白い歯になるための具体的な方法と気をつけるポイント

歯の治療

ホワイトニング

Pocket

photo007

黄ばんでしまった歯を、本来の白い歯にしたいと思う方は多いのではないでしょうか。

歯の白さは人の印象を決める大きなポイントにもなりますし、毎日のセルフケアもしっかり行えば、お口の健康にもつながります。

そこで今回は、白い歯を手に入れるための方法と着色の原因を知って白さを保つ方法をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1. 自宅で歯を白くする方法

1-1. ホワイトニング歯磨き粉を使用する

市販されているホワイトニング歯磨き粉には、一般的に色素を分解する成分と歯の表面に付着したステインやタバコのヤニを磨いて落とす研磨剤の成分が配合されています。

ドラックストアで販売されいるものと、歯科医院で販売されているものがありますのが、医薬部外品に分類されるものは基本成分と薬用成分が含まれています。

悩んでいる方は、かかりつけの歯科医師に相談することをお勧めします。

1-1-1. 市販品

photo007_01
商品名:クリアクリーンホワイトニング アップルカモミール (薬用ハミガキ)
販売:花王
価格:365円

1-1-2. 歯科医院専売品

photo007_02
商品:スーパースマイル
価格:3024円
販売:米国Supersmile社

アメリカの審美学会の会長で歯科医が作ったホワイトニング専用の歯磨き粉【スーパースマイル】がオススメです。

ホワイトニング歯磨き粉について詳しくは「ホワイトニング歯磨き粉おすすめ4選と効果的な使い方をご覧ください。

1-2. 重曹を活用する

重曹でタバコのヤニや着色を落とし、黄ばんだ歯を白くすることが出来ます。

重曹は炭酸水素ナトリウムで食用のベーキングパウダーや炭酸水に含まれる成分です。

そのほか、石鹸やクレンザーとしても使用されていて、漂白効果があると言われています。※食用の商品をお選びください。

2. 歯科医院で行う方法

2-1. ホワイトニング

2-1-1.オフィスホワイトニング

1回の処置で効果が実感できるので、すぐに白くしたい方におすすめ。

専用の高濃度のホワイトニング剤を用いて専門家が施述を行ってくれるので、安全性と効果に期待ができます。

費用は、1回5,000~5万円程度、なお回数や施述内容により異なります。

white7

オフィスホワイトニングについて詳しくは「歯を白くするなら短期間でできるオフィスホワイトニング」をご覧ください。

2-1-2.ホームホワイトニング

即効性はないが、オフィスホワイトニングより白さの持続性は良いです。

ホームホワイトニングは歯科医院で歯型をとってマウスピースを作り、その中に薬剤を入れて自宅で行う方法です。

whitening06

ホームホワイトニングについて詳しくは「自宅で歯を白くする!ホームホワイトニングの始め方」をご覧ください。

2-1-3.デュアルホワイトニング

最短で最も歯を白くするのにおすすめです。

歯科医院や専門クリニックで行うオフィスホワイトニングとホームホワイトニングと併用する方法。

2-2. PMTC

歯科衛生士による歯の清掃のことで、自分で行う歯磨きでは取り切れない着色や汚れ、歯石を専用の機械で除去する方法です。

歯の黄ばみをきれいに除去することで、本来の白い歯に近づけることもでき、虫歯や歯周病予防にもつながります。

費用は、5000円〜 施術の内容により異なります。
photo007_03

2-3. ジェットクリーニング

黄ばみが多く、頑固についている場合は、ジェット水流と重曹パウダーで除去することもできます。

費用は、5,000円〜 施術の内容や医院によってことなります。

2-4.強い変色にはラミネートべニア

ホワイトニングでは落とせない変色した歯を白い歯にするのにおすすめです。

歯の表面を少しだけ削り、歯の表面にラミックの薄い板(つけ爪のようなもの)を張り付ける方法です。

aesthetic011

ラミネートべニアについて、詳しくは「理想的な歯並びや白さをラミネートベニアで短期間で実現!」をご覧ください。

3. 歯の黄ばみや色がついてしまう原因

歯の黄ばみや色がついてしまう原因と、気をつけるポイントについてまとめます。

3-1. 飲食物

まず、食べ物でいうと色の濃いものが黄ばみの原因になることが多いです。

例えば、カレー、コーヒー、紅茶、ワイン、緑茶、醤油、ウーロン茶、ソース、ケチャップ、ベリー系、などなど。口に含んで舌に色が付くような食品が該当します。

photo007_04

また、食器やカップの中に茶色く付着する原因になるような飲食物は、歯にも同じように付着します。

茶しぶが急須の中に付着しているのと同じように、毎日使うことで、少しづつ付着していくのです。

気をつけるポイントは、色がつく食べ物や飲みもの摂ったあとは、できるだけ早めに歯磨きをするか、お水でお口をゆすいでください。それだけでも、黄ばみを軽減することができます。

3-2. 生活習慣

代表的な生活習慣病は「喫煙」です。
タバコを吸っていると、ニコチンが長期間にわたってお口の中に滞在している状態になります。ニコチンが歯の表面に茶色いステインを付着させます。

気をつけるポイントは、タバコを吸ったあとに歯磨きをする。

コーヒーなど着色しやすい食品と一緒摂取すると、黄ばみが増しますので、ヘビースモーカーの方は、特に気をつけましょう。

photo007_05

3-3. 服薬

幼少期から、ある特定の薬を飲み続けていることで歯の表面の色自体が変色し、変色歯として見られることもあります。

気をつけるポイントは、食べ物や、生活習慣(喫煙)を意識し、健康管理ができれば、歯を白い状態で保つこともできますので、生活習慣の見直しをすることもおすすめしています。

4. 白い歯を保つ方法

4-1. 食生活に気をつける

白い歯を保つためには、まずは、食生活の見直しです。

先に挙げたような、歯にステインを付着しやすくなる食べ物や飲み物は控えるようにしましょう。

または、どうしても食べてしまう場合は、こまめにうがいをして、色の濃い食品がお口の中に留まる時間をできるだけ短くしましょう。

4-2. 歯科医院での定期検診

いくら歯が白くきれいでも、虫歯で黒くなってしまったら歯を削るしかありません。

前歯だと、歯と歯の間にできた黒い虫歯はとても目立ちます。

歯を白くするのと同じように、虫歯のないお口の環境を作ることもとても大切です。

歯科検診について詳しくは「予防と節約につながる歯科検診は絶対に定期的に行くべき!」をご覧ください。

5.銀歯を白い歯にする

銀歯を白い歯にする場合、素材や場所によって保険診療か自費診療かで費用も大きく異なります。

かつては銀歯にしか出来なかった治療も治療技術の進化で、いろいろな治療が選べるようになりました。

5-1.保険内で銀歯を白い歯にする方法

5-1-1.小さいつめ物の場合はコンポジットレジン(CR)修復法

型取りをする修復法と異なり歯を削る量が少なく、その日のうちに治療完了します。

費用は、部位や範囲により異なりますが一本あたり1500~3000円程度です。

5-1-2.銀歯の冠(かぶせ物)場合はハイブリットレジン冠(CAD CAM冠)

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜた材料で、オールセラミックに比べるとやわらかく、咬み合う歯をすり減らすことが少ない素材です。

透明感はなく単色で2,3年で変色しすり減りやすい。

またセラミックに比べ色調・透明感が劣り、経時的に変色劣化しやすい素材です。

5-2.自費(保険適用外)で銀歯を白い歯にする方法

5-2-1.銀歯の詰め物の場合

・ハイブリットセラミックインレー

セラミックの粒子のフィラー(骨材)としてレジン(プラスチック)を混ぜた材料です。

費用は、約1.5万~5万円程度です。

・セラミックインレー

セラミックのみでできている材料です。費用は、約3万~5万円程度です。

5-2-2.銀歯の冠(かぶせ物)の場合

・ハイブリット前装冠

金属の骨組みにハイブリットセラミックを貼り付けて作る冠。
中身は金属で外から見える部分はハイブリットセラミックです。

費用は、約4.5万~7.5万円程度です。

・メタルボンド冠

プラチナを含んだ金属にセラミックを焼き付けた冠です。

中身は金属で外から見える部分はセラミックです。

費用は、約7万~13万円程度です。

・オールセラミック冠

e-max、ジルコニアなど様々な種類はあるが、金属使用なくセラミックのみでできているものです。

費用は、約10万~17万円程度です。

銀歯を白い歯にする方法について、詳しくは「気になる銀歯を白くする!保険診療と自費診療の違い」をご覧ください。

まとめ

白い歯になりたい。そう思う方は多くいらっしゃると思います。お家で簡単にできる方法や、
食生活の見直し、そして、歯の専門家によるホワイトニング。
たくさんの方法がありますので、自分にあった方法を試してみてください。
最後に、大切なのは「白い歯」と同じように「虫歯のない歯」を保つこと。
いつまでも白い歯で素敵な笑顔で幸せな生活を送りましょう。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

Pocket

歯の知りたい!がオススメする
歯科医師を無料で紹介いたします!

現在、コンビニよりも多いとされる歯科医院。

近所だから…といった理由だけで通院していませんか?

特に保険が適用されない高額治療はしっかりと納得してから通いたいものです。

【歯の知りたい!】では様々な治療に精通した歯科医師を無料でご紹介しております。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料歯科医師紹介を利用する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!