今すぐ歯医者に!虫歯を治療途中に放置したら起きる事

予防と知識

虫歯


00

痛みがなくなった、出張や転勤で行けなくなった、など様々な理由で歯医者へ行けずに治療途中の虫歯をそのまま放置している方も多いのではないでしょうか。

治療途中の虫歯を放置しておくと、どうなってしまうのか?

治療段階別にその後の歯の状態や治療期間、治療費なども合わせてまとめてみます。このような状態にある方はなるべく早く歯医者で治療を再開することをお勧めします。

1.虫歯の治療途中に放置すると起こること

1-1.小さな被せ物の治療中に放置している場合

型取りまでして、次回被せを入れる状態で治療を放置していると、最初に仮止めしている材料が外れ歯がしみるようになります。

虫歯の部分は削っているのでその状態では虫歯がありませんが、長くその状態が続くと穴の部分に汚れがたまり、すぐに虫歯になってしまいます。

歯は削っている部分が露出していると外部からの刺激への抵抗も少なくなり、きれいに歯磨きをしていても他の歯よりも虫歯になるリスクが高いため、しみるといった症状がでた場合には虫歯が進行している可能性が高いです。

また、そのまま放置していると両隣りの歯が傾いてくることがあり、せっかく型取りをして作った被せ物ももう一度やり直しになります。

放置している期間が1ヶ月程度なら、虫歯の再発もなく被せをいれることができるケースもありますが、2ヶ月以上経過している場合は、歯の形を修正して、型取りをやり直すことになるケースが多いです。

1-1

〈再治療の内容〉
歯の形を修正(削る)→もう一度型取り→次回来院時に被せる。
痛みがひどく、虫歯が進行している場合は神経を取る治療をすることもあります。
その場合の治療期間の目安は2ヶ月程度です。治療内容が変わりますので、医療費もかかります。

1-2.大きな被せ物の治療中に放置している場合

神経を残す治療途中のケース

大きな被せ物を入れる前に治療を放置してしまったら、痛みがない場合は早く受診すると、被せを物を入れることができるかもしれません。

放置期間が2か月以内で痛みがなく、仮の歯が入っている状態であれば、そのまま被せ物を入れることができる可能性はあります。(状態にもよりますので、確実ではありません)

仮の歯が外れてしまい、2ヶ月以上空いている場合は、両隣りの歯が傾いてきている可能性があります。もう一度、歯の形を修正して、型取りをやり直すことになるケースが多いです。

また、痛みがでている場合は、歯の根の部分に膿がたまっている可能性も考えられます。その場合は、神経を取る処置をする必要性がありますので、期間も治療費もかかります。

神経を取った後の状態のケース

痛みがでてきている場合は、根の部分にばい菌が入り、膿がたまっているかもしれません。
その場合は、もう一度神経の管の再治療になります。

1-2-2

〈通院の目安〉
痛みがなく、2ヶ月以上空いていなければ1、2回。
痛みがあり、神経の処置が必要な場合は、2ヶ月程度(状態により異なります)

1-3.歯の神経を取り除く治療中に放置している場合

歯の神経を取り除き、「数回消毒にきてください」と言われて、治療を中断した場合、神経をとっているので、痛みはでることがない場合が多いです。

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!