銀歯があるなら要確認!アマルガムの危険性と除去方法

予防と知識

お口の治療


水銀は微粒子になって、あるいは蒸気になって放散します。そのため除去する時は防護が必要になります。

口腔内に複数のアマルガムがあった場合はゆっくりと2週間ほど間をあけて除去していくと一度に大量の水銀が体内に入り中毒を起こす危険性を少なくすることができるでしょう。

4-2. 抵抗力をつけて中毒を抑える

体から水銀を排泄したい場合、同時に体の抵抗力をつけ、毒物による作用を抑える必要があります。

ミネラル、ビタミン、アミノ酸、活性酸化酵素などを摂るのもおすすめです。

4-3. 理想の歯科医院を探す

アマルガムを除去する際には、安全に除去を行っている歯科医院を見つけることが大事です。

除去時に水銀対策をしっかり行うには、

  1. ラバーダムというゴムシートで患部の歯以外を覆う処置をする
  2. 口腔外バキューム等を使い削る際に出る金属塵を出来るだけ減らす
  3. 呼吸器や目の粘膜を水銀のガスから守るため、患者さんの目など全身を覆う
  4. 術者はグローブ、水銀の防毒マスク、ゴーグル、防護服を着用し、自分も守る

最低でもこの4つは必要です。

アマルガム除去のためにしっかりとした歯科医師を見つけることは、容易ではないかもしれません。

水銀を使用しないことが大事だという信念をもっている歯科医師、できるかぎり安全な方法で歯の治療ができる歯科医師、そのような歯科医師をみつけてください。

5. アマルガム除去治療の流れ

5-1. 診療1回目:診査、カウンセリング

初診時にカウンセリングを行います。

お口の中の診査、レントゲン診査、水銀メーターを使いアマルガムの有無を調べます。

カウンセリングではお口の状態の説明やアマルガムの害、どのように安全アマルガムを除去するのかを詳しく説明します。

除去方法に納得したら、同意書を作成します。

5-2. 診療2回目:安全なアマルガム除去

水銀からの害を守るために、解毒サプリを服用し点滴を行いながら除去します。

医院全体で防護対策を行い、安全にアマルガムを除去します。

所要時間は約1時間です。

お口の中にアマルガムが1本の場合は①カウンセリング、②除去の2回の来院で治療ができます。

サイト監修

小野澤 彰(歯科医師)/ 歯科オノザワ院長

  • 1996年 東京歯科大学卒業
  • 1996~1998年 東京医科歯科大学研修医
  • 1998~2002年 大西歯科勤務
  • 2002年4月1日 歯科オノザワ開院

おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!