気になる銀歯を白くする!保険診療と自費診療の違い

歯の治療

セラミック

Pocket

0

口を開けた時に目立つ銀歯を白い歯にしたいと思う方は多いのではないでしょうか。

自分ではあまり気にしていなくても、不意に笑った時など他人から見たら意外に目立っていたりします。それに見た目の問題以外にも、歯茎やからだ全体の健康のために銀歯は白い歯にした方がいいのです。

銀歯を白い歯にする場合、素材や場所によって保険診療か自費診療かで費用も大きく異なります。かつては銀歯にしか出来なかった治療も治療技術の進化で、いろいろな治療が選べるようになりました。

今回は保険診療から自費診療まで、銀歯を白い歯にする方法を紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

 1. 銀歯の種類

「銀歯」と一般的に呼ばれる歯科治療に用いられる金属は主に2種類あります。

■ 金銀パラジウム合金

広く保険で使われている金属で、12%金含有の銀、パラジウムなどでできた合金です。

■ アマルガム

水銀含有の金属。以前は日本でもよく使われていた素材ですが、今ではほとんど使われていません。水銀蒸気による身体への悪影響も報告されています。

アマルガムに関する詳細は→【銀歯があるなら要確認!アマルガムの危険性と除去方法

2. 保険内で銀歯を白い歯にする方法

前提として保険内で治療するためには【病名】が必要となります。

つまり、保険診療を受ける場合は何らかの疾患である必要があり、「ただ白くしたい」という審美的観点からのみだと保険適応にならない場合もあります。

2-1. 小さいつめ物の場合はコンポジットレジン(CR)修復法

歯の色に合わせ、形成した穴にペースト状のレジンを詰めて、LEDなど強い光を当て固める。その後歯の形を再現し噛み合わせなど調整して仕上げる方法。

【費用相場】

・部位、範囲により異なるが一本あたり1500~3000円

【メリット】

・型取りをする修復法と異なり、歯を削る量が少なく、その日のうちに治療完了する。見た目も良い。

・保険適応なので安価。

【デメリット】

・全ての操作を口の中で行う為、難易度高く、歯科医師の技術の差が出る

・材質的に3~5年で劣化や変色しやすい

・強度的に弱く咬合力のかかる部位では破折しやすい

【その他】

・日本におけるコンポジットレジン耐用年数は5年前後

1

2

3

2-2. 銀歯の冠(かぶせ物)場合はハイブリットレジン冠(CAD CAM冠)

セラミックとレジン(プラスチック)を混ぜた材料です。オールセラミックに比べるとやわらかく、咬み合う歯をすり減らすことが少ないです。

ただし大臼歯は保険適用外となります。小臼歯は申請している歯科医院にて諸条件に合えば保険で1万円程度。

透明感はなく単色で2,3年で変色しすり減りやすい。

またセラミックに比べ色調・透明感が劣り、経時的に変色劣化しやすい素材です。

3. 自費(保険適用外)で銀歯を白い歯にする方法

3-1. 銀歯の詰め物の場合

3-1-1. ハイブリットセラミックインレー

セラミックの粒子のフィラー(骨材)としてレジン(プラスチック)を混ぜた材料です。

1回目:銀歯を削って除去し、精密に形成・型取りし技工士により作製
2回目:出来上がったインレーを接着、仕上げる方法

【費用相場】

約1.5万~5万円

【メリット】

・セラミックに比べるとやわらかく、噛み合わせの歯がすり減りにくい

・オールセラミックに比べると安価

【デメリット】

・セラミックに比べると、色調・透明感が劣り、経時的に変色、劣化しやすい

3-1-2. セラミックインレー

セラミックのみでできている材料です。

治療法、回数については。3-1-1と同様になります。

【メリット】

・ハイブリットセラミックに比べると透明感があり、天然歯に近い色が出せる。

【デメリット】

・ハイブリットセラミックに比べると硬く、噛み合わせの歯がすり減りやすい。

・衝撃に弱く割れたり欠けやすい。

3-1-1,3-1-2とも形成する歯科医、作成する技工士による技術の差が出やすく仕上がり寿命機能に影響します

3-2. 銀歯の冠(かぶせ物)の場合

3-2-1. ハイブリット前装冠

金属の骨組みにハイブリットセラミックを貼り付けて作る冠。
中身は金属で外から見える部分はハイブリットセラミックのものです。

【費用相場】

4.5万~7.5万円

【メリット】

・セラミックに比べやわらかく、咬み合う歯がすり減りにくく、ダメージを与えにくい。セラミックに比べ比較的安価。

【デメリット】

・セラミックに比べ色調・透明感に劣り、経時的に変色・色あせする。

・オールセラミックに比べ生理的に歯肉との界面が黒ずむことがある。

3-2-2. メタルボンド冠

プラチナを含んだ金属にセラミックを焼き付けた冠です。

中身は金属で外から見える部分はセラミックのもの。

【費用】

7万~13万円

【メリット】

・ハイブリット前装冠に比べ色調・透明感に優れている

【デメリット】

・ハイブリットに比べ硬く、咬み合う歯がすり減りやすい

・オールセラミックに比べ、生理的に歯肉との界面が黒ずむことがある

3-2-3. オールセラミック冠

e-max、ジルコニアなど様々な種類はあるが、金属使用なくセラミックのみでできているもの。

【費用相場】

10万~17万円

【メリット】

中身に金属を使用しているものに比べ色調・透明感に優れ、金属アレルギー等なく身体に優しい。種類によっては骨組が金属より強いものがある(ジルコニア)

【デメリット】

比較的高価である。材料によっては強度の劣るものもあり、ブリッジなどに適さない種類もある(ジルコニア以外)。

3-2-1,3-2-2,3-2-3とも形成する歯科医、作成する技工士による技術の差が出やすく、仕上がり・寿命・機能に影響します。

4. 保険診療と自費診療の違い

つめ物やかぶせ物の値段が違うだけではありません。材料や技術力、その後のメンテナンス保証等にも違いがあります。

形成、型取り、接着、機能調整をする歯科医、作成する技工士により、仕上がりにかなりの差が出ると思われます。また、歯科医院によりセット後の保証内容、期間も違います。

また、保険診療は経験の浅い勤務医が担当するケースが多く、自費診療はクリニックにより費用の幅があることも事実です。

5. 銀歯を白い歯にした方がいいケース

5-1. 金属アレルギーをなくすため

口の中の詰め物、冠の金属が原因で様々な症状が起こることがあります。

・疲れがとれない

・身体がだるい

・めまい・耳鳴り

・慢性的な便秘

・アトピー性皮膚炎

・頭痛

など口の中の金属を除去することでこれらの症状が改善するケースが多いことがわかっています。

歯科金属アレルギーの詳細はこちらをお読みください【歯科金属アレルギーの原因になる金属と代替素材を徹底解説

5-2. ガルバニー電流をなくすために

口の中の金属材料が唾液を介し口の中に電流が起こり、頭痛・肩こり・疲れ・不眠・イライラなど身体にいろいろな異常を起こすことが知られています。

人間の身体には微弱な電流が流れており、脳はこの電流により全身をコントロールしています。ガルバニー電流が発生すると、脳からのコントロールが混乱し、様々な不定愁訴を起こすことになります。

5-3. アンチエイジング効果・免疫力アップのために

銀歯を気にして素敵な笑顔を忘れている人はいませんか?

日常たくさん笑うことにりNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が増え免疫力アップにつながります。また、白い歯にすることにより、自身のアンチエイジングに対するモチベーションも上がり、QOLの向上にもつながると考えます。

まとめ

見た目だけでなく、原因不明の症状、更には病気予防にもつながるかもしれません。

もしも口の中をのぞいて銀歯がある、銀歯によって思いきり笑えない方は一度歯科医院を訪れてみてはいかがでしょう。

Author: 小野澤 彰(歯科医師/歯科オノザワ院長)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!