いつから?どのように?赤ちゃんの歯磨きを成長順に徹底解説

予防と知識

予防歯科


「いつから始めてあげればいいの?」、「どんな道具があるの?」「やってはいけないことはあるの?」と疑問に感じたり不安な点も多いと思います。まだ自分では歯磨きをすることができない赤ちゃんのうちは、大人がしっかりケアしてあげ、それを習慣づけさせることが大切です。それに、赤ちゃんもいきなり口の中に慣れない異物(歯ブラシ)が入ってくると反射的に嫌がります。そこで、赤ちゃんの歯の成長に合わせた歯磨きの方法を詳しく紹介します。

1. 最初の乳歯が生えたら歯磨きスタート(目安は6か月~1歳)

個人差はありますが乳歯が生え始めるのが生後6か月から9か月頃です。
まずはブラッシングよりもトレーニング、スキンシップから始めましょう。

1-1. まずは湿らせたガーゼを使う

乳歯が生えたからといって初めから歯ブラシでゴシゴシする必要はありません。お口周りはとてもとても敏感なので初めから歯ブラシをすると拒否反応を起こしやすいので、できたら歯が生え始める前からお口周りを触るようなマッサージをして慣らしておくのも効果的です。

1-2. まずは短い時間で磨く

歯垢(プラーク)を取るのも目的ですが、歯を磨くという行為に慣れてもらうことが一番の目的なので嫌がるところに時間をかけてする必要はありません。スキンシップの一環として一日のうち機嫌のよいときに始めましょう。

1-3. シンプルなデザインのものを選ぶ

まずは湿らせたガーゼからとお話しましたが、お口の中に歯ブラシをいれるトレーニングや歯固めを目的としてゴム製の歯ブラシで怪我や事故を予防する為に飾りの少ないものを選びましょう。のど突き防止プレート付きのもの等、安全安心に使えるものがよいでしょう。

01

販売:株式会社Combi
商品名:テテオ はじめて歯みがき STEP1
価格:480円(+税)

1-4. 無理に磨く事はしない

哺乳の時期はお口周りがとても敏感です。初めから歯ブラシでゴシゴシすると拒否反応を起こしやすいです。まず赤ちゃん自身以外の人に触れられる事になれてもらうよう、お口周りを触るスキンシップを兼ねたトレーニングから始めましょう。

2. 上下の前歯が4本ずつ生えたら本格的な歯磨き習慣のスタート(目安は1歳)

1歳を過ぎて上下の前歯が4本ずつ生えたら、歯ブラシを使った本格的な口腔ケアを習慣化させていきましょう。

2-1. 年齢にあった乳児用歯ブラシを選ぶ

1歳前後の乳児用歯ブラシは一般的にブラシの部分が小さく、毛の長さも短くなっています。乳歯は永久歯に比べ小さく、お口の中も狭いのでブラシは小さめの方が磨きやすいです。ご家族の方が仕上げで使いやすいように持ち手が長いものもよいでしょう。
仕上げの際は寝かせ磨きで、力加減はなるべく優しく。また歯磨きを毎日の習慣として受け入れやすくする為にもご家族が歯磨きしているところを見せてあげるのもよいでしょう。

2-2. 長時間磨く必要はありません。

歯磨きは嫌な事と思わせないように無理やり押さえつけて磨く必要はありません。かといって磨かないのではなく歯を磨く事は気持ち良い事と思ってもらえるように少しずつ馴らしましょう。歌をうたうなど楽しい時間である事を演出する事も効果的です。

2-3. 成長に合った歯ブラシを選びましょう

市販のものなら0歳から3歳用や乳歯期用と書いてあるものを選びましょう。歯科医院で購入する場合は、お子さんの年齢を伝えて乳歯萌出期用など年齢を考慮した歯ブラシを選んでもらうとよいでしょう。ブラシの固さはなるべく固くなく柔らかめのものを選ぶことも痛がらせないポイントです。

2-4. 歯磨きを楽しみましょう

歯を磨いてくれるご家族の表情などお子さんはとても敏感です。ご家族で楽しく気持ちよく歯磨きを習慣化させましょう。一緒に歯磨きをしたり、音楽に合わせて歯を磨くことを楽しむと習慣化していきます。

3. 虫歯リスクが高まる奥歯が生えるころは磨き方を変える(目安は1歳半)

1歳半むかえる頃には乳臼歯が生え始めます。この頃にはお子さん自身が歯ブラシを持ってお口に入れて磨く事が理解できているとよいですね。上手に磨けなくてもまずはお子さんに自分磨きをしてもらいその後に仕上げをするようにしましょう。

3-1. 使いやすく嫌がりにくい歯ブラシ

あまり硬めの歯ブラシだと痛がりやすく痛がってなかなか上手に磨けないので柔らかめで持ち手は握りやすく太めのもの、毛先はフラットでギザギザしていないものが効率よく磨けます。

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!