そのクセ要注意!食いしばりによる頭痛とすぐできる解消法

予防と知識

その他


shutterstock_142814494_720

なんとなくいつも頭が重い、痛い、頭がすっきりせず頻繁に鎮痛剤を服用している。などの頭重、頭痛に悩まされてる方も多いのではないでしょうか。

未病と言われる頭痛症状は 自分でも気づかない日々の癖が大きな影響を与えているのかもしれません。
その中でも無意識にしてしまう食いしばりは想像以上に体に負荷を与えていて、頭痛以外にも様々な悪影響をもたらします。
そこで今回は、食いしばりによっておこる頭痛、その他の症状の改善方法について解説します。ぜひ参考にしてください。

1.歯の食いしばりとは

食いしばりとは、無意識のうちに歯をかみしめてしまう癖です。

本来、何もしていない状態では上の歯と下の歯は触れるか触れないかの状態の噛み合わせです。

何かに集中している時や寝ているときの無意識での食いしばりの力は想像以上に強く
色々な影響を及ぼしています。

そのほとんどが、自分では気づかず、なにか症状がでてきて初めて自覚することがほとんどです。

食いしばりセルフチェック

自分が食いしばりの癖があるかチェックしてみましょう!

⬜︎ 唇を閉じたときに上下の歯がかみ合う(当たる)
⬜︎ 肩こり、首こりが慢性的にある
⬜︎ 朝起きると頬や首、こめかみがだるい
⬜︎ 耳鳴りや耳の閉塞感が普段でもある
⬜︎ 偏頭痛や頭痛の検査では異常はないが慢性的に頭が痛い、重い
⬜︎ 舌の脇や頬の内側に歯のあとがある
⬜︎ エラが張った頬の形または下の顎のラインが床に平行
⬜︎ 頬が張ってくっきりと溝のようなほうれ線が目立つ
⬜︎ 顔がこわばる、お口の周りの動きが悪い
⬜︎ 歯の山の部分や先端が磨り減って平らになっている

これらは食いしばりに見られる主な症状です。一つでも該当するものがあれば、食いしばりをしている可能性があります。

2.食いしばりの原因

食いしばりは心と深く関係すると言われています。

2-1.ストレス

ストレスの定義は様々な見解がありますが心の興奮や緊張(ストレス)は身体を興奮させる交感神経を過度に働かせ、筋肉を緊張させます。

当然口元やお顔の筋肉の緊張も引き起こし、さらに食いしばりをも引き起こし、全身の緊張へとつながるため、いろいろな影響を及ぼします。

2-2.緊張や集中

何かに集中しているとき(デスクワ-ク、運転、テレビ、ゲ-ム、スマホ。。。など)に行われる癖としてあげられます。

無意識に食いしばっているので、自分では気づきにくいですが、自分で確認する、知人や家族に見てもらうのもよいでしょう。

自分の癖を知ることが最初の対策だといえます。

3.食いしばりと偏頭痛の関係

頭痛は命に関わる病が原因になっている可能性もあります。

頭痛においては決して自己判断はせずに、まず頭痛クリニックなどの専門医で診てもらうことが重要です。

その原因は様々で予防や対策を間違えてしまうと、生命に関わることもあるので「頭痛くらい・・・」と思わず、一度しっかり専門医に診てもらうことをおすすめいたします。

ここでは特に異常もなく、いわゆる未病という症状の中の頭痛と食いしばりの関係についてお話させていただきます。

食いしばりで頭痛が起こる原因

食いしばりの状態では、噛む筋肉の負担はもちろんのこと、それを動かす筋肉まで負担がかかり色々な症状を引き起こします。

たとえば、食いしばりによって噛む筋肉は絶えず力が入っている状態です。

1日のうちに歯が噛み合わさる時間は食事なども含め、普通20分といわれているのですが、昼間はもちろん夜寝ているときは、力のコントロ-ルも出来ない状況で噛んでいるので相当な負担がかかっています。

思いっきり腕に力こぶを作ってみてください。

力を入れた状態で少し時間がたつとだんだん疲れて痛くなりますよね?食いしばりは、口腔周囲筋が常にこのような状態なので、これに関係する筋肉にも当然負担がかかります。

こめかみにある側頭筋は噛みしめるときに使う筋肉ですが 食いしばりの負担がかかりすぎると頭痛を引き起こしますことが分かっています。

その他、食いしばりは お口の筋肉に限ったものではなく全身にも影響をおよぼします。

4.その他、食いしばりによる口腔や体への悪影響

4-1.歯への影響

強い力で絶えず咬んでいると筋肉だけではなく、歯や周りの組織にも負担がかかります。

絶えず強い負担がかかっている分、歯周病リスクは高くなり、歯周病は進行しやすくなります。

4-2.歯がしみる知覚過敏、歯肉がさがる

歯は上下からの力ではなく食事の際の食いちぎる、咬む、すり合わせるなど色々な動きからの力がかかります。

また、歯並び、歯軋りなどで色々な方向からも力が加わります。

そのため歯が磨り減ってしまったり(咬耗)や歯にヒビが入ったり(クラック)することで、
歯の根元が削れて知覚過敏をおこします。

それに付随して、いつも同じ方向に力がかかっていると歯茎も痩せてきます。

4-3.噛むと痛みを感じる

歯の根は、噛む力などが直接頭の骨に響かないようにクッションの役割をもつ歯根膜で覆われています。

噛む力が強く、食いしばりなどで過剰に力がかかっているとその歯根膜に炎症がおき、噛むと痛むなどの症状が出てきます。

4-4.詰め物やかぶせものが割れる

歯と同じく、つめたものや、かぶせ物にも負担がかかるので取れやすくなったり割れやすくなります。

最近ではつめもの、かぶせ物にも色々な種類がありますので、歯科医院できちんと相談し、歯にかかる負担を考えたかぶせものを入れることもひとつです。

4-5.顎が痛む顎関節症(がくかんせつしょう)

顎を動かす筋肉が常に緊張状態であると、正常な顎の動きが出来なくなり、顎の関節に異常をきたします。

顎関節症は、様々な原因が重なり症状がでると言われています。

その中で、食いしばりは大きな原因の1つと言われています。

食いしばりで拘縮した筋肉を緩和するマッサ-ジやストレッチなども関節の炎症の症状がでる手前の予防策としてはとても有効です。

4-6.肩こり

噛む筋肉(頬)につながっている首の筋肉や、それにつながる肩の筋肉にも負担がかかり肩こり、首こりの原因の1つになるといわれます。

朝起きたときに肩が凝っている、首がこっているなどの症状がある方は、食いしばりを原因の1つとして考えてもいいかもしれません。

食いしばりは、肩こり、首こり、頭痛、頭重、顎の関節痛などの症状の原因の一つになっていると考えられています。

4-7.顔が大きくなる(エラがはる)むくむ、ほうれい線が目立つ

咬む筋肉は頬にあります。

食いしばりで絶えず咬んでいる状態は常に筋肉が硬縮し筋肉は発達し、エラが張った状態になります。

その筋肉が老廃物を流す血管やリンパ感を圧迫し、血液の流れが悪くなり顔がむくんだり頭が重くすっきりしない感じが続きます。

そのためほうれい線が深く刻まれ、血色が悪く顔色も悪く見える原因でもあります。

5.自宅で出来る食いしばりを治す方法

5-1.食いしばりを意識する

食いしばりに気づくように、たとえば職場のパソコン、自宅の冷蔵庫などに「くいしばりしてない?」などのメッセ-ジを書いたメモを張り、自分に気づかせるのも1つの方法です。

実際に、このような提案を行い、食いしばりが軽減しています。

5-2.舌スポットを意識する

5-2

舌をスポットの位置に置いておくと、歯をグッとかみ合わせなくなるので昼間の食いしばりには効果があります。

また、トイレに行ったら深く深呼吸をする、お口のストレッチをする、など日々必ず行う行動にワンアクションを付け加えるのもおすすめです。

5-3.ストレスを発散する

筋肉と心は、深く関係していると言われています。

特に、食いしばりはストレスと大きく関係しているので、自分なりのストレス発散方法を見つけるのもいいでしょう。

ゆっくりお風呂に入る、ヨガの呼吸方法をとりいれる、好きな音楽をゆっくり聴くなど
心を落ち着かせ、副交感神経をうまく働かせる自分なりのリラックス方法をみつけるのもよいでしょう。

5-4.生活リズムを整える

少し早起きをして、1日の始まりに軽いストレッチをするのは本当に気持ちがいいです。

気持ちに余裕を持つことは、ストレスから自分をラクにさせる方法の1つです。

自分なりの心地よい1日の流れに変えてみることで生活リズムも整い、ストレス解消にも有効でしょう。

5-5.枕の高さを変えてみる

枕の高さは、食いしばりや顎関節症に大きく影響します。

高価な枕でも、自分の体にあっていなければ効果が期待できません。

また、低反発などの硬い枕は寝返りが打ちやすくなってしまうので、食いしばりや顎関節症の方には向かないと言われています。

高さが高い枕は、顎が下がってしまい食いしばりをしやすい顎の状態になるので3つ折のバスタオルなどで自分にあった高さを知ることや、枕の専門店で自分にあった枕を作ることで、さまざまな症状が軽減することも期待できます。

5-6.口腔周囲筋のケア

自分で簡単に行えるマッサ-ジを試してみることで筋肉を緩めてみましょう。
ストレス発散、食いしばりや頭痛が軽減することが期待できます。

咬む筋肉の簡単なセルフマッサ-ジ

①頬のエラの部分(抑えて気持ちい部分)をくるくるとマッサ-ジします。

5-6-1頬のエラの部分

②お口の中に指を入れ、頬をつまみ 頬を大きくゆっくり回します。

5-6-2

③頬、上唇部分、下唇部分に空気を入れ内側からストレッチさせます。

6.歯科医院で行う食いしばりの治療法

食いしばりに伴うお口の中の影響に対し、歯科でも色々な治療や対策方法があります。

対処療法はもちろん、ご自分の食いしばりの原因にアプロ-チした治療法を提案してもらいましょう

その際、どこが痛むか何をしたら痛くなったか、どんな時に痛むか、いつから痛むか、ほかの症状(肩こり、首こり、頭痛 など)を詳しく問診し、治療の計画を立てていきます。

食いしばりを専門で治療している歯科医院もあります。かかりつけ医に相談してみましょう。

6-1.マウスピース

食いしばりによる歯のダメ-ジを予防する装置です。

歯を守るマウスピ-スですが、気になってギリギリと咬んでしまい、筋肉にたいする影響がひどくなる場合もありますのできちんとした問診とアフタ-ケアを行うことも重要になります。

6-2.歯科衛生士による口腔周囲筋のケア

口腔周囲筋ケア専門の歯科衛生士にケアをしてもらうのもお勧めします。

口腔内を熟知している専門歯科衛生士に定期的にお口の中からと外からマッサ-ジケアをしてもらうのと同時に筋肉や関節の状況、お口の中のチェックをしてもらうのも予防につながります。

6-2

7.そのままにしておくと危険!!

口腔周囲筋肉の緊張が及ぼす影響は、思っているよりも将来的に大きなリスクになることが言われています。

なんとなく不快、なんとなく痛い、重い、歯の症状(虫歯ではないが いつも同じところが痛む、しみる、つめたものが取れる)など・・・

少しの気になる症状でも、将来、歯を失ってしまう可能性や慢性の肩こり、顎関節症、頭痛、耳鳴り、めまいな、どお口だけではな全身にも大きなリスクや影響が考えられますので、気になる方は、ぜひかかりつけの歯科医院で相談してみてください。

まとめ

頭痛も食いしばりの癖も、心の状況(ストレス)と深くかかわっています。

症状改善や食いしばりの癖を直そうと一生懸命に頑張ってやろうとするその気持ちが、かえってストレスになり食いしばりがひどくなってしまう患者様も多くみられます。

自分の食いしばりの症状やそのリスクをきちんと把握することと、その癖とうまく付き合っていくという考え方も心の状態と深く関係している癖だからこその、1つの対処法だと思います。

まずは自分の症状に気づき、専門医への受診、かかりつけの歯科医院へ相談して自分の症状にあった適切な治療とケア方法を組み合わせて、心も体も健康でいたいですね。

taka

Author: 高見澤 亜衣(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!