親知らずが腫れて痛む!すぐにできる応急処置と痛みの原因

予防と知識

痛み

Pocket

00

親知らずが腫れて痛い!と辛い思いをした方も多いのではないでしょうか。

休みの日に急に痛くなったり、抜歯後の痛みが引かない時に自宅でできる痛みの緩和方法について解説します。

※痛みが続く場合は、我慢せずに歯科医院に行きましょう。

スポンサードリンク

1. 急に親知らずが痛み出したとき自宅で出来る応急処置

親知らずが腫れたり、痛みを感じたりした時は、まずは痛みのある場所を冷やしましょう。

1-1. 歯ぐきが腫れていて痛い場合

01

歯ぐきが腫れている場合は、歯が生えかけていて、歯ぐきが押し上げられている時か、歯ぐきの周り汚れが溜まってしまっている原因が考えられます。

対処法

親知らずの周りを清潔に保つことで痛みは落ち着きます。腫れて熱を持っている場合は、頬側から冷やすことで痛みが軽減します。

1-2. 歯が痛い場合

歯に痛みを感じる場合は、虫歯になっている可能性があります。鏡で見て黒くなっていたり、穴が空いているようでしたら虫歯の可能性大です。すぐに歯科医院で診てもらいましょう。

02

また、親知らずの歯ではなく、手前の歯が虫歯になっていることも考えられます。

03

対処法

自宅でできることは、まずは汚れをためないように清潔に保つこと。
痛みがある場合は、刺激を与えないよう、食事をする時は痛みのある側では硬いものなどは控えて食べないようにしましょう。

1-3. 噛むと痛い場合

噛み合わせると痛みを感じる場合は、歯の生え方が斜めに生えてきていたり、歯ぐきを噛んでいたりする場合があります。

鏡をみながら確認して、歯が斜めに生えているようでしたら、歯科医院で相談しましょう。

対処法

歯が斜めに生えてきている時は、汚れが溜まりやすく、歯ぐきの腫れや痛みを引き起こす原因になります。まずは清潔に保つことと、刺激を与えないようにしましょう。食事をする時は痛みのある側では、硬いものなどは食べないように控えましょう。

2. どうしても痛くて我慢できない場合

どうしても痛くて眠れない場合は、市販されている薬を服用してみてください。

歯科医院で処方される成分と同じ成分の薬が市販されています。用量を守って服用して、まずは痛みを緩和しましょう。

04

販売:第一三共ヘルスケア
商品:ロキソニンs
価格:648円

※薬の成分は人によってはアレルギー反応を起こす場合もあります。アレルギー経験のある方や複数の薬を服用している場合は、自己判断で服用することは控え、歯科医師に相談しましょう。休日などでお困りの場合は、休日診療の医院を検索してみてください。

3. 親知らずを抜歯した後の腫れと痛みを抑えるための自宅で出来る応急処置

歯を抜いた後、麻酔が切れると痛みがでる場合があります。

歯科医院で注意事項の説明を守り、痛み止めの薬が処方されている場合は、服用してください。血流がよいと痛みや腫れの原因につながります。腫れていて熱を持っているようでしたら、頬側から冷やすと緩和されます。

抜歯当日、歯科医院での注意事項は、

激しい運動をしない(血流がよくなり、血がとまりにくくなるため)
うがいは抜歯2日目から行う(血の塊を洗い流しすぎると治癒の遅れにつながります)
長湯をしないで、シャワー程度にする
痛みが出る場合は、痛み止めを服用する
抜歯した側は強くごしごしと歯磨きをしない
血が止まらないようでしたらガーゼを噛んで止血する(医院からガーゼをもらっている場合)
飲酒を控える

などです。

注意事項を守れていない場合には、腫れや痛みがでやすいですので、もう一度確認してみてください。

4. 歯科医院での処置

通常は抜歯の翌日に消毒のため歯科医院へ行きます。その際に痛みがある場合は、消毒を行い、状態によってお薬の処方があります。

また、痛みの緩和、治りを早める効果が期待できるレーザー処置なども症状によって行います。歯科医院によって、レーザー治療器は設置している場合とそうでない場合がありますので、かかりつけ医院へ相談してみてください。

4-1. ドライソケット

抜歯後、数日に渡り痛みがある場合は歯科医院へ相談しましょう。

抜歯した部分は穴が空いている状態です。そこに血の塊ができることですこしずつ治っていきます。

その時に、穴の中に血液の塊がまったくない状態ができてしまうと、治りが悪く、痛みがでることがあります。この状態をドライソケットといいます。

※ドライソケットとは
歯を抜いた穴の中に血餅(血の塊)がみられないため、骨が露出した状態になり、痛みの症状が現れることをいいます。

特に親知らずでも下の埋伏歯の抜歯後に症状がでやすいといわれています。歯を抜いた後は、多少の痛みがでますが、ドライソケットの場合は、2~3日後くらいから次第に痛みが強くなっていく症状があります。

その場合は、もう一度麻酔をして、抜歯した穴の部分をもう一度掘り起こし、出血させて閉じる治療が行われます。

そうならないためにも、抜歯後の注意事項をよく守りましょう。

5. 親知らずの腫れや痛みの原因について

5-1. 歯ぐきが腫れていて痛い

歯ぐきが腫れている場合は、歯が生えかけていて歯ぐきが押し上げられている時か、歯ぐきの周り汚れが溜まってしまっている原因が考えられます。

鏡でみると歯が半分くらいしか出ていない。歯茎が盛り上がってきている。そんな状態の時に起こる症状です。

5-2. 歯が痛い

歯に痛みを感じる場合は、虫歯になっている可能性があります。鏡で見て黒くなっていたり、穴が空いていたりするようでしたら、虫歯の可能性大です。すぐに歯科医院で診てもらいましょう。

5-3. 噛むと痛い

噛み合わせると痛みを感じる場合は、歯の生え方が斜めに生えてきていたり、歯ぐきを噛んでいたりする場合があります。鏡をみながら確認して、歯が斜めに生えているようでしたら、歯科医院で相談しましょう。

また、頬に傷ができているようでしたら、頬を噛んで傷になっている痛みの場合もあります。鏡で確認してみましょう。

6. 親知らずが痛む時、絶対にしてはいけないこと

親知らずが痛いとき、ついつい気になって触ってしまうことがありますが、手で触ることでばい菌が入り、痛みが悪化することもあります。

歯ブラシや爪楊枝で触りたくなりますが、炎症が悪化する原因にもなりますので、極力安静にしておくことをお勧めします。

・親知らずを触らない
・親知らずの周りの歯ぐきを触らない
・気になっても舌で触らない
・歯ブラシでつついたりしない
・爪楊枝で触ったりしない

7. そのままにしておくと危険!!

親知らずの痛みを放置しておくと痛みの悪化につながり、大きな虫歯になることもあります。

このくらいの痛みなら大丈夫かな?と自己判断せず、歯科医師に相談しましょう。

7-1. 歯ぐきの痛み

歯ぐきの痛みを放置しておくと炎症が広がり、歯茎から出血する歯周炎を引き起こします。親知らずの周りにおこる症状を知歯周囲炎とよびます。

この状態になると、いざ歯を抜く時に炎症があるため、麻酔が効きにくくなることがあります。

7-2. 歯の痛み

歯の痛みを放置しておくと多くの場合虫歯が大きくなり痛みが増してきます。

歯の神経まで届くような大きな虫歯になると歯がもろくなり、いざ抜歯する時には麻酔も効きにくく、また歯ももろいため抜きにくくなります。

抜歯が痛い、辛いという経験談を聞いたことがあると思いますが、その場合の殆どが虫歯や歯周炎のが悪化した状態まで放置していた方なのです。

7-3. 噛むと痛い

噛むと痛い場合は、頬の粘膜を傷つけていることがあります。同じ場所をなんども噛んでしまい、頬の粘膜の傷が広がり感染症を起こすことがあります。

また、噛み合わせの問題による痛みの場合は、噛み合わせに不具合を感じながらそのまま放置しないようにしましょう。放置していると顎の痛みがでたり、お口が開きにくくなったりと、顎関節症の症状まで進むこともあります。

まとめ

親知らずの痛みは、生え始めの痛みや抜いた後の痛みなど、さまざま症状があります。

歯科医院へ通うことができず、どうしても痛みのある時にご自信の症状にあった対処法をしてみてください。

また、薬の服用に関しては、アレルギー反応などもありますので、市販薬は個人の判断ではなくドラックストアの薬剤師に相談するなどして、自分にあった薬を服用しましょう。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!