放置すると怖い!歯の根の病気、根尖性歯周炎の症状と治療法

予防と知識

痛み


shutterstock_504248896

虫歯を放置して、噛むと痛みが出たり歯茎が腫れるなどの症状で心配な方も多いのではないでしょうか。

根尖性歯周炎は、虫歯が進行して歯の根の先端まで達して炎症を起こしてしまうことをいいます。
全く痛みがない場まま進行する合もあれば、夜も眠れないほど痛みがでたり、歯茎に穴が開くこともあり症状は様々です。

そこで今回は根尖性歯周炎の症状や治療法について詳しく解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

1.根尖性歯周炎(こんせんせいししゅうえん)とは

虫歯が進行して、細菌が歯の根の先から周りの組織に達して炎症を起こしている状態をいいます。

歯の内部には歯髄と呼ばれる神経などが集まる組織が存在しています。この歯髄は、口の中とつながらないように、外側をエナメル質や象牙質に守られています。(図1)

しかし、むし歯が進行して歯が溶けたり、歯が割れてしまうなどして、歯髄と口の中が交通してしまうと、歯髄は細菌に感染して汚れ、腐ってしまいます。

すると、歯の内部は細菌だらけになり、根の先の外側に飛び出します。

その結果、根の先の周りでは炎症が起こります。この状態が“根尖性歯周炎”と呼ばれる病気です。(図2,3)

また、根尖性歯周炎は、歯の根の周りを取り囲む”歯根膜”と呼ばれる組織に起こる炎症である”歯根膜炎”のうちの一つです。

1
図1:歯の内部にある歯髄(一世出版より引用)

3
図2:根の先の炎症

4

図3:歯髄が腐り、歯の内部が腐っている状態。根の先には炎症が起きている。

歯根膜炎について、詳しくは「これって虫歯?噛むと痛い!歯根膜炎の原因と治療法を解説」をご覧ください。

2.根尖性歯周炎の症状

・痛みがないこともある。
・物を噛む、歯をたたくなど刺激が加わると痛みが出たり、違和感がある。
・歯茎が腫れる。
・夜も眠れないほど痛い。
・歯茎に、歯の根に溜まった膿の出口の穴ができる(瘻孔:ろうこう)

14
図:歯茎が腫れおできのようなものっができている(瘻孔)

このように強い痛みを感じる場合もあれば、まったく症状がない場合もあり、歯根膜炎には様々な症状があります。

瘻孔:ろうこうについて、詳しくは「放置しても治らない!歯茎のできもの、フィステルの治療法」をご覧ください。

3.根尖性歯周炎の治療法

根の先から外側に飛び出している歯の内部の細菌を取り除き、きれいにします。

さらに、そのきれいになった状態を保つために根の内部に薬をつめ、細菌が入らないよう蓋をします。

この一連の治療を根管治療と呼びます。ここでは、どのような方法で歯の内部から汚れを取り除き、どのようにきれいな状態を保つのかを説明します。

3-1.機械的な除去(やすりがけ)

歯の根の内部にある管を、リーマー、ファイルと呼ばれるドリルのような器具で大きくします。

この操作により、管の内部の細菌に感染している部分を、やすりがけするようにこすり取っていきます。

5
図:リーマー、ファイルと呼ばれる道具

6
図:根の内部を、やすりがけしている最中。

3-2.根管内洗浄(根の内部を、殺菌作用のある薬で良く洗う)

やすりがけで取り除けなかった細菌を取り除くため、殺菌作用のある液体でよく洗い流します。

7
図:根の内部を洗い流している最中。

3-3.根管内貼薬(根の内部に、残った汚れを溶かす薬を入れる)

根の内部をやすりがけしてよく洗い流すと、汚れは95%以上取り除くことができますが、それでも残ってしまう汚れをさらに取り除くために、次の治療までの間、汚れを取り除くような効果のある薬を根の内部に入れておきます。

8
図:根の内部に汚れを取り除く薬を入れている。

3-4.根管充填(根の内部の空洞をつめる)

汚れを取り除いた後、きれいになった根の内部には空洞が残ります。

この空洞を塞ぐために、最終的な薬をつめます(3-3で示した薬とは別のもの)。これが根管充填です。

9
図:根の内部に最終的な薬をつめている最中の写真。オレンジ色のものが最終的な薬。

10
図:根管充填する前のレントゲン写真。根の内部には何も入っていません。

11
図:根管充填の後のレントゲン写真。根の内部に白く写る薬が入っています。

3-5.歯冠補綴(土台とかぶせ物)

根管治療の終わった歯は、土台を立て、かぶせ物をする必要があります。

せっかくきれいにした根の内部に、また細菌が感染するのを防ぐために、可能な限り歯にフィットしたかぶせものを装着します。

また、かぶせものが歯から取れないように、しっかりとした土台の立てることは、治療した歯の寿命を延ばすためにはとても重要です。

4.根管治療で治らない場合~歯根端切除術~

根の内部の汚れを取り除く根管治療。しかし、複雑な形をしている根の内部の細菌を取り切ることができず、根尖性歯周炎が治らない場合があります。

そのような場合には、根の先を取り除く手術の歯根端切除術が必要となります。ここでは、歯根端切除術の流れをご説明致します。

4-1.診査

レントゲン写真を撮影し、治療する歯の状態を把握します。

必要があればCT撮影を行い、3次元的な画像からより詳しい診査を行います。

13
図:根管治療の必要な歯のレントゲン写真

4-2.麻酔

術中の痛みを避けるため、麻酔を行います。通常よりも多くの麻酔薬を使用します。

4-3.切開、剥離

歯茎の内側にある根の先にアプローチするために歯茎にメスを入れ、剥離します。

15
図:歯茎にメスを入れ、剥離した内部。炎症で骨が溶け、根の表面に汚れが付いているのがわかります。

4-4.根の先の切断

根の先の状態を把握したあと、汚れのついている部分を切断します。

16
図:根の先を切断しているところ

4-5.薬を詰める

切断したあとの根を確認したあと、根の裏側から薬を詰めます。

19
図:根の裏側から薬(MTAセメント)を入れているところの写真。

4-6.縫合

メスを入れた歯茎を縫い合わせます。

4-7.抜糸

3日から1週間後、縫い合わせた糸を取り除きます。

20
図:左の図では黒く抜けている部分が、右の図では白く埋まっているのがわかります。
汚れを取り除くことができ、炎症が治まり骨が再生しているのがわかります。

5.根尖性歯周炎の治療、根管治療の難しさ

根尖性歯周炎を治すための根管治療は、炎症を起こす原因となっている根の内部の細菌を消毒し、取り除く治療を行います。

根管治療は、日常的に一般の歯科医院で行われていますが、口の中にある小さな歯のさらに内部の汚れを取り除くことは、非常に困難であり、実は多くの歯科医が苦手としている非常に難しい治療です。

そこで、根管治療の成功率を向上させるには、いくつかのポイントがあります。

根管治療の失敗を防ぐ方法について、詳しくは「根管治療の成否で歯の寿命が変わる!失敗再治療を防ぐ方法」をご覧ください。

6.根尖性歯周炎を放置すると

根尖性歯周炎は汚れによる炎症です。この状態を放置すると、その汚れは血管に乗り、全身へと回ります。

すると、さまざまな臓器で、なんらかの問題が起こる可能性もあります。

また、症状が全くない場合でも、疲れがたまり免疫力が下がると、その炎症は激痛へと変わることもあります。

歯科医院に行き、レントゲン写真の撮影などをしないと見つからない場合がほとんどですので、歯科医院での定期的な検診をお薦め致します。

まとめ

根尖性歯周炎にかかるだけの汚れは、歯にとっては”進行ガン”と言っても過言ではありません。

ガンの治療が人間の生死に関わるように、根管治療は歯の寿命に大きく関わります。人間は一生食事をします。一生噛み続けますが、それは歯がないとできません。

食事が難しくなる他に、噛むことができなくなると脳に刺激が届きにくくなるため、痴呆にもなりやすかったり、噛めなくなることに唾液の量が少なくなり、最終的にはドライマウスになり、肺炎で亡くなる可能性が高まります。それほど、歯は大切な命に関わる臓器です。

もし、不幸なことに根尖性歯周炎に罹ってしまった場合には、その病気のことを十分に理解し、いくらお金と時間がかかっても、根管治療の得意な歯科医師の治療を受けるようにしましょう。

 

Author:柳沢 哲秀 (歯科医師/東京都調布市 柳沢歯科医院)

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!