虫歯予防に効果的な歯磨き粉はどれ?選び方とオススメを紹介

予防と知識

予防歯科


数ある歯磨き粉の中から、虫歯予防に効果のある歯磨き粉を選ぶには何を基準にしたらいいのか迷う方も多いのではないでしょうか。虫歯予防は、歯ブラシの技術も必要ですが、虫歯予防に効果のある成分配合の歯磨き粉を選ぶことで症状の軽減や予防対策のひとつになるといえます。

今回は虫歯予防に焦点をあてた歯磨き粉の選び方についてご紹介していきます。

1.  医薬部外品の歯磨き粉を選ぶ

歯磨き粉には大きく分けて「医薬部外品」と「化粧品」の2種類ありますが、虫歯予防の効果を期待する場合には、医薬部外品の歯磨き粉を選びましょう。

医薬部外品の歯磨き粉は薬用成分が配合されている歯磨き粉で、フッ素が配合されていて、虫歯予防に効果的です。また、炎症を抑える働きもあるため、歯茎の腫れや虫歯の症状がでている人におすすめです。

薬用歯磨き粉として認められている薬用成分は、歯磨き粉に掲載されている薬用成分を参考にしてください。

効能・効果 該当成分 主な薬用成分(代表例) 配合濃度(%)
むし歯の発生及び進行の予防 13成分 フッ化ナトリウム
モノフルオロリン酸ナトリウム
0.02~0.21
0.07~0.76
歯周炎(歯槽膿漏)の予防 20成分 ε―アミノカプロン酸
グリチルリチン酸
β―グリチルレチン酸
塩化ナトリウム
酢酸dl―α―トコフェロール
0.006~0.2
0.01~0.22
0.0063~0.2
5.0~
0.05~1.0
歯肉炎の予防 35成分 イソプロピルメチルフェノール
塩化セチルピリジニウム
トリクロサン
アスコルビン酸
0.02~0.1
0.01~0.05
0.02
0.01~
歯石の沈着を防ぐ 7成分 ゼオライト
無水ピロリン酸ナトリウム
リン酸三ナトリウム
ポリリン酸ナトリウム
1.0~
0.1~
0.01~
0.01~
口臭の防止 35成分 ラウロイルサルコシンナトリウム
銅クロロフィリンナトリウム
ヒノキチオール
塩化リゾチーム
0.1~0.5
0.005~0.15
0.01~0.2
0.05~4.0
タバコのヤニ除去 15成分 ポリエチレングリコール
ポリビニルピロリドン
ポリリン酸ナトリウム
0.5~
0.05~
0.01~

(ライオン株式会社 HPより引用)

2. フッ素の入った歯磨き粉を選ぶ

2-1. 市販の90%以上がフッ素配合の歯磨き粉

現在、市場に出回っている歯磨き粉の90%がフッ化物配合なので手軽にフッ化物を利用できるようになってきました。フッ化物配合歯磨剤は医薬部外品として位置付けされます。配合フッ化物は「フッ化ナトリウム(NaF)、フッ化スズ(SnF2)、モノフルオロリン酸ナトリウム(MFP) の3種類が承認されていますが濃度は日本の薬事法で1000ppm(0.1%)以下と規定されています。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!