歯の致命傷になる事も!歯のひびの治療法と悪化させない方法

予防と知識

お口の治療

Pocket

shutterstock_203039443

歯にひびが入ってに気づいて、どうしたらいいのか不安になる方も多いのではないでしょうか。
歯のひびは、歯茎から上の部分か下の部分かによって症状や治療法は異なり、その原因も様々です。
なかなか気づかないことも多いのですが、そのままにしておくと悪化してしまい、最終的に抜歯が必要になる場合もあります。
歯に入ったヒビはどんな状態でも、自然に治ることはありませんので、早期発見、早期治療が歯を守るためには重要です。

今回は、歯茎から上の部分にひびが入ってしまった場合の治療法、原因について解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.歯のヒビ

歯のヒビは、その程度や場所によって症状も全くないものから激しい痛みを伴うものまで様々で、治療法も異なります。

前歯だと鏡を見た時に気付くこともありますが、奥歯は症状が無ければ気付くこともなく、歯科医院で指摘され初めて気付く事が多いです。

1
図:歯は、歯茎から飛び出している歯冠部と、歯茎の内部に植わり、歯冠部を支えている歯根部で構成されます。

1-1.歯冠部のヒビ

歯茎から頭を出している歯の部分を歯冠部と呼び、この部分にヒビが入ることがあります。

2

1-2.歯根部のヒビ

歯は、その歯茎から出ている頭を根で支えています。この部分を歯根部と呼び、この部分は歯茎に隠れてしまっているため、わかりにくくレントゲンでも写らない事も多いです。

そのため、気付くのが遅れがちですが放置していると抜歯、更には顎の骨まで溶かしてしまうこともあるのです。

歯根部のヒビについて、詳しくは「歯を失うこともある!歯の根が折れる歯根破折の原因と治療法」をご覧ください。

2. 歯にヒビが入る原因

歯は、咬む力がかかる消耗品です。
そのため、石同士がぶつかるとヒビが入るように、歯ぎしりや食いしばり、噛み合わせが悪い場合にもヒビが入ります。

また、転んだり、ぶつけたりすると、その外力により歯にヒビが入ったり欠けてしまうこともあります。

その他、虫歯治療をして神経を抜いた後の歯は、治療で薄くなっている事もあり、弱いのでヒビが入りやすいです。

3.症状

症状がまったくない場合から、食事の時の違和感、歯茎が腫れたり、場合によっては、夜も眠れないほどの痛みを感じることもあります。

症状は、歯のどの部分にどの程度のヒビが入ったかによって変わります。

4.治療法

歯のどの部分に、どの程度のヒビが入ったかによって治療の方法は大きく変わります。

4-1.経過観察

歯にヒビが入っている場合でも、歯の表面のほんの一部であり、痛みなどの症状がまったくない場合は、下手に治療をするよりも、経過観察ほうが良い場合があります。

その場合でも、歯に大きな力が加わるとヒビが一瞬で深くなってしまう事もありますので、定期的に歯科医院で診てもらいましょう。

3
図:歯の表面に入ったヒビ。とくに困ることはないので、経過観察をします。

4-2.つめ物やかぶせ物をする

歯のヒビが大きく、欠けてしまっているような場合は、その部分に詰め物をしたり、かぶせたりする必要があります。

4-3.神経の治療~根管治療~

歯の内部にある歯髄と呼ばれるゼリー状の組織までヒビが及んでしまうと、神経はばい菌に侵され、傷んでしまいます。

そうなると、神経を取り除く必要があります。これを根管治療と呼びます。この根管治療はとても難易度が高く何年か経ってから症状が再発して再治療となるケースも多いです。

5
図:上の中央の向かって右の歯は、ヒビがあり欠けていますが、そこまで大きくはないのでかぶせ物の処置。しかし、向かって左の歯は欠けた部分が大きすぎるため、根管治療が必要になりました。

4-4.抜歯をする

歯に入ったヒビが根に及んだ場合には、歯を抜かざるを得ないことが多々あります。

6
図:歯の根に入ったヒビ。残念ながら、抜歯することになりました。

5.ヒビを悪化させないための対処法と予防法

歯にヒビが入ると、その歯を抜歯するまでのカウントダウンが始まるようなものです。

そのため、小さなヒビが入ってしまった場合は悪化させないために、またこれからヒビが入らないようにするための予防策をいくつかご紹介致します。

5-1.むし歯にしない

むし歯になると、その歯の量がどんどん減っていくため、咬む力に歯が耐えられなくなり、歯にヒビが入る可能性が高くなります。

5-2.繰り返しのむし歯治療をしないよう心がける

もし仮にむし歯になったとしても、精度の高い治療を受ければ、その歯にヒビが入る可能性を低くすることができます。

また、神経を抜いた歯は弱くなってヒビも入りやすくなってしまいます。繰り返しのむし歯の治療、根管治療は避けるようにしましょう。

7
図:繰り返しのむし歯治療が原因で歯を失う負のスパイラル。
これが歯の残っている量を減らし、咬む力に耐えられなくなり、結果として歯にヒビが入る可能性が高くなります。

再治療を防ぐ方法について、詳しくは「根管治療の成否で歯の寿命が変わる!失敗再治療を防ぐ方法」をご覧ください。

5-3.マウスガードで歯にかかる力を減らす

寝ている間に歯ぎしりや食いしばりがある場合、歯への負担を軽減するため、マウスガードを装着することも歯を守る上で大切なことです。

5-4.矯正治療を受ける

歯並びと聞くと、見た目、ということを連想する方が多いと思われますが、綺麗な歯並びは歯を守ってくれます。

矯正治療は、歯を失うことを予防する大切な予防治療です。

5-5.ストレスの軽減

現代社会は忙しい仕事、スマートフォン、パソコンの見過ぎなど、毎日がストレスのかかることばかりです。

砂糖、小麦、牛乳などの現代食の過剰摂取、鼻炎が原因の口呼吸なども体にとってはストレスであることが最近の研究でも明らかになってきています。体はストレスがかかると、それを無意識に軽減しようとします。

その具体例が、歯ぎしり、食いしばりです。寝ているときの歯ぎしりを指摘されたり、無意識のうちに仕事中に食いしばりをしてしまっている方も多いのではないでしょうか。

これらの生活習慣が歯にストレスを与え、歯にヒビが入る原因となります。歯を守るためにも、リラックスすることは、とても大切なことです。

まとめ

歯にヒビが入ると、歯の寿命が短くなる可能性があります。そのため、歯を守るための予防策を早めに取ることがとても大切です。歯の痛み、違和感を感じたら、それは、ヒビが原因なのかも知れません。早めに、歯科医院を受診し、診断してもらうことをお勧め致します。

 

Author:柳沢 哲秀 (歯科医師/東京都調布市 柳沢歯科医院)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!