今すぐ歯医者へ/虫歯を放置していると起こる危険な症状

予防と知識

虫歯


00

虫歯になっているとわかっているけれど、なかなか歯医者へ行けずそのまま放置してしまっている…という方も多いのではないでしょうか。

気になってはいるものの、痛みが出てもすぐに治まる場合「まぁ、そんなに支障はないから大丈夫かなぁ」と放置してしまいがちです。それである日突然強い痛みに襲われて、慌てて歯医者さんに駆け込むというのもよく聞く話です。

また、痛みがなくても虫歯は徐々に進行していき、治療に余計な費用と時間がかかることもあります。

今回は虫歯を放置しておくとどんなことが起こるのか、またどんな治療になるかについて痛みの程度や症状ごとに段階をおって解説します。

知らないでいて後悔をすることにならないように、ぜひこの機会に虫歯を放置する危険性を知ってください。

また、自覚症状がある場合はすぐに歯科を受診するようにしてください。

スポンサードリンク

1.冷たいものがしみる〈虫歯危険度1〉

まずは頻繁に冷たいものが浸みるようになります。

最初は短期的な症状ですが、虫歯が大きくなるにつれて症状が継続的なものに変化していきます。

そのまま放置していると、今度は熱いものまで浸みるようになります。

治療

虫歯の部分を削って治療をするだけで治る可能性が高いです。
虫歯の大きさにもよりますが、症状だけでみると神経を残して治療ができる可能性が高い状態です。

A:虫歯の部分を削って型取りをして、次回来院時、銀の詰め物を入れて治療完了

B:虫歯の部分を削って白い詰め物を硬化させ、その日のうちに治療が完了

※虫歯の状態によってことなります。
※虫歯の状態によって麻酔が必要です。
※治療期間の目安:2週間

2.熱いものがしみる〈虫歯危険度2〉

虫歯を放置し続けていると、熱いものがしみたり痛みを感じたりするようになります。

虫歯の穴も徐々に大きくなり、食べ物も詰まりやすくなります。

痛みは数分続くこともあり、症状が出ている時間が長ければ長いほど虫歯の進行は進んでいるといえるでしょう。

治療

神経を取る治療を行う可能性が高くなります。その場合、麻酔祖使用します。

A:虫歯の部分を削って型取りをして、銀の詰め物で治療完了

B:虫歯の部分を削って歯の神経を残す処置をして、再来院。
状態がよければ型取りをして、次回来院時、銀の詰め物を入れて治療完了

C:虫歯が神経に達する大きさの場合は、神経を取る処置をします。
神経の管の消毒に数回通院し、神経の管に薬剤を入れるなど数回の治療が必要です。

※虫歯の状態によってことなります。
※麻酔が必要です。
※治療期間の目安:2週間〜2ヶ月

3.噛み合わせると痛みがでる〈虫歯危険度3〉

痛みにより無意識に偏った噛み方をするなどの原因で、噛み合わせが変わり痛みが出る場合があります。また虫歯は進行して歯が欠けることもあります。

歯自体にでる痛み、歯の根っこあたりでうずく痛み、顎の関節の痛みなど、痛みの種類はさまざまです。

治療

A:歯自体に痛みがある場合
虫歯の状態により治療を行います。神経を残せる治療、神経をとる治療など。

B:歯の根っこあたりでうずく痛みがある場合
噛み合わせからくる痛みで歯の根っこあたりに痛みを感じる場合は、根っこの周りに炎症がおきている可能性があります。レントゲン撮影などを行い、状態によっては歯の神経をとる治療になる場合があります。

C:顎の関節の痛みがある場合
虫歯の治療と並行して、顎関節痛の治療が必要になる場合があります。
症状によっては噛み合わせの調整で治ることもありますし、長期間にわたる顎関節の治療になる場合もあります。

※長期間の通院が必要です。
※治療期間の目安:2ヶ月〜6ヶ月

4.大きな穴があき、歯が欠ける〈虫歯危険度4〉

虫歯が進行すると、小さな穴から大きな穴へと広がり、歯が欠けてしまいます。

見た目は小さな穴に見えても、そのまま歯の深部へ虫歯が進行した場合には歯の中で虫歯が充満し、いずれ歯がごっそりと欠けてしまいます。

歯が欠けて、欠けた部分が鋭利な状態になっていると頬や舌を傷つけてしまったり、食べにくい状態にもなり歯以外にも悪影響が広がります。

4

治療

歯の欠けている大きさによって内容がことなります。

A:欠けている箇所が小さい場合
虫歯の部分を削って型取りをして、銀の詰め物で治療完了。

B:欠けている箇所が大きい場合
B-1虫歯の部分を削って歯の神経を残す処置をして、再来院。
状態がよければ型取りをして、次回来院時、銀の詰め物を入れて治療完了

B-2:虫歯が神経に達する場合は、神経を取る処置をします。
神経の管の消毒に数回通院し、神経の管に薬剤を入れるなど数回の治療が必要です。

※虫歯の状態によってことなります。
※麻酔が必要です。
※治療期間の目安:2週間〜6ヶ月
※長期間の通院が必要な場合があります。

5.虫歯が神経まで達して激痛がおこる〈虫歯危険度5〉

冷たいものや熱いものでしみたり、痛みを感じたのち虫歯が進行し、激痛がおこります。

一時的に、冷たいものや熱いもので痛みを感じなくなる事もあり、「治ったのかな?」と思いがちですが、一度虫歯になった歯は小さなものは別として自然に治ることはありません。

虫歯が神経まで達した時は、今までには経験したことのないような痛みがあり、痛み止めを飲んでも効かないほどとも言われています。

また、よくある話ですが、そういう時に限って日曜日で歯科医院が閉まっていたり、深夜遅くに痛みが出始めたりすると、薬も効かない状態で痛みを堪えなくてはなりません。

5

治療

A:虫歯が神経に達する大きさの場合は、神経を取る処置をします。
神経の管の消毒に数回通院し、神経の管に薬剤を入れるなど数回の治療が必要です。

B:虫歯が大きく歯の形状がない場合は、抜歯することもあります。
抜歯後は、両となりの歯をつなぎ合わせるブリッジやインプラントなどの治療を行います。

※虫歯の状態によってことなります。
※麻酔が必要です。
※長期間の通院が必要です。
※治療期間の目安:2ヶ月〜

6.気づかない間に顎の骨の中に膿が溜まる〈虫歯危険度5〉

痛みが全く出ない状態で虫歯が進行し、顎の中に膿が溜まってしまうことがあります。

神経に達した時に痛みを感じるものの、神経が「壊死」を起こすまで我慢できる程度の痛みですむこともあります。そのまま放置して神経が壊死すると痛みは感じなくなりますが、虫歯はさらに進行します。

そうすると虫歯菌が歯の神経の管を通り、歯の周りの骨にまで感染を起こし、膿が溜まるのです。

6

治療

A:膿を取り除くために神経を取る処置をします。
膿のたまった神経の管を消毒するために数回通院し、神経の管に薬剤を入れるなど治療には数ヶ月必要です。

B:虫歯が大きく、膿の状態が改善しないと診断された場合は、抜歯をすることもあります。
抜歯後は、両隣の歯をつなぎ合わせるブリッジやインプラントなどの治療を行います。

※治療内容は、虫歯の状態、歯科医師の判断によってことなります。
※麻酔が必要です。
※長期間の通院が必要です。
※治療期間の目安:2ヶ月〜

7.肩こりや疲労感など全身に影響を及ぼす

虫歯に関連して状態が悪化していくと、肩こりや首の疲れなどの疲労感を感じることがあると言われています。

虫歯が直接関係していることもありますが、多くは虫歯があることによるストレスや、噛み合わせのバランスが崩れることなどから症状がでることが考えられています。

まとめ

痛みはあるがすぐに治まる、たまに痛みがでてくるなどの症状がある人は、虫歯危険度に関係なく早めに歯科医院を受診しましょう。

虫歯は症状がでていなくても、進行していきますので、次に痛みがでた時は前回よりも悪化していることが考えられます。症状を何度も繰り返している人は、神経まで達している大きな虫歯になっている可能性もあります。放置する期間が長いほど、治療にかかる期間も長くなります。

不安だなと思ったら早めに受診することで、治療も早く終えることができます。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!