菌の温床にしない!おすすめ入れ歯洗浄剤とお手入れ方法

歯の治療

入れ歯 ブリッジ


shutterstock_385460716_720

入れ歯洗浄剤にはいろいろな種類があり、どれを選べば良いのかわからない、または使っていないという方も多いのではないでしょうか?

入れ歯洗浄剤は、ブラッシングだけでは除菌できない細菌を殺菌します。入れ歯には細菌が増殖しやすく、口臭の原因になったり、虫歯菌や歯周病菌の増殖にもつながります。部分入れ歯の方はこれ以上の歯の喪失をさせないように、総入れ歯の方はより快適にご使用いただくためにも毎日のお手入れとして入れ歯洗浄剤の使用をおすすめします。

今回は、入れ歯洗浄剤の効果とおすすめ商品について解説します。ぜひ参考にしてください。

1.入れ歯洗浄剤の効果

1-1.カビを予防

カンジタ菌(カビ菌)はもともと口の中にいる菌ですが、入れ歯の使用により唾液の流れが悪くなったり、入れ歯に汚れが残っているとお口の中のカンジタ菌は増殖します。

入れ歯はレジンというプラスチックでできていて、水を吸いやすく(吸水性)汚れがつきやすい(吸着性)ため、細菌が染み込みやすい特徴があります。入れ歯がヌルヌルしてくるのも、このような特徴からです。

ヌルヌルしている感じがある場合は、カンジタ菌が繁殖している可能性が高く、感染症や歯茎の炎症につながることも考えられますので、入れ歯洗浄剤を使ってカビの増殖を抑えることはとても大切です。

1-2.口臭予防

お口の中は菌が繁殖しやすく、天然の歯と同じように入れ歯も清潔にしておかないと入れ歯に雑菌が繁殖し、口臭の原因になります。

入れ歯に付く汚れはデンチャープラークとよばれています。その汚れをもとに細菌が繁殖し、入れ歯による口内炎を引き起こす原因にもなります。

1-3.歯周病予防

部分入れ歯の場合、残っている歯に鈎(こう)とよばれる金属のバネで入れ歯を固定していることが多いです。

歯を磨いていても入れ歯が汚れていると、歯に汚れを戻すことになります。鈎歯(こうし)とよばれる入れ歯を支えている歯は入れ歯を使うことによって、力の負担を大きくうけやすくなります。

歯周病は汚れ(細菌)と力の負担で進行することが多いです。入れ歯を使っている人は特に、残った歯を守るためにも、入れ歯と歯の両方を清潔に保ち、歯周病を予防していくことが、歯を守るポイントです。

1-4.虫歯予防

入れ歯を使っている人は、入れ歯の中やバネの部分は特に汚れが残りやすく、知らない間に虫歯になっている方もよくみかけます。

どの歯も虫歯にならないようにすることが大切ですが、特にバネのかかっている歯が虫歯になってしまうと、治療の内容によってはバネの形態が治療後の歯と合わなくなるので、せっかく使用していた入れ歯も作り直しになることもあります。

入れ歯を清潔に保つことで虫歯予防をすることができるようになります。

2.入れ歯の正しいお手入れ方法

入れ歯は必ずお口の中から外してから洗います。汚れがどこについているか、きれいに汚れが取れているか、確認しながら洗いましょう。

2-1.入れ歯専用のブラシでお手入れ

入れ歯は入れ歯専用のブラシで磨くことをおすすめしています。

毎日ご自分の歯を磨いている歯ブラシで磨いても良いのですが、入れ歯専用の歯ブラシで磨く方がブラシの形状が入れ歯に対応するようにデザインされていますので汚れをしっかりと落としてくれます。ブラシのハンドル部も歯ブラシとは違ってしっかりと握れるようになっていますので持ちやすいです。

2-2.寝る前に入れ歯洗浄剤へ

きれいに入れ歯を洗った後、就寝前に入れ歯洗浄剤にいれると翌朝には入れ歯を気持ち良く使用できます。

2-3.定期的に歯科医院で入れ歯のチェックを

2-3-1.入れ歯は知らず知らず削れている

入れ歯は使用していると磨耗して噛む面は消耗してきます。

また、粘膜面も形状が変わったりすることがありますので定期的に入れ歯のチェックをすることが大切です。
長期間の入れ歯の使用で入れ歯が自分に合っていない状態になっていることに気づかず、そのまま使い続けていると、入れ歯の隙間に知らない間に汚れが溜まりやすくなります。

2-3-2.使い続けることで、歯にダメージを与えることも

特に、「噛み切り」が悪くなっていることに気づかず、噛める側でばかり食事をしてしまい、その側の歯に負担をかけて歯にダメージを与えてしまうこともあります。

気づいたら、歯がぐらぐらしているなどの症状がでている場合もありますので、定期的にみてもらいましょう。

3.お手入れ不足で起こる危険なサイン

口の中は常に細菌がいて口の中は細菌にとって、住みやすい場所です。

その口の中に入れ歯が入ると、細菌はさらに繁殖しやすい環境になります。口は体の中への一番の入り口ですので口の中を清潔に保つことは、体の健康にもつながることが最近の研究では調べられています。

3-1.カンジタ菌(カビ菌)の繁殖

口腔内は細菌が多くいますが、汚れいる状態が続くと、「カンジタ菌」が繁殖することがあります。

この状態が続くと、赤く口の中がただれ痛みを伴うと口腔カンジダ症になりことがあります。
カンジダ菌は、健康な人にはなんともありませんが、体力の落ちた人の口腔内に多く繁殖すると、悪さをすることもしられています。(日和見感染)

3-2.歯石の沈着(歯周病)

入れ歯にも歯石はつきます。

入れ歯に付着した歯石は歯ブラシでは落とすことができません。そして、歯石がついたままだと、入れ歯の表面がザラザラし、さらに歯垢や汚れをつきやすくなります。

汚れがお口の中で増えることで、歯周病にも虫歯にもなりやすくなってしまいます。

4.汚れが落ちない!そんな時は

4-1.黒い汚れ

黒い汚れは、黒カビが発生しているケースが多いです。

ブラシで取れるだけの汚れを落としたら次亜塩素酸系の義歯洗浄剤で浸漬をし、汚れを分解します。

ご自身でどうして良いかわからない時は、すぐに歯科医院へ相談しましょう。

4-2.黄色いぬめりのある汚れ

ヌルヌルしているのは細菌の集団です。

水回りがヌルヌルするのと同じでバイオフィルムで滑りがありますので過酸化物系の入れ歯洗浄剤を使用することがお勧めですが、入れ歯に金属がある場合は金属部の変色に注意が必要です。

4-3.白い汚れ

主に歯石だとおもわれます。

家庭にあるような鋭利な器具で削ってしまうと入れ歯の適合を悪くしてしますので歯科医院で義歯洗浄をしてもらうと良いです。紙ヤスリでこすることもいけません。
普段の入れ歯の手入れが不十分なために歯石になったと思います。最低1日に1度は入れ歯をきれいに洗浄する習慣をつけましょう。

※どのような汚れでも熱湯をかけると、入れ歯が変形する恐れがありますので水かぬるま湯で洗いましょう。

5.歯科衛生士がおすすめ入れ歯洗浄剤

歯科医院専売品と一般の市販品ではあまり違いはありませんが、より効果的に使用したい場合は、洗浄効果を参考に選んでください。また、お口の中の細菌の状態によって選ぶことが大切ですので、アドバイスをもらうには歯科医院での購入をおすすめします。

5-1.錠剤タイプ

5-1-1.ロート製薬   ピカ

1

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!