歯磨きの磨き残しチェック!歯垢染色剤の使い方とオススメ

予防と知識

予防歯科


毎日ちゃんと歯を磨いているつもりでも、磨き残しがないか心配な方も多いのではないでしょうか。歯垢染色剤とは、歯に付いている汚れを染め出す染め出し液で、歯垢をわかりやすく染め出すことで、いつも磨き残してしまう場所などを確認することが出来、とても便利です。
今回は歯垢染色剤の使い方とおすすめ商品、歯垢の取り方について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.歯垢染色剤とは

歯垢染色剤とは、歯に付いている汚れを染め出す染め出し液です。

汚れはプラークとよばれる磨き残しですが、歯と同じ白色や白黄色なので、見ただけではついてるかどうかわからないこともあります。

見えない汚れを歯垢染色剤で染め出すことで、汚れが残っている部分が見えるようになり、綺麗に磨けるようになります。

1-1.歯垢とは

歯垢とは、プラークとも呼ばれる汚れの塊です。

その汚れの中には細菌が存在しており、1mgに1億以上の細菌が存在すると言われています。

ただの汚れや磨き残しではなく、細菌の塊であることを理解して、汚れを取り除くことが大切です。

1-2.こんな人におすすめ

歯垢染色剤は、磨き残しがあるか不安な方や、歯並びがデコボコしている部位がある人におすすめです。

また、効率よく磨きたい方にも汚れが見えるので、的確に磨けるようになり、効果的です。

1-3.成分、安全性について

【成分】
赤色104号(フロキシン)が主に使用されています。

食品では、お菓子(あめ、焼き菓子、和洋菓子)に使用されており、農水産加工品(かまぼこ、福神漬け、たらこ、たこ、ソーセージ、ジャム、佃煮など)にも使われています。清涼飲料水、缶詰製品などの色のついてい る食品にも使われています。

【安全性】
食品添加物として認められる赤色3号、赤色104号、赤色105号、青色1号などが使用されています。

現代の医学、薬学の基準に基づき、安全性が立証されている合成色素を使用されており、摂取ではなく、塗布するのが染色剤ですので、安全だと考えられています。

2.歯垢染色剤の使い方

step1.歯ブラシで全体を磨く

まずは普段通りに歯磨きを行います。

step2.染色剤をつける

染色剤を歯の表面に塗布します。

染色剤の種類によって付け方が異なりますので、使用説明書をよく読みながら塗布して下さい。

step3.もう一度磨く

汚れが染め出された部分を磨いていきます。

この時点で赤く染まってくるところは、あなた自身の磨き残しの部分です。磨くのが苦手な部分とのいえますので、よく観察して磨けるように工夫をしましょう。

また、慢性的に汚れが残っている場合は、虫歯になる危険性もありますので、歯科医院でチェックしてもらうことをお勧めします。

step4.歯と歯の間はフロスや歯間ブラシ

歯ブラシだけではどうしても汚れが取り除けない部位もあります。それは、歯と歯の間の部分です。

赤く染め出しされている場合は、歯ブラシで無理に磨こうとするとかえって歯茎を傷つけてしまうこともありますので、自分にあった、フロスや歯間ブラシを使用しましょう

step5.もう一度染め出す

時間がある場合は、もう一度染め出しをしてみて下さい。

磨いているようで、磨けていない部位があり、もう一度染め出しをすると赤く染まってくることがあります。その部位が最も磨き残しの多い、磨きにくい部位ですので、よく覚えておくと良いでしょう。

3.歯垢の効果的な取り方

効果的に思考を取り除くためには、毎日の歯ブラシは欠かせません。

効率よく磨きたいのであれば、最初から染色液をつけて綺麗に落ちるまで磨くことを習慣化することです。

磨いて、染め出して、また磨くの3ステップだと時間がかかると思う方は、最初から染め出し、綺麗に落ちるまで磨くの3ステップで染色剤を活用してみて下さい。

3-1.歯間には歯間ブラシやデンタルフロスを使う

歯ブラシだけでは取りきれない部位には歯間ブラシやフロスを使うことで効果的に汚れを取り除くことができますし、時間も短くきれいに汚れが取れます。

歯間ブラシについて、詳しくは「歯の隙間の歯垢をしっかり取り除く!歯間ブラシのまとめ」
デンタルフロスについて、詳しくは「もう迷わない!おすすめのデンタルフロスと選び方」をご覧ください。

3-2.歯と歯ぐきの境目

歯と歯茎の境目には、歯ブラシの毛先が当たりにくく、汚れを残してしまいがちです。
歯ブラシの毛先のが境目の部分に当たるように意識して磨いて下さい。

正しい歯の磨き方について、詳しくは「プロが教える!正しい歯の磨き方をお口の状態別に徹底解説」をご覧ください。

4.おすすめの歯垢染色剤

4-1.液状タイプ

ライオン DENTリキッドプラークテスター

販売:ライオン
商品:ライオンDENTリキッドプラークテスター6ml
価格:250円
特徴:6mlの小さなボトルなのでお試し用に便利です。

Amazon.co.jpでチェック

こどもハミガキ上手 いちご味

販売:丹平製薬
商品:こどもハミガキ上手 いちご味 69ml
価格:347円
特徴:クチュクチュするだけで全ての歯に成分がゆきわたり、歯垢が赤く着色するので、どこに磨き残し(歯垢)があるのかを目でチェックすることができます。

Amazon.co.jpでチェック

4-2.ジェルタイプ

プロスペック 歯垢染色ジェル

販売:GC
商品:プロスペック 歯垢染色ジェル 40g
価格:1175円
特徴:ジェル状のため、歯ブラシを使って歯面に簡単に塗布できます。 染め出されたプラークはブラッシングや洗口により容易に除去できます。

Amazon.co.jpでチェック

プラークチェック ジェルBR

販売:GC
商品:プラークチェック ジェルBR 40g
価格:1102円
特徴:古い歯垢は青紫色に、新しい歯垢は赤色に分けて染め出しすることができます。
ジェル状のため、歯ブラシを使って歯面に簡単に塗布できます。
染め出されたプラークはブラッシングや洗口により容易に除去できます。

Amazon.co.jpでチェック

4-3.錠剤

プラークチェッカー

販売:三和製作所
商品:プラークチェッカー(100錠)
価格:750円
特徴:奥歯や歯のすき間、裏側など、みがきにくいところについた歯垢をくっきり赤く染め出します。小さなお子様も検査できるように甘くてフルーティーな味です。

Amazon.co.jpでチェック

5.注意点

衣服に染色剤がつかないように気をつける

染色剤を使用するときは、衣服に飛び散らないよう注意が必要です。もし着いた場合はすぐに洗濯をすることである程度落ちます。漂白することが可能な衣類であれば、染色剤の着いた部位に少し漂白剤を塗布してもみ洗いをするとある程度落ちるでしょう。

肌に染色剤がつかないように気をつける

肌についた場合、取れにくいため注意が必要です。肌に着くことは問題はありませんが、落ちるのに少し時間がかかる商品もあります。
肌についた場合は、クレンジグオイルや石鹸で洗いましょう。2、3日程度で自然に落ちてきます。(商品により差があります)

まとめ

歯垢染色剤は、磨き残している部分や、自分の磨きグセが分かり、効率よく歯磨きができる補助的なツールです。使用するときは、衣服や肌につかないように十分に注意しましょう。歯科医院でも染め出しをして、歯磨きのアドバイスをしてもらえますので、自分にあった歯磨き方法で、さらにきれいな状態を保てるといいですね。

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!