もう迷わない!おすすめのデンタルフロスと選び方

予防と知識

その他


00

毎日の歯ブラシに付け加えると良い補助的清掃道具の歯間ブラシやデンタルフロス。
いざ買おうと思ったら、ドラッグストアなどの店頭でたくさん種類があって何を選べばよいか悩む方も多いのではないでしょうか?
今回は歯科衛生士がおすすめするデンタルフロスとその選び方についてご紹介いたします。

1. デンタルフロスの役割

デンタルフロスとは歯ブラシで届かない狭い歯と歯の間を清掃する糸状の清掃道具です。
歯ブラシだけの清掃では全体の6割ほどしか清掃ができないと言われています。デンタルフロスを使用することによって約8割までプラークの除去率があがります。
むし歯の90%が歯と歯の間から。そして歯周病も歯と歯肉の間の溝に残したプラークが原因で起こります。お口の中の健康のためには歯ブラシで届かない部分のケアがとても大切になってきます。

2. 歯科衛生士おすすめのデンタルフロス

2-1. リーチ クリーンバースト

ワックス加工してあり、特殊加工された256本の繊維がプラークをかきだしてくれます。また、ミント味でスッキリします。

01

販売:ジョンソン&ジョンソン
商品名:クリーンバースト
価格:380円

2-2. フロアフロス

ワックス加工してあり、384本の繊維が歯と歯の間 だけでなく、歯と歯肉の間のプラークまですっきり除去してくれます。水分や摩擦により繊維がフワッとひろがるので痛くありません。歯肉のケアに最適なフロスです。さらに糸にフッ素が加工されています。

02

販売:オーラルケア
商品:フロアフロス
価格:640円

3. デンタルフロスの選び方

フロスは乳歯のころから使います。幼児の頃は保護者の方が使い易いものを選ぶと良いでしょう。児童になると子供自身ができる子もいますので成長過程にあわせてホルダータイプから始めると良いです。
青年〜成人〜中高年はフロスは必須です。ご自分の歯と歯の隙間の程度により歯間ブラシかデンタルフロスかを選ぶようにしてゆきます。

3-1. 糸状のロールタイプと持ち手のあるタイプの違い

3-1-1. 糸状のもの(ロールタイプ)

販売メーカーによって価格の差はありますが大体¥400前後です。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!