無意識の歯ぎしりで歯がボロボロに!マウスピースで歯を守る

予防と知識

お口の治療


000

無意識にしてしまう歯ぎしりに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
歯ぎしりは寝ている時に無意識にしてしまうので、意識的に自分で止めることは不可能です。また、自分では気付いていないという事も多いと言われています。
歯ぎしりを長く続けていると歯が削れ、割れてしまったり、顎のズレや肩こり、偏頭痛など全身に様々な悪影響を及ぼすこともあります。
今回は、歯ぎしりを減らして歯や歯茎を守るマウスピース治療をご紹介いたします。
歯ぎしりで悩まれている方はぜひ参考にしてください。

1. 歯ぎしりとは

主に寝ている間に起こる歯と歯の接触によるもので、一定以上の強さ、回数でさまざまな悪影響のでているものです。

1-1. 歯ぎしりの種類

1-1-1. グランディング

上下の歯を「ギリギリ」と横に擦り合わせるタイプのもので、歯ぎしりの中で最もよく見られるものです。

bruxism0011

1-1-2. クレンチング

音をたてず、歯をずらさずに強く噛みしめる無意識のくいしばりです。
日中無意識に歯を食いしばっているときはこのクレンチングが多いです。

bruxism0031

1-1-3. タッピング

上下の歯を「カチカチ」と打ち鳴らすタイプの歯ぎしりで、あまり見られないものです。

bruxism002

1-2. 歯ぎしりの原因

詳しくは解明されていないが、遺伝的なもの、ストレスによるもの、飲食、喫煙、カフェイン、薬剤の副作用など睡眠を浅くする要因によるものではないかと考えられています。

1-2-1. ストレスによるもの

現代社会はストレス社会を言われており、ストレスなく生活することは難しい時代です。

歯ぎしりを起こしてしまう人は日頃うまくストレスを発散させることができず、溜め込んだストレスを睡眠中に発散させるために歯ぎしりをしてしまうと言われています。

また、入学、引っ越し、結婚など環境の変化も歯ぎしりの要因と考えられています。

1-2-2. 浅い睡眠

ぐっすり眠れる深い睡眠の時には筋肉の動きは抑制されます。

しかし、浅い睡眠時には抑制がとけ、咬筋が動き、歯ぎしりが起こると言われています。

飲酒、喫煙、カフェイン、睡眠薬などは睡眠を浅くする要因とされていますし、睡眠時無呼吸症候群などもその一つです。

1-2-3. 歯列接触癖 TCH(Tooth Contacting Habit)

上下の歯を持続的に接触させる癖のことで、日中の癖が睡眠中に歯ぎしりの要因になるといわれています。

日中、通常は上の歯と下の歯とが接触する時間は20分前後と言われています。

摂食時にも実際には食べ物が介在していますし、普段は安静位空隙といって、上の歯と下の歯との間には隙間があります。

1-3. セルフチェックの例

歯ぎしりは自覚症状が少なく、ベットパートナーなどから指摘されるケースが多いです。

そこで次にご自身でチェックすることのできる項目をいくつか挙げてみまるので、参考にしてみて下さい。

一つでもあれば歯ぎしりをしているのかもしれません。

1.起床時、顎が疲れている、だるい
2.肩凝り、偏頭痛が多い
3.歯にひびがある。すり減っている。犬歯がとがっておらず、丸まっている
4.口を閉じてリラックスした状態で上下の奥歯どおしがくっつく
5.パソコン、ゴルフなど集中している時に無意識に咬みしめている
6.顎や舌に咬んだ痕、線(圧痕)がついている
7.歯がしみやすく、知覚過敏がある
8.下の顎の内側に骨の出っ張り(骨隆起)がある

2. 歯ぎしりが及ぼす影響

睡眠中の歯ぎしりの際の咬む力は、日中意識して思い切り咬みしめた力より大きく、さまざまな悪影響がでます。

2-1. 歯がすりへる、削れる、欠ける、歯の根が割れる

歯ぎしりにより歯と歯が強く接触、こすれるため、症状としては知覚過敏、咬むと痛いなど・・
悪化することにより、歯の神経、歯を失うことにもなりかねません。

2-2. インプラント、セラミックが欠ける。被せ物がすりへる

せっかく高い費用をかけ入れた補綴物の寿命を短くすることになりかねないのです。

2-3. 歯がゆらされることにより、歯肉のやせ、歯周病になる

001

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!