ブリッジの治療費用っていくらかかる?保険診療と自費診療

歯の治療

入れ歯 ブリッジ


00

抜歯した後の治療法について、費用の面で悩んでいる方も多いのではないでしょうか?抜歯した後の治療方法には、ブリッジのほかにインプラント、入れ歯という方法があります。

その中のブリッジとは、抜歯したところを前後の歯で支え人口の歯で補う治療です。その際、前後の歯を少し削ることになります。ブリッジにした場合の治療費は、保険適用となるか保険適用外(自由診療)かによって大きく違ってきます。

ここでは、ブリッジ治療にかかる費用、保険適用となる条件について詳しく説明していますので参考にしてください。

1. 保険適用となる場合のブリッジ治療費

保険適応にはいつくか条件がありますが、初診から治療完了までトータルの費用は、だいたい前歯の欠損本数が1本であれば約21,000円が相場です。

奥歯の1本欠損の場合は約11、000円になります。前歯の方が高くなるのは、保険適応で白い歯に出来るからです。それらにつきましては後ほど詳しく説明していきます。

治療回数は最短で約2~3回通院します。(1回目歯を削る→2回目型取り→3回目装着)
ただし、状態や歯科医院の治療方法によって異なる場合があります。

01
※ 前歯・奥歯2本は連続である場合の設定です。あくまでも目安となります。
※ ブリッジ一本プラスとなるごとに料金は+5000円が相場です。

1-1. 適用となる歯・条件

保険が適応するには、ブリッジの本数・位置、材質が制限されています。まずはブリッジの本数・位置についてお話します。

【保険適応ブリッジの本数・位置】
02
前歯4本連続欠損の場合、上の歯:保険不適応 下の歯:保険適応

※ 6番・7番欠損の場合、8番目の親知らずが綺麗に生えている場合は、4番・5番・8番を支台の歯としなければならない。(つまり歯を削る量が多くなります)
※ 最後の歯が欠損の場合は保険不適応(支台となる歯がないのでブリッジに適さない。)

04

延長ブリッジですが、延長ブリッジという人口の歯が最端についた構造の物もあり、こちらは最後の歯が欠損してしまった場合でもブリッジを適応することができます。

保険適応では、7番目の歯が欠損した場合適応可能です。その場合には、前の5・6番目の歯が支台となります。

以上の条件をクリアしていても支台となる歯の状態により保険不適応になる場合もあります。

1-2. 適用となる素材

保険適応でも場所によっては白い歯のブリッジを入れることも可能です。白い歯のブリッジを適用できる歯は、前から3番目の歯(犬歯)までの前歯です。

ここで適応する白い歯の素材は硬質レジン前装冠といい、プラスチックを固くしたようなものになります。そして4番目以降の奥歯は銀色の金属のかぶせ物になります。

奥歯に白いブリッジを入れたい場合は自費診療となります。

1-3. 費用総額の相場

欠損歯1本のブリッジ費用総額の相場は約11,000円~21,000千円です。内訳は以下にまとめます。

03

1-4. 治療後にかかる費用(メンテナンス費用)

ブリッジを入れただけで終わりではありません。長持ちさせるためには、その後のメインテナンスが必要不可欠です。メインテナンスの料金は約1000〜3000円です(3割負担)。

状態にもよりますが、だいたい6カ月に1度検診と歯のクリーニングを受ける事をお勧めします。

1-5. 費用に関する注意点

ブリッジの支台となる歯は殆どクラウンという被せ物をします。

その時、神経がある歯であると歯がしみてしまうため神経を抜く事があります。

そうすると神経の治療もしなければならない為、費用も変わってくることがあります。

2.保険適用とならない場合(自費)のブリッジ治療費

保険適応とならない場合は自費診療となります。ですので歯科医院によって金額は異なります。ここではだいたいの相場としてまとめます。

自費診療のブリッジの金額は初診から治療完了までトータル15万〜30万といわれています。この場合は1本の欠損で3連結の場合の金額です。またブリッジの本数が1本増えるごとに料金も変わってきます。そして材質によっても金額は異なります。

【おおよその自費ブリッジの金額】
05

ブリッジは隣の支台の歯を含めても最低3本は必要です。ハイブリッドで3本連結の場合5万×3本=15万、オールセラミックで12万×3本=36万となります。

連結本数が増えるごとに各種本数分金額をプラスしたのが目安となります。

2-1. 自費となる歯・条件

保険が適応とならない場合、自費診療の選択となります。たとえば3番(犬歯)が欠損した場合、支台としてかかる歯は2番と4番となります。

この場合前歯(3番まで)は白い歯にできますが、奥歯は金属になるのですべて白にしたい場合は自費診療となります。

2-2. 歯科ブリッジの素材

自費ブリッジは人口の歯の素材を選択する事ができます。

種類はハイブリッドセラミック(プラスチック)・メタルボンド・オールセラミック・ゴールドがあります。特徴も様々で、金額も異なってきます。

ハイブリットセラミックはセラミックよりは安価ですが、プラスチックなでのすり減りやすい材質となります。金属アレルギーなどを心配される方、見た目を重視する方は、金属のないハイブリッドセラミック、又はオールセラミックなどがよいでしょう。

2-3. 費用総額の相場

自費の欠損歯1本のブリッジ費用総額の相場は約5万〜15万です。

この金額はブリッジの本体のみの金額であり、そのほかの診査料、治療費は含まれておりません。

また、現在歯科治療では、混合治療という保険診療と自費診療が混ざった治療は禁止されております。これは一つの歯、一つの病名に対しての一連の治療に対し保険外と保険が混合されることを言います。

つまりブリッジの被せ物だけ自費診療で診査や隣の歯の治療保険で行うことはできないのです。そうなると、上記のブリッジの金額+診査料・治療費が加算されます。

1本欠損した場合のブリッジのだいたいの総額は46万〜51万円です。内訳を以下にまとめます。

06

2-4. 治療後にかかる費用(メンテナンス費用)

自費のメインテナンスはだいたい5000〜10000円です。期間は約3、4ヶ月に1回です。内容は前回からの異常がないかチェックをし、PMTCという専門家による歯のクリーニングを受けます。

それにより、ブリッジを長く保つ事やその他の歯の健康の維持にも繋がるので受けることをおすすめします。

2-5. 費用に関する注意点

歯科治療は一般的に混合治療は認められておりません。

例えば、前から4番目の歯は笑った時に見えてしまうので白い被せ物にして、5・6番目の歯はあまり見えないので保険の金属で作ろう!というような事はできません。費用も歯科医院によって様々ですのでお問い合わせしてみるとよいでしょう。

また、自費のブリッジには保証期間が規定せれておらず、こちらも歯科医院によってことなります。だいたい3〜5年というのが一般的です。ですが、保証自体ないところもあるそうなので事前に確認しておきましょう。

3. ブリッジ以外の治療法との費用の比較

失った歯を補う治療法は3つあります。

  1. 1つ目がブリッジ。
  2. 2つ目は入れ歯。
  3. 3つ目はインプラントです(状態によって適応されない場合もあります)

保険の入れ歯の相場は約5.000円~13.000円で作ることができます(1本欠損)。自費ですと種類や大きさによってことなりますが最低でも10万以上はかかってくるでしょう。

インプラントは約30万〜40万が相場です。どの選択肢もメッリト・デメリットがありますので、それぞれご自身にあった方法を考えてみると良いと思います。

07

まとめ

ブリッジは保険適応の条件が複雑であり、保険の条件も更新される場合があります。

まずはなにを基準にするかを決め考えてみるとよいと思います。金額を重視するのであれば、まず保険が適応するのかどうかチェックしましょう。そこで保険が適応しない場合はブリッジを入れるより入れ歯やインプラントを入れる方が安価になる場合もあります。

見た目を重視するのであればセラミックやメタルボンドが良いでしょう。体にやさしいものを考えているのであれば、ゴールドが一番良いと思います。本記事を参考にし、歯科医院に相談してみて下さい。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!