨の中に埋まったまま萌えて来ない)になっていて、他の歯よりも寿命が短いと予測される場合に限り、矯正治療のために抜歯する歯に犬歯を選ぶことがあります。

8.抜歯の際の注意点

歯を抜歯する時には麻酔をします。また抜歯の後には痛み止めの薬や場合によっては抗菌剤(化膿止め)が出ることがありますので、薬のアレルギーがある場合は必ず事前に伝えておきましょう。
飲んでいるお薬や体の状態によっては、抜歯できないことがあります。

矯正治療を受けるまでは、八重歯が虫歯にならないように、綺麗に歯磨きしましょう。

9.まとめ

犬歯が大切なのは、最も寿命が長い歯であり、食べ物を奥歯で磨り潰す時の顎の運動を支えて誘導する犬歯誘導(けんしゆうどう)という役割があるからです。
しかし、八重歯の状態で下の歯と噛んでいないのであれば、犬歯は本来の役割を果たしていません。

犬歯は横の力に最も強い歯なので、理想的には歯並びを矯正治療で治して、本来の働きをさせることが、体にとって理想的と言えます。
つまり、犬歯を抜かずに矯正治療したほうが良いです。

矯正治療するなら、若いうちのほうが、骨も柔らかく、骨格の成長が残ってるので、綺麗に治ります。
詳しいことは、矯正歯科医に相談すると良いでしょう。

宮島悠旗
Author: 宮島悠旗(歯科医師/日本矯正歯科学会 認定医)

<参考文献>

  1. 日本矯正歯科学会ホームページ
  2. 萌出誘導による低位咬合予防のアプローチ」小児歯科学雑誌 31(2):360,1993
  3. 「上顎前歯部過剰歯の経年的観察」小児歯科学雑誌 7(2):152-160,1969
  4. 「年代を異にした2つの小学校の歯のサイズと萌出順序に関する比較研究」小児歯科学雑誌 43(1):85-93,2005
  5. 「上顎左側第一小臼歯の遠心部に萌出した犬歯移転歯の1例」小児歯科学雑誌 36(5):910-916,1998
  6. 「歯周病と全身の健康を考える」(公財)ライオン歯科衛生研究所
  7. 「デンタルプラーク 細菌 命さえ狙うミクロの世界」(医歯薬出版)耳鼻咽喉科臨床
  8. 「喉頭アレルギー ―文献的考察―」耳鼻咽喉科臨床90(7):835-841,1997
  9. 「ガイドの歯種の変化が側方位クレンチング時の顆頭に及ぼす影響」日本補綴歯科学会雑誌 41(3):468-480,1997
  10. 平衡側咬頭障害の発現機構に関する一考察」日本補綴歯科学会雑誌 32(2):505-513,1988
  11. 厚生省「成人歯科保健対策検討会中間報告」1989年
  12. 8020 達成者の口腔内模型および頭部X線規格写真分析結果について」日本矯正歯科学会雑誌 60(2):118-125,2001
  13. 「高齢者の健康寿命と口腔機能の保持」日本老年医学会雑誌 41(3):271-274,2004

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!