歯磨きの磨き残しチェック!歯垢染色剤の使い方とオススメ

予防と知識

予防歯科


毎日ちゃんと歯を磨いているつもりでも、磨き残しがないか心配な方も多いのではないでしょうか。歯垢染色剤とは、歯に付いている汚れを染め出す染め出し液で、歯垢をわかりやすく染め出すことで、いつも磨き残してしまう場所などを確認することが出来、とても便利です。
今回は歯垢染色剤の使い方とおすすめ商品、歯垢の取り方について解説しますので、ぜひ参考にしてください。

1.歯垢染色剤とは

歯垢染色剤とは、歯に付いている汚れを染め出す染め出し液です。

汚れはプラークとよばれる磨き残しですが、歯と同じ白色や白黄色なので、見ただけではついてるかどうかわからないこともあります。

見えない汚れを歯垢染色剤で染め出すことで、汚れが残っている部分が見えるようになり、綺麗に磨けるようになります。

1-1.歯垢とは

歯垢とは、プラークとも呼ばれる汚れの塊です。

その汚れの中には細菌が存在しており、1mgに1億以上の細菌が存在すると言われています。

ただの汚れや磨き残しではなく、細菌の塊であることを理解して、汚れを取り除くことが大切です。

1-2.こんな人におすすめ

歯垢染色剤は、磨き残しがあるか不安な方や、歯並びがデコボコしている部位がある人におすすめです。

また、効率よく磨きたい方にも汚れが見えるので、的確に磨けるようになり、効果的です。

1-3.成分、安全性について

【成分】
赤色104号(フロキシン)が主に使用されています。

食品では、お菓子(あめ、焼き菓子、和洋菓子)に使用されており、農水産加工品(かまぼこ、福神漬け、たらこ、たこ、ソーセージ、ジャム、佃煮など)にも使われています。清涼飲料水、缶詰製品などの色のついてい る食品にも使われています。

【安全性】
食品添加物として認められる赤色3号、赤色104号、赤色105号、青色1号などが使用されています。

現代の医学、薬学の基準に基づき、安全性が立証されている合成色素を使用されており、摂取ではなく、塗布するのが染色剤ですので、安全だと考えられています。

2.歯垢染色剤の使い方

step1.歯ブラシで全体を磨く

まずは普段通りに歯磨きを行います。

step2.染色剤をつける

染色剤を歯の表面に塗布します。

染色剤の種類によって付け方が異なりますので、使用説明書をよく読みながら塗布して下さい。

step3.もう一度磨く

汚れが染め出された部分を磨いていきます。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!