臭い息をスッキリ改善!4つの口臭の原因と対処法のまとめ

予防と知識

予防歯科


shutterstock_233312176_720

自分では気づかないけれど他人に口臭を指摘されたことがある、または自分の口臭はキツイかもしれない、と不安になった経験がある方は多いのではないでしょうか。

朝起きたら、仕事が忙しい時など口臭が強く感じる時とそうでない時もあり、人によってその原因も様々です。口臭の原因の大半はお口の環境によるものですが、昨日食べた食事が原因の場合もあれば、その他呼吸器や消火器の病気が原因の場合もあるのです。

口臭は周りの人を不快にさせるだけでなく、自分の健康状態のバロメーターでもあります。

そこで今回は、口臭の原因と予防法について解説します。口臭を気にせず楽しいライフスタイルを送るためにも、自分の口臭の原因を知り、自分に合った改善方法を見つけましょう。

あなたはどのタイプ?口臭の原因は4つ!

口臭には大きくわけて、4つのタイプがあります。

身体の変化とともにおこる「生理的口臭」、食べ物や生活習慣に関連する「嗜好品による口臭」、虫歯や歯周病などのお口の病気が原因でおこる「病的な口臭」、そして、ストレスや不安からおこる「心理的口臭」です。

口臭の原因をセルフチェック

まずはあなたの口臭の原因をチェックしてみましょう。

①.最近、口が渇く感じがして、口臭が気になる
②.起床時に口臭が気になる
③.疲れた時や、運動をした後の口臭が気になる
④.仕事が忙しい、いつも寝不足である
⑤.お酒を飲んだ後、口臭が気になる
⑥.タバコを吸っていて口臭が気になる
⑦.おやつを食べた後、口臭が気になる
⑧.歯茎の腫れや出血があり、口臭が気になる
⑨.虫歯があり、被せ物が外れてしまったが、放置している
⑩.口臭があるような気がして、不安がある

①~④にチェックが多い人は、1.生理的口臭へ
⑤~⑥にチェックがある人は、2.嗜好品による口臭へ
⑦~⑨にチェックがある人は、3.病的な口臭へ
⑩にチェックがある人は、4.心理的口臭へ

その他にも、矯正治療中やブリッジなどの被せ物を入れいる人に起こる口臭などがあります。それぞれの口臭の原因について、解説していきます。

1.生理的口臭タイプの原因と対策

1-1.加齢からくる口臭

年齢と口臭には関連があるといわれています。

これは、年をとるにつれ、ホルモンバランスの変化による、唾液量の減少が原因の一つと考えられています。
唾液の量が少なくなり、お口の中が乾燥していると、唾液の役割の「浄化作用」が十分に発揮されず、お口の中に住む細菌が繁殖しやすくなります。

そして、細菌が増殖すると、お口の中の環境は悪くなり、汚れもたまりやすくなりますので口臭を感じるようになるといわれています。

自分の唾液の状態をチェックすることもできます。唾液検査について詳しくは、「虫歯/歯周病のリスクが分かる唾液検査で効果的な予防対策!」をご覧ください。

【対策】お口の乾燥を防ぐ

普段からお口の中が乾燥している人は、口臭の原因になっている可能性がありますので、お口が乾燥しないように工夫をしましょう。

例えば、砂糖不使用のキシリトールタブレットを持ち歩き、気になる時に食べればお口の乾燥を防ぎ虫歯予防にも効果的です。

また、水分をこまめに摂るなどの工夫をすれば、お口の乾燥を防ぐことで口臭の原因を減らすことができるでしょう。

キシリトールタブレット

キシリトールについて、詳しくは「虫歯予防に役立つ!キシリトールの効果的な食べ方と選び方」をご覧ください。

1-2.寝起きの口臭

寝ている時は、唾液の量が減少します。

その結果、寝ている間にお口の中の細菌が増殖し、汚れが溜まりやすい環境になるため、朝起きた時に口臭を感じることがあります。

これは一時的な口臭で、朝起きて歯磨きをして、汚れを取り除けば口臭はなくなります。

【対策】寝る前の歯磨きを徹底

寝起きの口臭を減らしたい場合は、寝る前の歯磨きを十分に行うことです。

また、洗口剤やデンタルフロス(糸ようじ)を併用することで、寝るまえのお口の中の汚れをきれいに取り除くことで、寝起きの口臭を軽減することができます。

寝起きの口臭対策について、。詳しくは「なんとかしたい!特にキツイ寝起きの口臭はこれで解決」をご覧ください。

1-3.ストレス

ストレスと口臭の関係性には2つの原因があると言われてります。

ひとつは、ストレスによって、唾液の量が減少することで、唾液の役割の「浄化作用」が十分に発揮されず、細菌が増殖し口臭の原因となります。
もう一つは、ストレスによる胃の痛みからくる、食欲の低下や胃酸が原因で酸味のある口臭が発生すると言われています。

【対策】ストレスの原因を取り除く

ストレス性の口臭の場合の対策は、まずは、ストレスの原因となっていることを取り除くことを優先しましょう。

歯磨きや洗口剤を使うことも一つですが、それは一時的な対処療法ですので、大元の原因であるストレスを改善することが大切です。

2.嗜好品による口臭タイプの原因と対策

2-1.炭水化物(糖質の摂取)

炭水化物や糖質(お菓子やジュース)を頻繁に摂取している場合、お口の中が常に、虫歯になりやすい状況になり、お口の中の汚れも溜まりやすい状況になります。

特に、時間を決めないでダラダラとジュースを飲んだり、アメをダラダラと食べる習慣がある人は、虫歯菌の活動を高めている状態になり、口臭の原因になっていることがあります。

【対策】

お菓子やジュースを摂取する頻度を少なくすることが大切です。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!