銀歯が取れた!まずやるべき応急処置とやってはいけない事

予防と知識

お口の治療

Pocket

shutterstock_404701786_720

食事中、急に「ガリ」っと音がして、硬い物が…銀歯が取れた。そんな経験のある方も多いのではないでしょうか。

でもすぐには歯医者に行けない場合も多いですよね。そんな時の応急処置や取れてしまった銀歯の保存法、やってはいけない事などいくつかの注意点があります。

また、放置してしまうと再治療が出来ない場合や、再治療費が高額になる場合もあります。

そこで今回は、銀歯が取れた時の応急処置や注意点、再治療について詳しく解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.銀歯が取れたら最初にやること(応急処置)

1-1.取れた銀歯を保存する

まずは、銀歯がとれたら保存しましょう。

保存は、そのままお財布にいれたり、ティッシュにくるんだりすると紛失してしまう原因になりますので、きれいに洗いジップのついた袋にいれて保存しましょう。

1

1-2.飲み込んでしまったら

飲み込んでしまったら、まずは喉にひっかかり痛みがないか確認しましょう。

痛みもなく、完全に飲み込んでしまった場合は、便と一緒にでてきますので、安心してください。その場合は、便からは取り出さなくて結構ですのでトイレに流しましょう。

1-3.取れた場所を確認する

銀歯が取れた場所はどこか確認をしましょう。できるだけ取れた側では噛まないようにします。

1-3-1.黒くなっている場合

銀歯が取れた後の歯が黒くなっている場合は、虫歯になっている可能性が高いかもしれません。

なるべく早く受診して、治療することをおすすめします。

1-3-1.

1-3-2.きれいに磨く

銀歯が取れた歯は、汚れがたまっているかもしれません。まずは歯ブラシで汚れを取り除き、清潔に保ちましょう。

1-4.早めに受診する

痛みがある、ないに関わらず、早めに受診をしましょう。

早めに行くことで治療回数も最小限に抑えることが可能です。痛みがないからといって放置しておかないようにしましょう。

2.銀歯が取れる原因

2-1.銀歯の中で虫歯になった

銀歯が取れる原因は、銀歯の中で虫歯ができてしまっている場合が多いです。

2-2.接着剤がはずれた

銀歯を歯に接着するときの歯科用の接着剤が劣化した時に銀歯が取れることもあります。

その際は、虫歯になっていなければそのまま銀歯を再接着することができる場合もあります。

3.銀歯が取れたらやってはいけないこと

3-1.銀歯を元の歯にもどさない

銀歯が取れて、穴が空いているのが気になったとしても銀歯は戻さないでください。

万が一、誤って飲み込んでしまうこともありますし、食事中に銀歯が取れて歯茎に刺さってしまうかもしれません。銀歯は取れたら戻さないことです。

3-2.銀歯の取れた歯で噛まない

銀歯が取れた歯は、穴が空いていてもろくなっています。

銀歯が取れた側の歯で硬いものを噛んだりすると、もろくなっているため歯がかけてしまったり、割れてしまう危険性もあります。

また、食事をすることで穴の中に食べカスがたまり、虫歯の原因や痛みの原因にもなります。銀歯が取れた歯の側では食べ物を噛まないようにしましょう。

3-3.手で触ったりしない

銀歯が取れた歯の周りは神経に近い部分です。

手で触れたり、グラグラと揺らしてみたりすることで、刺激を与えることになります。

他の歯に比べて、刺激も受けやすく、もろくなっている場合が多いので、気になるからといって手で触って刺激を与えるのは避けましょう。

4.歯医者へいくまでに気をつけたいこと

4-1.歯磨きをする

歯医者へ行くまでは、穴のあいた部分に汚れが溜まりやすいですので、歯磨きで汚れをきれいに取り除きましょう。うがいもすることをお勧めします。

穴が空いている部分も、普段使用している歯ブラシやうがい薬を使っていただけます。

4-2.痛みがないか確認する

銀歯が取れたばかりの頃は痛みの症状がなかった場合で、数日放置していて痛みの症状がでてきた時はいつぐらいからどんな症状がでてきたか、確認をしておきます。

歯科医院へ行った時に症状を伝えることができれば、スムーズに治療が行えます。

もちろん、早めの受診をお勧めしますが、どうしても行けない理由がある場合には、症状の確認を行いましょう。

4-3.冷たいものや熱いものをひかえる

銀歯が取れた状態では、極力冷たいものや熱い食べ物は控えましょう。

痛みやシミがでていなくても、穴があいている分、歯の神経からの距離がとても近くなっている状態です。

痛みがないからといって通常通りの食事をしていると、急に症状がでて、激痛に襲われることもありますので、歯科医院へすぐに行けない方は飲食物に気をつけてください。

5.再治療の方法

5-1.痛みがない場合(虫歯がない場合)

痛みがない場合で、虫歯がなければ、数回の治療で終わることができます。

接着剤の問題であれば、銀歯を再接着することで1回で終わる場合もあります。

または、歯の形を整えて型取りをし、2回目には接着でき、2回の通院で終わることもあります。

5-2.痛みがある場合

5-2-1.軽度

しみる程度の症状の場合は、部分的なレントゲンを撮影して、虫歯があるかどうか、進行しているかなどを確認します。

神経に達するほどの状態でなければ、麻酔をして、虫歯を取り除き、歯の形を整えて、型取りをします。

シミ止め効果のある仮止めの材料をして、2回目の来院時に、症状を確認して問題がなければ接着して完了です。

5-2-2.重度

痛みの症状が熱い物を食べると痛いなどの場合は、神経に刺激を与えていたり、虫歯が神経まで到達している場合があります。

部分的なレントゲンを撮影して、虫歯の状態を確認して、神経の処置をする治療を行います。

この場合は、神経の治療に数回通い、銀歯は大きな被せに変更になるため被せ物の型取りを行います。おおよそ、1ヶ月から2ヶ月の通院が必要になります。

5-2-2

5-3.再治療の値段

5-3-1.銀歯の場合

小さな銀歯の場合は、大そよ、3,000円から5,000円の医療費がかかります。

5-3-2.コンポジットレジン(CRインレー)の場合

白い歯と同じ色のコンポジットレジンでの処置の場合も同様に3,000円から5,000円の医療費がかかります。

5-3-3.セラミックの場合

セラミックインレーは、保険が適応しないため自費で30,000~50,000が相場です。

セラミックの詳しい料金については「歯のセラミックの料金を解説!素材や治療範囲で異なる相場」をご覧ください。

6.銀歯がとれて放置すると

6-1.1ヶ月放置した場合

何も症状がない場合もありますが、1ヶ月ほど放置していると穴の中で虫歯が進行していくことがあります。

また、それに応じて冷たいものがしみたり、食事の時に痛みを感じるような症状がでてきます。

6-2.半年放置した場合

半年放置していると、歯が欠けてしまったり、ひどい場合には歯が割れてしまうなどの症状が起きる場合もあります。

また、痛みの程度もひどくなり、一時的な痛みから継続的な痛みに変化し食事もしづらくなってきます。

気づかないケースが多いですが、銀歯が取れた歯を避けて食事をしたり飲み物を飲んだりしていると、顎の疲れや噛み合わせにも影響がでてきます。場合によっては肩こりの症状がひどくなる人もいます。

6-3.1年放置した場合

1年以上放置していると虫歯が大きくなり、汚れが溜まりやすいことから、隣の歯にも影響を及ぼすことがあります。

また、肩こり以外にも顎関節症の症状や、歯並びを均等にしようとする歯ぎしりなど様々な症状がでてきます。

虫歯も大きくなり神経が死んでしまっているケースもあり、その場合は、処置ができず抜歯になることも考えられます。

まとめ

銀歯が取れた時は、できるだけ早めに歯科医院を受診することが前提ですが、仕事や生活の中でどうしてもすぐに行けないこともありますし、休日で歯科医院がお休みのこともあります。

そんな時にも焦らず、他の歯を守るためにも歯磨きや食事に気をつけ、優先的に歯科医院を受診するようにしましょう。

放置している期間が長ければ長いほど、再治療にかかる回数も医療費もかかります。忙しくしている人こそ優先的に再治療をうけることをお勧めします。

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!