見た目も機能性も!歯科衛生士おすすめの歯ブラシスタンド

予防と知識

予防歯科

Pocket

shutterstock_140723722

歯ブラシスタンドはデザインで選びがちですが、機能性も良いものを選びたいという方も多いのではないでしょうか。

歯ブラシスタンドは、おしゃれなものやスタイリッシュなものなど、さまざまな商品がでていますが清潔に保てるような機能に特化したものもあります。

そこで、今回は歯科衛生士の視点でみた歯ブラシスタンドの選び方とおすすめ品について紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

1.歯ブラシスタンドの選び方

歯ブラシには、目に見えない多くの細菌が付着しています。3週間使用した歯ブラシでは、100万個以上の細菌が繁殖していると言われています。

%ef%bc%93

そのため、歯ブラシは1ヶ月に一度は交換し、新しいものを使用するように推奨されています。その中でも、できるだけ細菌を繁殖させないようにするために歯ブラシスタンドでよく乾燥させることが大切です。

1-1.通気性の良いものを選ぶ

細菌の繁殖を抑えるのに大切なのは通気性です。
歯ブラシスタンドの通気性が良いかどうかを確認して選びましょう。

1-2.洗えるものを選ぶ

歯ブラシスタンドを定期的に洗える程度のサイズを選びましょう。スタンドの中に水が溜まったり、汚れが取れない形状のものは、細菌が繁殖しやすいです。

1-3.重ならないものを選ぶ

歯ブラシを立てる時には1本1本が単独で保管される形状のスタンドが良いでしょう。

重なって保管していると、重なった部分はどうしても乾燥する時間が遅くなり、細菌の繁殖の原因になります。

2.歯ブラシスタンドのタイプ

2-1.吸盤タイプ

吸盤で鏡に設置できるタイプは、1本1本の歯ブラシを保管できるので、乾燥しやすい環境を整えてくれます。

吸盤で設置する場所をお風呂場ではなく、通気性のよい洗面所の鏡にするなどの工夫をして保管するとよいでしょう。

また、吸盤やホールド部分がきちんと洗えるかどうか確認しましょう。

2-2.スタンドタイプ

スタンドタイプは1本1本が個別に保管できるタイプを選びましょう。

また、スタンドの幅ができるだけ、隣の歯ブラシを重ならない程度の間隔で設置されているものがベストです。

形状が複雑でないものを選ぶことでスタンドが洗いやすく、清潔を保つことができるでしょう。

2-3.除菌BOXタイプ

紫外線消毒してくれる歯ブラシスタンドもあります。

歯ブラシに繁殖する細菌を除菌し、清潔な状態を保ってくれるスタンドです。

自動的に除菌してくれるタイプなので、通気性を確保できない湿気の多い場所が多いなどのお住まいでも歯ブラシの除菌ができるスタンドです。

2-4. 1本タイプ

歯ブラシ1本を立てるスタンドタイプは乾燥性にも優れています。

また歯間ブラシも立 てやすい形状に作られているものあります。

ただ、コンパクトなので、スタンドの底の部分をきれいに洗える形状かどうかしっかり確認することが大切です。

3.歯科衛生士が選ぶおすすめ歯ブラシスタンド

歯ブラシスタンドを選ぶ基本は、通気性が良く洗浄できるものです。

おしゃれなことも大切ですね。今回は、通気性なども配慮した歯ブラシスタンドをご紹介します。

3-1.吸盤タイプ

リラックマ 歯ブラシホルダー

4-1

商品:リラックマ 歯ブラシホルダー【リラックマ】
販売:サンエックス
価格:287円

◆おすすめコメント◆
1本1本を保管できるタイプです。ホールド部分も洗いやすい形状で、何より、リラックマが大切に歯ブラシを抱えてくれるのもかわいいです。
洗面所など通気性のよい場所の鏡に設置すると毎日の歯ブラシも楽しくなります。

Amazon.co.jpでチェック

ドリームファーム ジョット

3-1

商品:ドリームファーム ジョット
販売:Dreamfarm
価格:756円(2個)

◆おすすめコメント◆
シンプルな吸盤タイプで歯ブラシ以外のものをフックできる優れものです。お部屋のインテリアやモノクロで統一したいなどのこだわりにも対応できるシンプルなタイプです。通気性も洗浄性もあり、歯ブラシを清潔に保管してくれます。

Amazon.co.jpでチェック

3-2.スタンドタイプ

吸盤トゥースブラシホルダー タワー

3-2

商品:吸盤トゥースブラシホルダー タワー
販売:YAMAZAKI
価格:972円

◆おすすめコメント◆
スタンドタイプで吸盤タイプで歯ブラシをコンパクトに収納できます。スタンドタイプが良いけれど収納する場所がない方にお勧めです。
洗浄性にも通気性にも優れていてシンプルなタイプです。

Amazon.co.jpでチェック

DULTON ステンレス 4ホール トゥースブラシ ホルダー

4-2

商品:DULTON ステンレス 4ホール トゥースブラシ ホルダー
価格:1404円

◆おすすめコメント◆
清潔感のあるステンレス製の、お花型歯ブラシホルダー。4本までスタンド可能で、それぞれが密着しない構造なので、とても衛生的です。

Amazon.co.jpでチェック

3-3.除菌BOXタイプ

紫外線ハブラシ除菌庫 オーラクリーンDX

3-3

商品:紫外線ハブラシ除菌庫 オーラクリーンDX
価格:3850円

◆おすすめコメント◆
4本の歯ブラシ除菌してくれるロングハイパワーライトで、歯ブラシの広範囲を直接照射し雑菌を除去します。
歯ブラシを上方向に立てて保管でき、衛生的で、底部の受け皿は取り外し可能で洗浄もできます。

Amazon.co.jpでチェック

オーラクリーン 紫外線歯ブラシ除菌庫

4-3

商品:オーラクリーン 紫外線歯ブラシ除菌庫
価格:1890円

◆おすすめコメント◆
歯ブラシ1本を収納できる除菌ケースは持ち運びに便利、海外旅行や長期出張にも持ち運べる歯ブラシケースです。
紫外線照射が一目でわかる大きな窓付きで、ブラシが接触する部分は取り外して洗う事ができるので衛生的です。

Amazon.co.jpでチェック

3-4.1本スタンドタイプ

無印良品 磁器歯ブラシスタンド

4-4

商品:磁器歯ブラシスタンド・1本用
販売:無印良品
価格:300円

◆おすすめコメント◆
丈夫な天草陶石を使い、狭い洗面まわりでの使いやすさを考えて最小限の大きさでつくられています。歯間ブラシのスタンドとして使えます。
また、底が空洞になっているので、スタンドをきれいに洗う事もでき清潔に保つこともできます。

Amazon.co.jpでチェック

4.歯ブラシの正しい保管の仕方

4-1.歯ブラシは細菌が繁殖するので立てて保管する

歯ブラシは毛先の部分を上にして立てて保管することで早く乾燥させることができます。

毛先を下にして保管すると、余分な水分が全て毛先に集まってくるので細菌を繁殖させてしまいます。

4-2.使用後は十分に水分を取り除く

歯ブラシを使用後、歯ブラシ立てに保管する前に大切なのは、十分に水分を取り除くことです。

歯ブラシを洗った後、そのままスタンドに戻すのではなく、水分が残らないように水切りを行います。

できれば、タオルなどで水分を取り除くことが良いでしょう。

4-3.湿気の多いところには置かない

歯ブラシの保管場所は、できるだけ湿気の少ない場所を選びましょう。

例えば、お風呂の中で歯を磨く習慣のある方は、お風呂場に歯ブラシを保管されている方もいると思います。

お風呂上がりは特に湿気も多く、細菌の繁殖しやすい場所です。お風呂場に保管する場合は、窓際などの通気性の良い場所へ保管しましょう。

4-4.歯間ブラシも立てて保管

歯間ブラシを使用されている方は、歯間ブラシも立てて保管しましょう。

歯間ブラシは小さいため、立てるスタンドが見つからず横に倒して保管する場合がありますが、できるだけ乾燥しやすいように立てて保管しましょう。

また、キャップ付きの歯間ブラシは携帯する際はキャップを付けて保管しますが、キャップの中の湿気で細菌が繁殖しやすくなるため、ご家庭では外して保管することをお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯ブラシスタンドはお洒落なものやデザイン性に優れたものなど様々です。

歯ブラシを清潔に保つために、通気性のよいもの、洗浄できるものそしてデザイン性のあるものを選びましょう。

清潔に保ちながらも毎日の歯磨きが楽しい時間になるといいですね。

Pocket

歯の知りたい!がオススメする
歯科医師を無料で紹介いたします!

現在、コンビニよりも多いとされる歯科医院。

近所だから…といった理由だけで通院していませんか?

特に保険が適用されない高額治療はしっかりと納得してから通いたいものです。

【歯の知りたい!】では様々な治療に精通した歯科医師を無料でご紹介しております。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料歯科医師紹介を利用する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!