奥歯の抜歯に関する不安を解決!費用、痛み、その後の治療

予防と知識

お口の治療


shutterstock_215625895

奥歯を抜歯することになった場合、費用や痛み、その後の治療などを詳しく知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。
奥歯は他の歯にくらべ磨きにくいためケアが難しく、治療も困難で、寿命が最も短い歯といわれています。
しかし、奥歯には大切な役割があるため、抜歯した後そのままにしておくと噛む力が半減するだけではなく、噛み合わせが悪くなる事で顔や体のバランスが崩れて様々なトラブルを起こすこともあります。
今回は、奥歯の抜歯に関することから抜歯後の治療方法まで詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

1.奥歯の抜歯

1-1.奥歯の抜歯の痛み

奥歯の抜歯は他の歯よりも様々な条件が重なり、痛みを感じやすい場合があります。

抜歯直後に麻酔が切れてから痛みが出ても、通常は1週間ほどすると、歯ぐきの痛みや腫れも軽減してきます。

しかし、歯が斜めに生えていたり虫歯が進行しているなどの悪条件が重なると、痛みや腫れが続くこともあります。

奥歯の抜歯の痛みについて、詳しくは「奥歯を抜歯する時と抜歯した後の痛みの原因と軽くする方法」をご覧ください。

1-2.抜歯の時間

抜歯にかかる時間は、臼歯の場合で30分から1時間を目安に予約の時間を取る医院が多いです。

ただし、大きな虫歯になっていたり、斜めに生えていたり、半分埋まっているような場合は、時間がかかることもあります。

また、お口の開き具合や顎の状態によっても、ゆっくりと休みながら抜歯を行うこともありますので、状況によっても異なります。

1-3.抜歯後

親知らずであれば、特別な理由がない限りは、抜歯した後の治療やかぶせ物を入れる必要性はありません。

親知らず以外の歯を抜歯した場合は、代わりとなる歯を入れるための治療が必要です。

2.抜歯の料金

抜歯手術には保険が適用されます。1歯につき保険点数が決まっています。

例えば、奥歯の抜歯であれば臼歯になるので、260点の保険点数になります。保険制度で3割負担だとすると奥歯の抜歯1本につき780円の医療費となります。

ただし、抜歯の場合は、歯を抜く以外にもお薬の処方や、前処置、レントゲン撮影、麻酔など別の処置や処方があるため、窓口で負担する際には抜歯の料金以外にもプラスの医療費がかかることが通常です。

%ef%bc%93

3.抜歯の手順(普通抜歯の場合)

3-1.レントゲン撮影

まずは、奥歯の抜歯の前に回りの歯の状態や歯を支えている骨の状態、歯の周辺の神経の管の状態などを確認します。

3-2.麻酔

麻酔の前には、抜歯する歯の周辺のお口の中の汚れをきれいに取り除きます。できるだけ清潔な状態にして抜歯をすることで、抜歯後の感染から守ることができます。

麻酔には、注射の針の痛みを軽減するために、歯茎の表面に麻酔のジェルやスプレーを塗布する表面麻酔があります。

まずは表面に麻酔をします。その後、局所麻酔を行い、抜歯する歯の周辺に少しづつ麻酔をおこなっていきます。

3-3.抜歯

麻酔が効いたのを確認して、抜歯を行います。

まず最初は、歯と骨の間にある膜(歯根膜)を剥がす作業があります。専用の器具を使って、歯と膜を剥がすことでスムーズに抜歯が行えます。

膜が剥がれたら、抜歯を行います。ペンチのような専用の器具を使って抜きます。

3-4.洗浄

抜歯をした穴の部分に細菌などのどろどろとした血液のかたまりや腐敗した粘膜の組織などがある場合は、取り除き洗浄をします。

その後、穴が大きい場合は、歯茎を縫い合わせて穴を塞ぎます。
縫い合わせをしない場合は、穴の中に抗生剤のスポンジを入れたり、止血用のスポンジをいれたりして中に汚れが入り込まないようにして、傷口の直りをまちます。

3-5.止血

抜歯をした後は、縫い合わせをしても出血が続きます。

そのため、早く止血するように抜歯後診療室で、ガーゼを5分ほど噛んでもらう必要があります。

その後も出血が続くようなら、自宅へ帰るまでの時間に30分ほどカーゼを噛んでもらうように説明することもあります。

3-6.消毒(翌日)

抜歯をした次の日は必ず医院で消毒を行います。そのため、抜歯した次の日も来院できる日程で予約を確認しておきましょう。

止血しているかどうか、感染がないかどうか、腫れや痛みでお困りでないかなどを確認しながら消毒を行います。

3-7.抜糸(1週間後)

抜歯から約1週間から2週間の間で糸を取ります。

その後、約3ヶ月から半年で穴が塞がってきます。

4.奥歯の抜歯後、そのままにしておくとどうなるか

4-1.歯が伸びてくる

奥歯の抜歯で下の歯を抜歯したあとに、そのまま放置していると、上の歯が伸びてくることがあります。

歯は噛み合わせている状態で一定の位置を保っているため、下の歯を抜いてそのままにしておくと、上の歯は噛み合わせがないので、そのまま伸びてくる状態になります。

そうなると、他の歯の噛み合わせにも不具合が起こったり、食事が取りにくくなったりすることがあります。

4-2.歯が倒れてくる

奥歯を抜いてそのまま放置していると、隣の歯が倒れて斜めになることがあります。

歯と歯は隣あわせであることによって、位置を保っています。そため、隣の歯がなくなったりすると、定位置に保つことができなくなり、斜めに倒れてきます。

そうすると、歯磨きが難しくなり汚れが溜まりやすくなったり、全体の噛み合わせに影響がでたりします。

5.奥歯抜歯後の治療

5-1.インプラント

インプラントは、抜歯した歯のあとにチタンなどでできたネジを埋め込んで土台にして人工の歯を装着する治療です。

他の歯を削ることはありませんが、歯を支えている骨の状態や歯周病や全身疾患の有無などきちんと診査したうえでインプラントが適正かどうかを確認する必要があります。

歯を支えている骨の確保が十分にない場合などは、インプラント治療は難しいこともあります。

インプラントについて、詳しくは「専門医が教える!インプラントの寿命と長持ちさせるポイント」をご覧ください。

5-2.ブリッジ

奥歯でも真ん中あたりの歯を抜歯した時は、隣同士の歯をつなぎ合わせるブリッジという被せ物で治療する方法があります。

この場合、健康な歯を被せ物を入れるために削って形を整える必要があります。

ブリッジについて、詳しくは「ブリッジの治療費用っていくらかかる?保険診療と自費診療」をご覧ください。

5-3.延長ブリッジ

ブリッジの中でも、一番後ろの歯を抜歯した時に適応されるのが延長ブリッジです。

1本の歯を被せ物の形に合わせて削り、被せます。その時にダミーの歯を連結させた状態で被せ物を作り、噛み合わせの確保を行うのが延長ブリッジです。

5-4.入れ歯

昔からの治療方法で入れ歯を入れる治療法もあります。歯を1本抜歯した場合にも入れ歯は適応され、1本義歯といいます。

他の歯を削ることもなく、骨の密度などの影響が少なく、入れ歯を使うことができます。
また、取り外しが可能なので、入れ歯を清潔に保つことも容易です。

入れ歯について、詳しくは「相場はいくら?入れ歯の費用を保険適用と適用外で解説」をご覧ください。

6.これ以上、奥歯が虫歯にならないための磨き方

6-1.奥歯から磨く

奥歯の虫歯が気になる人や、奥歯が虫歯になりやすいと言われてた方は、歯磨きの最初の部位を奥歯と決めて磨くことをおすすめします。

まずは、自分のお口の中でもリスクのある部位から磨き始めることで、集中して時間をかけて丁寧に磨ける可能性が高くなります。

歯の磨き方について、詳しくは「プロが教える!正しい歯の磨き方をお口の状態別に徹底解説」をご覧ください。

6-2.ワンタフトブラシを使う

奥歯で歯ブラシが届きにくい部位には、ワンタフトブラシがおすすめです。

特に奥歯は噛み合わせの面や奥歯の後ろ部分が磨き残しが多く、虫歯にもなりやすいと言われています。
ワンタフトブラシでポイント磨きをすることで、奥歯の虫歯予防を積極的に行いましょう。

%ef%bc%97

ワンタフトブラシについて、詳しくは「磨き残しゼロのおすすめツール!ワンタフトブラシのすべて」をご覧ください。

まとめ

奥歯を抜歯するのには、さまざまな原因がありますが、できれば抜歯しなければいけないような状態になる前に、歯を虫歯や歯周病から守りたいですよね。
今回は、奥歯の抜歯をした時の治療や治療時間について、そして、抜歯後の被せ物について解説をしました。
抜歯の後は、そのまま放置しないで、適切な治療を受け、その後虫歯や歯周病を繰り返さないように定期的に歯科医院で予防のためのメインテナンスを受けましょう。

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!