もう迷わない!おすすめのデンタルフロスと選び方

予防と知識

その他


00

毎日の歯ブラシに付け加えると良い補助的清掃道具の歯間ブラシやデンタルフロス。
いざ買おうと思ったら、ドラッグストアなどの店頭でたくさん種類があって何を選べばよいか悩む方も多いのではないでしょうか?
今回は歯科衛生士がおすすめするデンタルフロスとその選び方についてご紹介いたします。

1. デンタルフロスの役割

デンタルフロスとは歯ブラシで届かない狭い歯と歯の間を清掃する糸状の清掃道具です。
歯ブラシだけの清掃では全体の6割ほどしか清掃ができないと言われています。デンタルフロスを使用することによって約8割までプラークの除去率があがります。
むし歯の90%が歯と歯の間から。そして歯周病も歯と歯肉の間の溝に残したプラークが原因で起こります。お口の中の健康のためには歯ブラシで届かない部分のケアがとても大切になってきます。

2. 歯科衛生士おすすめのデンタルフロス

2-1. リーチ クリーンバースト

ワックス加工してあり、特殊加工された256本の繊維がプラークをかきだしてくれます。また、ミント味でスッキリします。

01

販売:ジョンソン&ジョンソン
商品名:クリーンバースト
価格:380円

2-2. フロアフロス

ワックス加工してあり、384本の繊維が歯と歯の間 だけでなく、歯と歯肉の間のプラークまですっきり除去してくれます。水分や摩擦により繊維がフワッとひろがるので痛くありません。歯肉のケアに最適なフロスです。さらに糸にフッ素が加工されています。

02

販売:オーラルケア
商品:フロアフロス
価格:640円

3. デンタルフロスの選び方

フロスは乳歯のころから使います。幼児の頃は保護者の方が使い易いものを選ぶと良いでしょう。児童になると子供自身ができる子もいますので成長過程にあわせてホルダータイプから始めると良いです。
青年〜成人〜中高年はフロスは必須です。ご自分の歯と歯の隙間の程度により歯間ブラシかデンタルフロスかを選ぶようにしてゆきます。

3-1. 糸状のロールタイプと持ち手のあるタイプの違い

3-1-1. 糸状のもの(ロールタイプ)

販売メーカーによって価格の差はありますが大体¥400前後です。

【特徴】40cmぐらい糸を引っ張り出し、各自の指に巻きつけて操作します。
【利点】清潔で経済的。コンパクトなケースに入っているので持ち運びにストレスを感じないです。歯と歯の間に挿入し、引っ掛かりを感じても片方の手を離すとスルっと簡単に抜けます。
【欠点】指に巻きつけて使用するので、とにかく慣れるまでが大変です。

03

3-1-2. 持ち手があるもの(ホルダータイプ)

持ち手があるものには大きくわけてF字型とY字型があります。価格はメーカーにより様々です。

特徴 持ち手がありますので指に巻きつける必要がなく、手軽にフロスが使用できるのでフロス初心者の方におすすめです。

F字型・・・前の歯に入れやすいです。奥の歯に入れる時は慣れが必要です。
Y字型・・・奥の歯にも入れやすいです。初心者はこの形がおすすめです。

F字型

04

Y字型

05

【利点】持ち手があるので操作が簡単!
【欠点】歯と歯の間にいれて引っかかった時に除去するのが難しい。

3-2. ワックス加工はあったほうが良い?

フロスにはWAXed (ワックス加工)とAnWAX ( ワックス加工なし)があります。どちらを使用しても構わないですがワックス加工されたものの方が歯と歯の間を通す時、ワックスの効果で滑りやすくなり使い易いです。

ワックス加工あり
糸にワックスがついていて歯と歯の間に挿入する際に滑りやすくなっています。滑ることによってスムーズに歯の間に入ってゆきます。

06

ワックス加工なし
糸にワックスがついていません。滑りがワックス加工してあるものより悪いですがプラークを書き出す力は抜群です。歯科医院でクリーニングする際、プラークの除去の効率が良いので歯科衛生士で好んでこちらを使用するケースも多いです。
もちろん、誰でも使えます。

07

3-3. デンタルフロスと歯間ブラシは歯の隙間に応じて選ぶ

デンタルフロスは歯の隙間がそれほどない人でもほとんどの人に使えます。
歯間ブラシは歯と歯の間に隙間のある人や、ブリッジを入れている人はブリッジの清掃には欠かせません。どちらを使用して良いのかわからない人は歯科医院を受診することをおすすめします。歯科衛生士がお口の中を拝見し、どちらの清掃道具が最適が選んでくれます。

歯間ブラシについては【歯科衛生士が紹介!おすすめの歯間ブラシと選び方】もご覧ください。

3-4. オススメのデンタルフロス

オススメのデンタルフロスをランキングに致しました。商品ごとに特徴を解説しておりますので、デンタルフロスを選ぶ参考にしてみてください。

歯科衛生士厳選!優秀デンタルフロスランキングベスト10

4. デンタルフロスで出来るセルフチェック

デンタルフロスは歯と歯の間の汚れや歯と歯肉の間の汚れをとる清掃道具ですが清掃だけではなく、いろいろなセルフチェックに使用することができます。

・むし歯の初期症状を発見することもできます。
□ 歯と歯の間でザラつきを感じる。
□ 引っかかる。(同じところで)
□ いつも糸が解ける場所がある

当てはまる項目がある場合は、虫歯の可能性が高いです。歯科医院に相談してみましょう。

・詰め物やかぶせ物の不適合を発見できる。
□ 詰め物や金属のところが引っかかる。
□ フロスが切れる
□ フロスをすると金属がはずれる

当てはまる項目がある場合は、被せ物が合っていない可能性が高いです。歯科医院に相談してみましょう。

・歯周病の早期発見ができる
□ デンタルフロスを入れると出血する

出血がある場合は、歯周病の可能性が高いです。歯科医院に相談してみましょう。

5. デンタルフロスの使い方

デンタルフロスの使い方は【歯科衛生士が教える!デンタルフロスの正しい使い方】をご覧ください。

まとめ

デンタルフロスは幼児から成人まで多くの年齢層で使用できるとても優れた清掃道具です。デンタルフロスを習慣ついていない時は便利なホルダータイプを使用してなるべく早い時期からのフロスの習慣づけをしましょう。
フロスにはミントフレーバーなどフレーバーのついたものもありますし、ワックス付きやそうでないもの、そして糸が水分を含むと膨らむものなど各メーカーがいろいろなものが販売されています。

選び方の一番は自分がストレスなく続けられる形状のもの。
デンタルフロスをすることに慣れたらいろいろなメーカーのものを試して使用感を比べるのも楽しいですよ。

長谷川 雅代
Author: 長谷川 雅代(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!