赤ちゃんが歯磨きを嫌がる/悪化させず好きにするための方法

予防と知識

その他


00

赤ちゃんが歯磨きを泣いて嫌がる。それに困っている方も多いのではないでしょうか。歯磨きは大切なことだけれど、赤ちゃんに泣いて嫌がられると毎日の歯磨きタイムが辛い時間になってしまいますよね。

その悩みを解消するために、今回はこれ以上赤ちゃんの歯磨き嫌いを悪化させないための心得、さらに赤ちゃんが歯磨き好きになる工夫を紹介させていただきます。

スポンサードリンク

1. “歯磨き嫌いを悪化させない”ための心得

1-1. 強い力でゴシゴシ磨かない

赤ちゃんのお口の中はとてもデリケート。泣いて嫌がるから急いで磨かなきゃ・・・と慌てて力いっぱいゴシゴシ磨くのは絶対にNG。痛い思いをすると赤ちゃんは余計に歯磨き嫌いになってしまいます。

ポイントは、歯ブラシを鉛筆をもつように握り、磨くことです。そうすることで力が入りにくくなります。ママさんの手の甲を歯ブラシで磨いてみて痛くない程度が適度な力です。

1-2. 怖い顔で磨かない

嫌がる赤ちゃんを前に、しっかり磨かなきゃ・・と眉間にしわを寄せて磨いていませんか?怖い顔で歯磨きされている赤ちゃんは、まるでお仕置きでもされているような気持ちになってしまいます。笑顔で声をかけながら、磨くことを心がけてください。

1-3. 歯磨きを“やらないといけないもの”から“スキンシップのひとつ”と捉える

歯磨きを親子のスキンシップとして笑顔で、やさしく、お歌を歌いながら行うことができたら、歯磨きタイムが楽しくなります。まずは歯磨きをするママ自身が、歯磨きを“楽しむ”ことが大切です。

2.  痛くない歯磨きの基本

2-1. 歯ブラシ選び

赤ちゃんのお口の中はとてもデリケート。やさしく磨ける毛がやわらかい歯ブラシを選びましょう。しっかり汚れを落とすには、毛が短くてコシがあり、毛束が密集している歯ブラシが適切です。

<オススメ>

01
タフト17(PS)/(株)オーラルケア  価格119円

2-2. 歯ブラシの持ち方と動かし方

歯ブラシはペングリップ(鉛筆持ち)で持つと、細かい動きが容易にできます。

磨く時の力加減は、ママさんの手の甲を歯ブラシで磨いてみて痛くない程度。歯ブラシを持つ指の爪が白くなっているようだと、力の入れすぎです。

できるだけ小さいストローク(幅)でやさしく動かします。歯の表面に対し直角に当てることが汚れを効率よく落とすポイントなので、歯の形をよく観察しながら磨きましょう。汚れを落とすためには、1か所20回ずつ磨きます。

2-3. 磨き方のポイント

2-3-1 . 上の前歯を磨くとき 

上の前歯の付け根には、上唇小体と呼ばれる粘膜のスジがあります。これに歯ブラシが当たるとすごく痛いので、反対の手の指でガードしながら磨きましょう。

2-3-2. 上の奥歯を磨くとき 

寝かせ磨きの姿勢からは見えづらい場所なので、時々違う角度からチェックしましょう。

2-3-3. 下の前歯を磨くとき

下の前歯の裏側はスペースが狭いので、歯ブラシを縦にして歯を1本ずつ磨きましょう。

2-3-4. 下の奥歯を磨くとき

奥歯の溝は、むし歯になりやすい場所です。また、溝が深くて歯ブラシの毛先が届かない場合があります。奥歯が生えてきたら毛束の小さなワンタフトブラシを使って磨くのがおすすめ。

02
プラウト/(株)オーラルケア 価格330円

3. “赤ちゃんが歯磨き好きになる”工夫

3-1. 歯磨きの姿勢に慣れる

寝かせ磨きが磨きやすいですが、この姿勢に慣れていない赤ちゃんはこの姿勢するだけで泣いて嫌がってしまいます。まずは普段慣れている姿勢(横抱きなど)で磨いてみましょう。また、普段から寝かせ磨きの姿勢で遊んでみたりして、この姿勢に慣れるようにしましょう。

03
(写真:寝かせ磨き:小児歯科学会より引用)

3-2. 笑顔で・やさしく・ていねいに

歯磨き嫌いの赤ちゃんは泣いて嫌がるかもしれません。ですがそんな時こそ、笑顔で・やさしく・ていねいに磨くことを心がけましょう。

3-3. “歯磨きは楽しい”と思うような雰囲気づくり

3-3-1. 歯磨きしながらお歌を歌う

赤ちゃんが好きなお歌を歌いながら磨きましょう。はみがきじょうずかな(NHK)や、はなかっぱ(NHK)のエンディング曲は歯磨きの歌なのでおすすめです。もちろんママさんのオリジナル曲もOK!

05 06

3-3-2. 歯磨きしている姿を見せる

ママさんや家族が楽しそうに歯磨きしている姿を見せ、「気持ちいいよ~」「ピカピカだよ~」と赤ちゃんに話しかけましょう。

はみがきじょうずかな(NHK)を見せながら磨くのも効果的。

3-3-3. 一緒に磨く

赤ちゃんに歯ブラシを持たせ、歯ブラシを一緒に持ちながらゆっくり磨いてみましょう。「シュシュシュシュ」そして時々「こちょこちょ」などと言って強弱をつけると喜びます。

3-3-4. 赤ちゃんに手鏡を持たせる

寝かせ磨きの姿勢で赤ちゃんに手鏡を持たせ、歯磨きの様子を見せながら磨きます。
しまじろうのはみがきミラー(こどもちゃれんじ)を持ちながらだと磨けるという赤ちゃんもいます。

04

3-3-5. 変装グッズの活用

マスクやおもしろメガネなどのグッズを活用するのも効果的です。

ママさんがかけて、演出してみましょう。100円ショップでも売っているので、いくつか揃えておくと歯磨きタイムが楽しくなります。

3-4. 必ず褒める

「上手にできたね!」「すごいね!」「気持ちよかったね!」「ピカピカになったね!」など、終わった後は必ず褒めてあげましょう。

まとめ

歯磨き好きな赤ちゃんは、なぜ歯磨きが好きなのか。その理由がさまざまです。上手に出来たらパパにほめてもらえるから、ママがお歌を歌ってくれるからかもしれません。

普段はできないけど、はみがきじょうずかな(NHK)を見ながらだと上手に磨ける子もいます。

毎日の歯磨きタイムが、“泣いて嫌がる辛い時間”ではなく、“笑顔で楽しいスキンシップの時間”になるよう、色々試してみましょう。

辰巳 光世
Author:辰巳 光世(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!