今すぐ歯医者へ/虫歯を放置していると起こる危険な症状

予防と知識

虫歯


00

虫歯になっているとわかっているけれど、なかなか歯医者へ行けずそのまま放置してしまっている…という方も多いのではないでしょうか。

気になってはいるものの、痛みが出てもすぐに治まる場合「まぁ、そんなに支障はないから大丈夫かなぁ」と放置してしまいがちです。それである日突然強い痛みに襲われて、慌てて歯医者さんに駆け込むというのもよく聞く話です。

また、痛みがなくても虫歯は徐々に進行していき、治療に余計な費用と時間がかかることもあります。

今回は虫歯を放置しておくとどんなことが起こるのか、またどんな治療になるかについて痛みの程度や症状ごとに段階をおって解説します。

知らないでいて後悔をすることにならないように、ぜひこの機会に虫歯を放置する危険性を知ってください。

また、自覚症状がある場合はすぐに歯科を受診するようにしてください。

1.冷たいものがしみる〈虫歯危険度1〉

まずは頻繁に冷たいものが浸みるようになります。

最初は短期的な症状ですが、虫歯が大きくなるにつれて症状が継続的なものに変化していきます。

そのまま放置していると、今度は熱いものまで浸みるようになります。

治療

虫歯の部分を削って治療をするだけで治る可能性が高いです。
虫歯の大きさにもよりますが、症状だけでみると神経を残して治療ができる可能性が高い状態です。

A:虫歯の部分を削って型取りをして、次回来院時、銀の詰め物を入れて治療完了

B:虫歯の部分を削って白い詰め物を硬化させ、その日のうちに治療が完了

※虫歯の状態によってことなります。
※虫歯の状態によって麻酔が必要です。
※治療期間の目安:2週間

2.熱いものがしみる〈虫歯危険度2〉

虫歯を放置し続けていると、熱いものがしみたり痛みを感じたりするようになります。

虫歯の穴も徐々に大きくなり、食べ物も詰まりやすくなります。

痛みは数分続くこともあり、症状が出ている時間が長ければ長いほど虫歯の進行は進んでいるといえるでしょう。

治療

神経を取る治療を行う可能性が高くなります。その場合、麻酔祖使用します。

A:虫歯の部分を削って型取りをして、銀の詰め物で治療完了

B:虫歯の部分を削って歯の神経を残す処置をして、再来院。
状態がよければ型取りをして、次回来院時、銀の詰め物を入れて治療完了

C:虫歯が神経に達する大きさの場合は、神経を取る処置をします。
神経の管の消毒に数回通院し、神経の管に薬剤を入れるなど数回の治療が必要です。

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!