なんとかしたい!特にキツイ寝起きの口臭はこれで解決

予防と知識

予防歯科


shutterstock_261531452_720

朝起きると口臭が気になる、寝起きの口臭を防いでスッキリ朝を迎えという方も多いのではないでしょうか。

寝ている間の口の中は細菌が発生しやすい環境となり、寝起きの口臭は誰にでもある生理的なものです。しかし、寝起きの口臭の原因を知り気を付ければ、ニオイを軽くすることはできます。

今回は、寝起きの口臭の原因と寝起きの口臭を減らすためのポイントについて詳しくまとめてみます。ぜひ、参考にしてください。

1.寝起きの口臭の原因

寝起きの口臭には、いくつかの原因があります。

それぞれ、人間の体の仕組みと関係することと、ご自身の生活習慣に関係するものがあります。

1-1.唾液の分泌が減る

寝ている間は、お口の中の唾液がでる量が減ります。唾液には、お口の中の汚れを流す洗浄効果やお口の中の細菌を繁殖を抑える抗菌作用があります。

寝ている間には、唾液の量は日中の量に比べて3分の1程度です。唾液が減るということは、お口の中の細菌が繁殖しやすい環境になるということ。

なので、寝ている間に繁殖した細菌や磨き残しの汚れが発酵して、寝起きの口臭の原因になっています。

1-2.口内細菌の増加

お口の中の細菌が増えるのは、1−1にあるように、唾液が減ることにより、活発に活動しやすい環境になるためです。

寝る前に歯磨きをしない人は、寝ている間に細菌が繁殖する危険度も高くなります。それは、虫歯にもなりやすいですし歯周病にもなりやすいともいわれています。

寝起きの口臭と関連して細菌が増加する場合は、寝る前の歯磨きをしていない場合が多いでしょう。

1-3.寝る前に歯磨きをしない

口臭の原因の一番は、寝る前に歯磨きをしていないこと。寝ている間に磨き残しの汚れを餌に細菌は繁殖します。

寝ている間は、唾液の量が少なくなりますので、寝る前に歯磨きをしていない人は、寝起きの口臭を感じやすいでしょう。

1-4.舌磨き習慣がない

舌には、「舌苔」という汚れが着きます。少量の舌苔はとくに問題にはならないと言われていますが、寝る前に歯磨きをしているけれど、寝起きの口臭が気になるという方は、舌磨きの習慣がない人かもしれません。

舌の汚れの取り方については「口臭の原因になる舌の汚れ/取り方を歯科衛生士が徹底解説!」をご覧ください。

1-5.飲酒

飲酒も口臭の原因になることが言われています。

「この人、お酒臭い!」電車の中などで、この感覚を経験したことのある人も多いのではないでしょうか。飲酒しない人は、特にアルコールの臭いに敏感だと思います。匂いが酷い時は、飲酒している本人も、臭いのがわかるほどです。

飲酒は口臭の原因といわれていて、アルコールのにおいだけではなく、アルコールを体内で分解する時、「アセトアルデヒド」という悪臭を発する物質を作り出します。

これが、においの原因で、アセトアルデヒドは、血管内に入るため、飲酒者は、汗や呼気、体臭までもアルコール臭いと感じられるのです。当然、寝起きの口臭としても飲酒が原因になる場合は多いです。

寝る前の深酒、歯磨きをしないで寝てしまうなど悪条件が整うと、さらに悪臭の原因になります。

1-6.疲れやストレス

体や心の疲れは、唾液の量を減少させることがわかっています。

日中にでる唾液の量は1~1.5Lでると言われていますが、疲れやストレスを感じている人は自律神経が乱れ、唾液の分泌に支障が出てることがわかっています。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!