不安を解消!歯医者での麻酔をしっかり理解しよう

予防と知識

お口の治療


00

歯科治療での麻酔を経験したことがある方は多いことでしょう。治療をする前にいきなり麻酔をする先生は少なくなりましたが、麻酔について詳しく説明を受けた経験は少ないですよね。麻酔を受ける患者さんはいろいろな不安が頭によぎっていませんか?痛くない治療をするのに、なぜ麻酔が必要なのか?痛くない麻酔はできないの?このあと、食事はできるかしら?麻酔が切れた後、どんな痛みがでるのかしら?など、そんな不安を少しでも解消できたらとおもいます。

1. 麻酔時の痛みは大きく分けて2種類

麻酔時の痛みは、大きく分けて2種類あります。

刺痛:針を刺すときの「ちくっ」とした痛み。
圧痛:麻酔液を入れるときの痛み。

それぞれの痛みについて解説します。

1-1. 「刺痛」

刺痛は針を皮膚に刺す事で起こる痛みです。皮膚に表面麻酔をして、効いてきたころに針を入れる事で痛みを少なくできます。

1-2. 「圧痛」

圧痛は麻酔液を入れる時に痛みを感じることがあります。これは麻酔液を入れるスピードが速すぎたり、一定のスピードで入っていなかったりすることで歯肉が圧迫され、痛みが起こります。

2. 麻酔の痛みを軽減するための3つの工夫

2-1. 表面に麻酔をする

表面麻酔とは歯茎の表面にかける麻酔です。
針を歯茎に突き刺すのではなく、歯茎に塗りつけて麻酔効果を得ます。
麻酔の効きめは薄いのですが、表面麻酔は麻酔針による痛みを少しでも抑える目的で処置されます。
ガーゼやコットンなどに麻酔薬を染み込ませて歯茎に接触させます。そして歯茎の神経が緩やかに麻痺させていきます。

01 02

2-2. 電動麻酔注射器(オーラスター®)を使う

電動麻酔器は常に一定のスピードで麻酔液を注入する事ができるため圧痛を軽減することができます。手動式の麻酔器では、液を入れるときのスピードにバラつきが出たり、注射をするときに力を入れることで手が震え、その震えが患者さんの痛みになったりします。
03

2-3. 麻酔薬を温める

麻酔液が冷たいと、歯茎に麻酔液を入れた時に痛みを感じます。麻酔液を使用前に人の体温と同じくらいに温める事でその痛みを軽減できます。
麻酔液を温めるための機器もあります。
04

3. 麻酔が効いている時間はどのくらい?

3-1. 成人は3時間

大人の場合は、1~3時間程度、麻酔が効いています。
歯科医院で使用する麻酔は、歯の周りごとしびれさせることで治療を行います。従って、治療が終わって自宅に帰られても、しびれている状態が残っています。その後、麻酔は徐々に血液などに流され、次第にしびれがとれてきます。

3-2. 子供は2時間

子供の場合には、1~2時間程度、麻酔が効いています。
子供は歯茎や骨の厚みが薄いため、麻酔は成人の半分以下の量で使用します。従って、麻酔の効果の時間は、成人よりも短い時間で切れてきます。

3-3. 半日しびれることもある

子供が下の歯に麻酔をした場合には、まだ骨が薄いために大きな神経にまで麻酔が効いてしまうことがあります。その場合には、麻酔は下顎や唇まで感覚がなくなります。長いと半日しびれることがありますが、次第に感覚は戻ってきますので、安心してください。

3-4. 親知らずは6時間

親知らずの抜歯に伴う麻酔では、時に親知らずが骨の深くにある場合、通常の麻酔では効かないことがあります。その際には、下顎孔伝達麻酔(かがくこうでんたつますい)という麻酔を行います。下顎全体に麻酔がかかります。麻酔の効果は6時間程度です。

4. 麻酔の後に注意する4つのこと

4-1. 食事は麻酔が切れるまで待つ

麻酔が効いているときに食事をしようとすると、誤って唇を噛んでしまうことや傷をつけてしまうことがあります。そのため食事は、麻酔が切れるまで待つようにしてください。どうしても食事をとらなければならないときには、麻酔をしていない反対側の歯を使って、軟らかい食べ物をとるようにしてください。

4-2. 唇を噛まないように気をつける

特に小さなお子さんの場合には、麻酔が効いているときに誤って唇をかんでしまい、大きく腫れてしまうことがあります。麻酔が効いていると唇を噛んでも痛くないため、何度も噛んでしまいます。麻酔が切れるまでの間、お子さんが唇を噛まないように見守ってあげてください。
うっかり噛んでしまい、唇などが腫れてしまった場合には、痛みがあれば痛み止めを飲んでください。あるいは、唇などから出血をしている場合には、ケナログなどの口内炎の薬を塗っておくと早く治ります。

05
ケナログA口腔用軟膏 5g 価格700円前後

4-3. 火傷に気をつける

麻酔が効いている際には、痛みを感じないだけでなく、熱にも感じません。熱い食べ物や飲み物は避けるようにしてください。麻酔が効いている時に火傷をしてしまうことがよくありますので、十分ご注意ください。

4-4. 麻酔効いているところを触らない

麻酔が切れかかると、かゆみや違和感を感じることがあります。その際に、爪や指などで引っかいてしまったり、触ったりしないようにしてください。触ることによって、傷口からバイ菌が入ったり、感覚がないことで傷が大きくなってしまうことがあります。

5. 麻酔が切れた後の痛みへの対処方法

5-1. 鎮痛剤を服用する

治療後に麻酔が切れはじめると、痛みが出ることがあります。
痛みが心配であれば、早めに痛み止めを飲んでください。歯科医院で出された痛み止めや市販の痛み止めを飲むようにしてください。

5-2. 麻酔の針を刺したところが口内炎

麻酔は針を歯茎に刺します。その際に、歯茎に傷がつきます。口の中にはたくさんの細菌がいます。口の中の細菌が傷口に付着すると、口内炎になることがあります。口内炎は触ると痛いので、市販の口内炎のお薬、ケナログを一日に数回塗ってください。痛みが軽減されます。

5-3. 麻酔をした場所を押すと痛い

麻酔をする際には、麻酔針を歯茎に、あるいは麻酔が効きにくい場所には骨の中に入れます。そのときに、針が骨を傷つけるため、麻酔の針を刺した場所を押すと、痛みがあります。ズキズキする痛みから痛痒さなど症状は様々です。長くても2週間程度で痛みは引いてきます。
ただし心配な場合には、すぐに主治医に連絡をとり、症状を伝えることをおすすめします。

6. 麻酔が効かないことがある3つの理由

6-1. 下顎臼歯部への浸潤麻酔は骨が緻密であり麻酔薬が浸潤しにくい

虫歯の治療や、抜歯を行う時に下の奥歯は、堅く密度の高い骨の中に埋まっており麻酔薬が到達しにくいことがあります。麻酔薬の量を増やしたり、到達する時間を待つことで麻酔が効いてきます。

6-2. 化膿性の炎症(うみがでるなどの症状)がある場合

虫歯で細菌が神経まで達しているときや、歯周病により急激に歯茎に炎症が起きたとき。
また、歯根の先の膿の袋の中で強い炎症があるところは酸性になります。
例えば、体が疲れた時に、お肌の調子が悪くなるのも体が酸性に傾いているのと同じですね。
麻酔薬は、アルカリ性ですので、酸性の体に入ると、中性になってしまいます。
そのため麻酔効果が十分に得られないこともあります。
そのような場合は、抗生物質を服用し炎症を抑えてから治療を行うと、麻酔の効果が発揮できます。

6-3. 多量の飲酒歴

お酒を多量に飲む人は、常にアルコールを分解しようと酵素がスタンバイしています。
この酵素が体に必要のない薬の解毒作用を活発にするため、麻酔薬も解毒され麻酔が効きにくくなります。
この酵素が働かないようにするためには週2日は休肝日を作ることが大切です。

7. 麻酔の種類について

麻酔にもいろいろな種類がありますので、ここでは麻酔の種類についてまとめます。

7-1. 浸潤麻酔

歯は骨に植わっているものですが、その歯を麻酔するためには麻酔薬が骨の中まで浸透しなければなりません。局所麻酔薬を口腔粘膜または歯肉に注射すると麻酔薬が骨の中まで浸透しやすくなり、それだけ麻酔効果があがります。これを浸潤麻酔法といいます。麻酔効果を持続させ、効果を高めるために血管収縮薬が入っています。だいたい60~90分くらい麻酔効果は続きます。

7-2. 伝達麻酔

麻酔が比較的効きにくい下顎の奥歯の治療を行う場合、浸潤麻酔に加えて伝達麻酔という方法を用いることがあります。脳から出た神経が下顎に向かう途中で麻酔薬を作用させることで、口唇や舌を含む広い範囲によく効く麻酔が得られます。麻酔効果が数時間続くため治療後の痛みが気にならなくなり、鎮痛薬の量を減らせるというメリットもあります。

7-3. 静脈内鎮静法

点滴で麻酔薬を腕の静脈に投与し麻酔を行う静脈内鎮静法という麻酔もあります。
静脈内鎮静法では、意識はあるけれどほとんど眠っているような状態になります。そのため治療時の不快な痛みや振動・音などがあまり気にならないため、快適に治療を受けることができます。
静脈内鎮静法は全身麻酔とは違って意識が完全になくなることはありません。そのため通常の局所麻酔も併用します。

注意点としては、麻酔医による全身管理が必要となることです。
ただ、意識あるため問い掛けには反応できますし、体の防御反射も保たれているため安全性は高いと考えられます。

7-4. 笑気麻酔

笑気麻酔とは恐怖心が強い人、治療のストレスで悪化が考えられる病気の人(心臓病や高血圧)などに使用します。笑気ガスを吸入しながらの治療となります。

8. 局所麻酔の胎児への影響

ほとんどありませんが心配される場合は担当医と相談してください。持続的な歯痛や感染源を放置するほうが問題と考えることがあります。妊娠する前に治療をすませておくことが大切です。

9. 局所麻酔の全身的偶発症

9-1. 神経性ショック(疼痛性ショック)

歯科治療に対する不安・恐怖心、緊張などの精神的ストレスや痛み刺激により迷走神経が緊張して、顔面蒼白、嘔吐、冷や汗、意識障害、血圧低下、除脈などが現れます。

9-2. 過換気症候群

麻酔の際の緊張で息づかいが荒くなり、血液中の二酸化炭素分圧が低下することにより脳血管が収縮、脳血流が減少して意識消失が起ります。紙袋やビニール袋などを口に当て、吐いた息を再度吸うことで楽になります。

9-3. 局所麻酔中毒

局所麻酔中毒は投与量に関係なく発現します。一般的に局所麻酔中毒は過剰投与が原因となりますが、局所麻酔を血管内に誤注入した場合は、局所麻酔薬の血中濃度が急激に上昇するため、少量の麻酔薬でも発現することがあります。

9-4. アナフィラキシーショック

麻酔の偶発症で最も危険なものです。麻酔後に、悪心、悪寒、めまい、血圧低下、頻脈、顔面蒼白などが現れます。その場合、仰向けに骨盤取り頭を下にする体制をとり、酸素吸入を行います。ただちに内科医師との連携が必要になります。

9-5. メトヘモグロビン血症

メトヘモグロビン血症とは、血液中のメトヘモグロビンが酸素を運搬できないため酸欠状態になります。
チアノーゼを起こす代表的疾患の1つです。チアノーゼとは、唇や爪が鮮やかな赤ではなく、静脈血のような紫色になっている身体所見を指す言葉です。

まとめ

歯科治療で麻酔は使用頻度が高く、そのため患者さんは麻酔をするたびに怖い思いや痛い思いをされてきたと思います。
少し不安に思われる内容もあったとおもいますが、麻酔にたいして不安に感じていた方が安心していただけることが必要と思いまとめました。
できれば、麻酔や治療をしないためにも定期的な検診やメンテナンス(クリーニング)を受けていただき、いつまでも快適な口腔内で美味しく食事ができ、お話や歌を歌うなど幸せな人生を送っていただきたいと思っています。

Author: 小川由香里(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!