赤ちゃんに虫歯をうつさないために知っておくべき4つのこと

予防と知識

予防歯科


00

「赤ちゃんにむし歯がうつる」と聞いて不安になる方も多いのではないでしょうか。

むし歯の経験が多いお母さんほど、「赤ちゃんをむし歯にしたくない…」と思いますよね。虫歯は虫歯の原因菌による感染症です。虫歯菌を持った人のだ液から感染してしまうのです。

そこで今回は、むし歯がどのようにしてうつるのか、赤ちゃんにむし歯をうつさないための予防法とをお伝えします。ぜひ参考にしてみてください。

1.どのように赤ちゃんにむし歯がうつるのか

1-1.むし歯ではなく「むし歯菌」がうつる

「赤ちゃんにむし歯がうつる」ということは広く知られるようになってきていますが、正確には赤ちゃんにむし歯‟菌“がうつるのです。

もともと赤ちゃんのお口の中にはむし歯の原因菌はいません。

赤ちゃんのお口の中にむし歯菌が感染することから、むし歯ははじまります。

そしてむし歯菌が感染したあと、食べ物や飲み物の食習慣や歯みがき習慣などによって、むし歯菌の数が増加して、むし歯になりやすい状態になるのです。

musiba_baikin

1-2.唾液から感染する

むし歯菌は、唾液を介してうつると言われています。

お口の中にむし歯菌が住み着いている人が噛み与えやスプーン・食器などを共有したりすることによって、むし歯菌が赤ちゃんのお口にうつってしましまいます。

1-3.キスで感染する?

むし歯菌は唾液を介して感染します。

ですので頬にキスをしたり、スキンシップをする分にはうつることはありません。

過度に過敏になりすぎでスキンシップをしない方がかえってストレスの原因にもなりますので、まずは保育者のお口の中を清潔に保つことを心掛けましょう。

1-4.いちばん多いのは家族内感染

むしば菌感染は基本的には家族内感染です。

お母さんだけでなく、家族みんなからうつる可能性があります。

ただ、赤ちゃんにとって最も身近なお母さんからうつる機会が多いため、一般的に「母子伝播」と表現されています。

保育者のお口の中のむし歯菌が多ければ多いほど、感染の機会が多ければ多いほど、うつりやすいと言われています。

1-5.むし歯は感染しても発症するとは限らない

むし歯は、むし歯菌がうつることにより感染症としてスタートしますが、感染だけで発病するわけではありません。

むし歯菌の存在に加えて間食や歯磨きの習慣など、生活習慣が関わってはじめて発病します。

1-6.赤ちゃんはいつから虫歯になるのか

歯が生え始める生後6か月くらいから、虫歯菌が住みつく可能性があります。

2.むし歯は遺伝するのか

2-1.むし歯のなりやすさは遺伝する

むし歯自体は遺伝しませんが、‟むし歯のなりやすさ“は遺伝するともいえます。

歯並びの影響による歯磨きのしにくさ、歯の質や歯を守るだ液の質や量などの遺伝的な要因はあります。

2-2.むし歯と生活習慣の関係

むし歯菌が多ければ多いほどむし歯になりやすく、お砂糖を含むジュースやおやつをダラダラ食いしたり、歯みがきがきちんとできていないとむし歯になりやすくなります。

ですので、ご家族の方でダラダラ食いの習慣がある場合、きちんとした歯みがき習慣がされていない場合はそれがお子さんに引き継がれる可能性がありますので、家族みんなで良い習慣を身につけていくことが大切です。

3.感染しやすい時期

乳歯の奥歯が生えてくる1歳半頃から3歳頃が一番感染しやすい時期だと言われています。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中にはむし歯菌はいません。

むし歯菌は歯の硬い面に住み着くという特徴があり、大きくて溝が深い奥歯が生えるこの時期は特に気を付けてあげましょう。

また、2歳までに感染した場合、その後のむし歯になりやすさが高くなるとも言われています。

そして、むし歯菌の感染時期が遅ければ遅いほど、虫歯になりにくい体質になります。

まずは2歳までに感染させないことがポイントです。

4.むし歯菌を感染させないための予防法

むし歯菌の感染を防ぐためには周りの大人が気を付けることと、赤ちゃんにしてあげることのふたつがあります。

4-1.まわりの大人にできること

4-1-1.子どもと同じスプーンやおはしを共有しない、噛み与えをしない

だ液を介して赤ちゃんのお口の中にむし歯菌が入るのを防ぎましょう。

キスなどのスキンシップもむし歯菌が多い家族が毎日行っているとむし歯菌をうつしてしまう可能性はあります。ですがそれを気にするあまりスキンシップ不足にならないに気をつけましょう。

4-1-2.歯科医院で歯のクリーニングを定期的に受ける

むし歯があるとさらにうつりやすいと言われているので、むし歯があればまず治療をしましょう。

そして、お口の中のむし歯菌の量を減らすために歯のクリーニングを定期的に受けましょう。

お母さんだけでなく、赤ちゃんと接する周りの家族みんなが受けるのが理想的です。

4-1-3.むし歯菌の量を調べる

むし歯菌の量が多ければ多いほど、赤ちゃんのむし歯菌感染の可能性が高くなります。

お母さんや家族のむし歯菌がどのくらいいるのはを歯医者さんで調べてもらい、うつりやすさをは分かっておくのも大切です。

また、むし歯菌が多かった場合でも、キシリトールガムを食べることで感染しにくくなったという研究結果もあります。

キシリトールガムの効果については【歯科専用のキシリトールガムは効果大/市販品との違いは?】をご覧ください。

4-2.赤ちゃんにしてあげること

4-2-1.砂糖が入った食べ物や飲み物を与えない

お口の中に砂糖がある状態だと、むし歯菌がお口の中に入ってきたときに、歯の表面に住み着きやすくなってしまいます。

砂糖の入った甘いおやつやジュースなどはできるだけ早期に与えるのは控えましょう。

4-2-2.丁寧に歯磨きをする

丁寧に歯磨きをしてお口の中のきれいを保つことは基本です。

また、食後は磨くという習慣を身につけることも大切です。

1001504001

赤ちゃんの歯磨きについて詳しくは【いつから?どのように?赤ちゃんの歯磨きを成長順に徹底解説】をご覧ください。

まとめ

むし歯自体はうつるものではありません。むし歯は「感染症」であり、「生活習慣病」で「むし歯の菌」が感染するものです。

そして、予防することによって防げる病気だということもわかっています。

できるだけ早期にむし歯菌に感染しないように取り組み、良い食習慣・良い歯磨き習慣を行うことで赤ちゃんをむし歯から守りましょう。

辰巳 光世
Author:辰巳 光世(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!