なんとかしたい!特にキツイ寝起きの口臭はこれで解決

予防と知識

予防歯科


shutterstock_261531452_720

朝起きると口臭が気になる、寝起きの口臭を防いでスッキリ朝を迎えという方も多いのではないでしょうか。

寝ている間の口の中は細菌が発生しやすい環境となり、寝起きの口臭は誰にでもある生理的なものです。しかし、寝起きの口臭の原因を知り気を付ければ、ニオイを軽くすることはできます。

今回は、寝起きの口臭の原因と寝起きの口臭を減らすためのポイントについて詳しくまとめてみます。ぜひ、参考にしてください。

1.寝起きの口臭の原因

寝起きの口臭には、いくつかの原因があります。

それぞれ、人間の体の仕組みと関係することと、ご自身の生活習慣に関係するものがあります。

1-1.唾液の分泌が減る

寝ている間は、お口の中の唾液がでる量が減ります。唾液には、お口の中の汚れを流す洗浄効果やお口の中の細菌を繁殖を抑える抗菌作用があります。

寝ている間には、唾液の量は日中の量に比べて3分の1程度です。唾液が減るということは、お口の中の細菌が繁殖しやすい環境になるということ。

なので、寝ている間に繁殖した細菌や磨き残しの汚れが発酵して、寝起きの口臭の原因になっています。

1-2.口内細菌の増加

お口の中の細菌が増えるのは、1−1にあるように、唾液が減ることにより、活発に活動しやすい環境になるためです。

寝る前に歯磨きをしない人は、寝ている間に細菌が繁殖する危険度も高くなります。それは、虫歯にもなりやすいですし歯周病にもなりやすいともいわれています。

寝起きの口臭と関連して細菌が増加する場合は、寝る前の歯磨きをしていない場合が多いでしょう。

1-3.寝る前に歯磨きをしない

口臭の原因の一番は、寝る前に歯磨きをしていないこと。寝ている間に磨き残しの汚れを餌に細菌は繁殖します。

寝ている間は、唾液の量が少なくなりますので、寝る前に歯磨きをしていない人は、寝起きの口臭を感じやすいでしょう。

1-4.舌磨き習慣がない

舌には、「舌苔」という汚れが着きます。少量の舌苔はとくに問題にはならないと言われていますが、寝る前に歯磨きをしているけれど、寝起きの口臭が気になるという方は、舌磨きの習慣がない人かもしれません。

舌の汚れの取り方については「口臭の原因になる舌の汚れ/取り方を歯科衛生士が徹底解説!」をご覧ください。

1-5.飲酒

飲酒も口臭の原因になることが言われています。

「この人、お酒臭い!」電車の中などで、この感覚を経験したことのある人も多いのではないでしょうか。飲酒しない人は、特にアルコールの臭いに敏感だと思います。匂いが酷い時は、飲酒している本人も、臭いのがわかるほどです。

飲酒は口臭の原因といわれていて、アルコールのにおいだけではなく、アルコールを体内で分解する時、「アセトアルデヒド」という悪臭を発する物質を作り出します。

これが、においの原因で、アセトアルデヒドは、血管内に入るため、飲酒者は、汗や呼気、体臭までもアルコール臭いと感じられるのです。当然、寝起きの口臭としても飲酒が原因になる場合は多いです。

寝る前の深酒、歯磨きをしないで寝てしまうなど悪条件が整うと、さらに悪臭の原因になります。

1-6.疲れやストレス

体や心の疲れは、唾液の量を減少させることがわかっています。

日中にでる唾液の量は1~1.5Lでると言われていますが、疲れやストレスを感じている人は自律神経が乱れ、唾液の分泌に支障が出てることがわかっています。

普段から疲れを感じる人、ストレスを感じている人は、日中から唾液の量も少なく、寝ている間も当然唾液が少なくなります。

しっかり歯磨きをしている、飲酒もしない、それなのに寝起きの口臭がある人は、体や心の疲れのサインかもしれません。

2.寝起きの口臭の予防方法

寝起きに起こる口臭を完全に無くなることは難しいですが、できるだけ少なくなるようにするための予防方法をまとめてみます。

2-1.寝る前に必ず歯磨きをする

朝、お昼と歯磨きができなくても、必ず寝る前の歯磨きをしましょう。1日1回磨くとしたら、寝る前です。そのくらい、寝る前の歯磨きは大切です。

もし、食後に歯磨きをしているという場合は、その後に何も食べない状態で就寝すれば問題はありません。要は、寝る前のお口の中の状態が清潔な状態かどうかが大切なのです。

飲酒される方は、寝る前の歯磨きを忘れない程度に飲酒を楽しみましょう。

飲酒と歯磨きのタイミングは面倒だと思う前に行うこと。トイレには、面倒でも必ず行くように、歯磨きも面倒でも磨いて寝れるように、トイレの帰りに磨く習慣をつけるとよいでしょう。

2-2.マウスウォッシュを活用する

寝る前の歯磨きと一緒に、殺菌効果があるマウスウォッシュ(洗口剤)を使用することで寝ている間の細菌の繁殖を抑えてくれる効果が期待できます。

おすすめマウスウォッシュ

2-2-1

販売:ハイクロテック メディカル ジャパン株式会社
商品:マウスウォッシュ メデス
成分:次亜塩素酸水(pH6.8)、iメントール、プロピレングリコール、SDS
pH6.8(中性の商品のため、寝る前に使っても安心です)

2-3.フッ素洗を活用する

フッ素には、細菌を抑制する効果があると言われています。

また、虫歯予防効果も期待できますので、虫歯予防と口臭予防の両方の効果を期待したい場合には、就寝前にフッ素洗口をして、お口の中にフッ素が行き渡った状態で就寝することで、口臭予防が期待できます。

おすすめのフッ素洗口剤

3

販売:サンスター(株)
商品:エフコート
価格:1500円

2-4.舌磨きをする

舌磨きの習慣がない人は一度、寝る前の歯磨きの時に、舌磨きも行ってみましょう。

普段のちょっとした習慣を改善するだけでも寝起きの口臭は軽減します。最初は、使っている歯ブラシでそぉっと舌を磨くところから、ぜひ試してみてください。

舌の汚れの原因については、「口臭予防に!舌の汚れができる5つの原因と正しい取り方」

舌の汚れの取り方については「口臭の原因になる舌の汚れ/取り方を歯科衛生士が徹底解説!」をご覧ください。

2-5.ゆっくり休む

疲れやストレスが原因で唾液量が少なくなっていることからくる口臭の可能性が考えられる人は、まずは、ゆっくり体を休めることをおすすめします。

1日、2日休んだからといって、すぐに体調が回復するとは限りませんが、少しリラックスする環境が整うとお口の中の変化にも気づきやすくなると思います。休養をとることは、あくまでも対処療法ですので疲れやストレスの原因を解決する、原因療法を行い、お口の環境を整えていくことをおすすめします。

2-6.起きたらすぐ歯磨き

寝起きのお口の中には、1日のうち一番多く細菌が繁殖しているといわれています。

朝食を取る前、寝起きのお水の前に、まずは歯磨きをして、お口の中の細菌を取り除きましょう。うがいをするだけでも、口臭の原因となる細菌が、ある程度洗い流されますので、まずは寝起きの歯磨き習慣を身につけましょう。

舌に舌苔といわれる白いコケのような汚れが付いている場合は、朝の舌磨きで口臭なくなりスッキリとした気分になれます。

2-7.栄養補給(朝食)

朝食を摂ると、お口の機能を使うことで唾液が分泌されます。

唾液には、浄化、抗菌作用がありますので、自分の体の機能をきちんと動かすことで朝の口臭をリセットすることができます!

洗口剤に頼らなくても、きちんと食事を摂ることで体もお口も健康な状態を保つことができます。朝ごはんを食べていない人は、お口の機能を使うことを意識してみてください。

3.その他に考えられる口臭の原因

寝起きに限らず、口臭の原因になる可能性のあることは多くあります。

口臭の原因になる虫歯や歯周病を放置している人は、寝起きに口臭を感じることでしょう。

3-1.虫歯

虫歯を放置している人は、寝起きに限らず口臭の原因になります。

虫歯の周りには、汚れもたまりやすく古い汚れがたまっている場合があります。古い汚れは、お口の中で発酵し匂いの原因となります。

3-2.歯周病

歯周病に関係する細菌のいくつかの菌種は毒素(悪臭)を出します。

この毒素はひどい人では、普段の会話や満員電車でも感じるほどの口臭です。寝ている間に、唾液の働きがない状態であれば、歯周病の人はさらに寝起きの口臭を悪臭に感じることもあるでしょう。

3-3.口腔乾燥

唾液が少なくなる症状で口腔乾燥症(シェーグレン症候群)があります。

睡眠時の唾液の減少やストレスや疲れによるものはとは違い、臓器に特異的に発症する自己免疫疾患の一つで中年女性に多く現れるといわれています。涙腺と唾液腺を中心に、全身の臓器の病気を伴う全身性の自己免疫疾患です。

唾液が少ない、目が乾く(ドライアイ)の症状が長く続いている方は、内科受診をおすすめします。

お口の乾燥によるトラブルについて、詳しくは 「口の渇きが原因でおきるトラブル!簡単にできる対処法を紹介」をご覧ください。

3-4.過度な運動による水分不足

水分を長時間飲まずに、過度な運動を続けることで起こる水分不足による口臭があります。

スポーツジムで運動をしている時も水分補給をしない場合としてる場合とでは、運動後のお口の乾きや口臭にも大きく差がでます。運動中は、こまめに水分を取ることで、体にもお口にも良い環境で体を動かしましょう。

但し、水分補給はお水やお茶にして、スポーツドリンクやジュースなどの糖分が入っているものはお口の健康のためにも控えましょう。

5.まとめ

寝起きの口臭の原因はさまざまです。

対処できるもありますし、原因をしっかり把握して直していく場合もあります。

今の生活習慣で当てはまることがあり、改善できそうなことがあれば実践してみてください。

病的な口臭の原因かな?と不安に感じる方は、自分で判断せず内科や歯科を受診し相談してみてください。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する


関連記事

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!