ブリッジの治療費用っていくらかかる?保険診療と自費診療

歯の治療

入れ歯 ブリッジ


00

抜歯した後の治療法について、費用の面で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?抜歯した後の治療方法には、ブリッジのほかにインプラント、入れ歯という方法があります。

その中のブリッジとは、抜歯したところを前後の歯で支え人口の歯で補う治療です。その際、前後の歯を少し削ることになります。ブリッジにした場合の治療費は、保険適用となるか保険適用外(自由診療)かによって大きく違ってきます。

ここでは、ブリッジ治療にかかる費用、保険適用となる条件について詳しく説明していますので参考にしてください。

1. 保険適用となる場合のブリッジ治療費

保険適応にはいつくか条件がありますが、初診から治療完了までトータルの費用は、だいたい前歯の欠損本数が1本であれば約21,000円が相場です。

奥歯の1本欠損の場合は約11、000円になります。前歯の方が高くなるのは、保険適応で白い歯に出来るからです。それらにつきましては後ほど詳しく説明していきます。

治療回数は最短で約2~3回通院します。(1回目歯を削る→2回目型取り→3回目装着)
ただし、状態や歯科医院の治療方法によって異なる場合があります。

01
※ 前歯・奥歯2本は連続である場合の設定です。あくまでも目安となります。
※ ブリッジ一本プラスとなるごとに料金は+5000円が相場です。

1-1. 適用となる歯・条件

保険が適応するには、ブリッジの本数・位置、材質が制限されています。まずはブリッジの本数・位置についてお話します。

【保険適応ブリッジの本数・位置】
02
前歯4本連続欠損の場合、上の歯:保険不適応 下の歯:保険適応

※ 6番・7番欠損の場合、8番目の親知らずが綺麗に生えている場合は、4番・5番・8番を支台の歯としなければならない。(つまり歯を削る量が多くなります)
※ 最後の歯が欠損の場合は保険不適応(支台となる歯がないのでブリッジに適さない。)

04

延長ブリッジですが、延長ブリッジという人口の歯が最端についた構造の物もあり、こちらは最後の歯が欠損してしまった場合でもブリッジを適応することができます。

保険適応では、7番目の歯が欠損した場合適応可能です。その場合には、前の5・6番目の歯が支台となります。

以上の条件をクリアしていても支台となる歯の状態により保険不適応になる場合もあります。

1-2. 適用となる素材

保険適応でも場所によっては白い歯のブリッジを入れることも可能です。白い歯のブリッジを適用できる歯は、前から3番目の歯(犬歯)までの前歯です。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!