無意識の歯ぎしりで歯がボロボロに!マウスピースで歯を守る

予防と知識

お口の治療


000

無意識にしてしまう歯ぎしりに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
歯ぎしりは寝ている時に無意識にしてしまうので、意識的に自分で止めることは不可能です。また、自分では気付いていないという事も多いと言われています。
歯ぎしりを長く続けていると歯が削れ、割れてしまったり、顎のズレや肩こり、偏頭痛など全身に様々な悪影響を及ぼすこともあります。
今回は、歯ぎしりを減らして歯や歯茎を守るマウスピース治療をご紹介いたします。
歯ぎしりで悩まれている方はぜひ参考にしてください。

1. 歯ぎしりとは

主に寝ている間に起こる歯と歯の接触によるもので、一定以上の強さ、回数でさまざまな悪影響のでているものです。

1-1. 歯ぎしりの種類

1-1-1. グランディング

上下の歯を「ギリギリ」と横に擦り合わせるタイプのもので、歯ぎしりの中で最もよく見られるものです。

bruxism0011

1-1-2. クレンチング

音をたてず、歯をずらさずに強く噛みしめる無意識のくいしばりです。
日中無意識に歯を食いしばっているときはこのクレンチングが多いです。

bruxism0031

1-1-3. タッピング

上下の歯を「カチカチ」と打ち鳴らすタイプの歯ぎしりで、あまり見られないものです。

bruxism002

1-2. 歯ぎしりの原因

詳しくは解明されていないが、遺伝的なもの、ストレスによるもの、飲食、喫煙、カフェイン、薬剤の副作用など睡眠を浅くする要因によるものではないかと考えられています。

1-2-1. ストレスによるもの

現代社会はストレス社会を言われており、ストレスなく生活することは難しい時代です。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!