子供の虫歯予防!シーラントのメリット、デメリット、費用

予防と知識

予防歯科

Pocket

shutterstock_357385298

子供の永久歯の虫歯予防として、歯科医院でシーラントを勧められたという方も多いのではないでしょうか。

シーラントとは、生え始めの永久歯の奥歯の溝や複雑な形の歯の溝を、薄いプラスチックでコーティングしてふさぎ、大人になるまでの間に歯を虫歯から守ることを目的に行われています。

子供は歯磨きがあまり上手にできないうえ、生えたての永久歯は未熟なため虫歯になるリスクも高いのです。
そこで今回は、シーラントとはどういうものか、治療費について解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.シーラントとは

シーラントとは、小窩裂溝填塞(しょうかれっこうてんそく)と呼ばれる、生え始めの乳歯や幼少期の永久歯の噛み合わせにある溝をフッ素の配合されたプラスチックの材料で覆い、虫歯から歯を守る方法です。

%ef%bc%91

シーラントの費用、治療時間

シーラントの処置は、保険適応の対象になりますので1歯につき、400円から600円程度です。

処置の時間は、1歯につき15分程度です。汚れが多くついていたり、複雑な形態をしている場合は30分程度時間がかかる場合もあります。

2.シーラントの対象となる歯

2-1.下の永久歯

下の永久歯は、6歳臼歯とも呼ばれ6歳になると生え始め、一生涯使う歯です。

小学生頃は、自分できちんと磨くことが難しく、虫歯になりやすいといわれていますので、下の永久歯は早めにシーラントの処置を行うことがあります。

6歳臼歯について、詳しくは「はじめて生える永久歯、6歳臼歯に起こるトラブルと対処法」をご覧ください。

2-2.下の小臼歯

永久歯の次に、下の小臼歯も同様です。

小臼歯の溝は小さな溝ではありますが、中に深い形態をしている場合が多いため、虫歯になりやすい時期にシーラントで歯を守ります。

小臼歯について、詳しくは「小臼歯に起こるトラブルや抜歯、矯正治療について徹底解説」をご覧ください。

2-3.中心結節歯

小臼歯には、中心結節のある場合があります。

中心結節がある歯は、虫歯になると神経の処置を行う可能性が高くなるため、早期の段階でシーラントで歯を守ることをおすすめしています。

中心結節について、詳しくは「子供にできる歯の異常!中心結節で起こりやすい症状と治療法」をご覧ください。

2-4.上の永久歯

上の永久歯は特に一番奥の歯が磨きにくく、歯ブラシが当たっていない場合もあり虫歯になりやすいです。磨き方が改善されない場合は、虫歯から歯を守るためにシーラントを行う場合があります。

3.シーラントの効果(メリット)

シーラントの効果はしっかりとケアがされている環境で行うことで、虫歯の予防効果があることがわかっています。

シーラーントを行った場合とシーラントを行わなかった場合とでは、虫歯になる割合が違ったいう研究データもあります。

いずれにしても、シーラントを行うだけで虫歯にならないということではなく、その他に定期検診や適切な歯磨きが行えていることが条件となります。

また、シーラントにはシーラント剤にフッ化物が配合されているものがあります。シーラントを塗布したのちに、フッ化物だけが少しづつ放出されて、歯質の強化や虫歯予防の効果が期待されると言われています。

4.シーラントのデメリット

4-1.歯の溝のみにしか行えない

シーラントは歯の溝に対応する処置であり、歯と歯の間や歯と歯の境目には処置を行うことができません。

4-2.シーラントは外れることもある

シーラントをしたからといって、永久的に取れないことはありません。

むしろ、取れやすいと事もあるといわれデメリットでもあります。

4-3.処置の仕方によっては虫歯になる

シーラントを行う前に溝に残っている汚れを綺麗に取りのけていない場合は、中で虫歯になる可能性もあります。

シーラントの処置はきちんと汚れを取り除き、歯の表面をきれいにする前処置がとても大切です。

5.シーラントを行うタイミング(時期)

5-1.年齢

シーラントを行う年齢は、6歳臼歯と呼ばれる第1大臼歯が生えてくる、6歳ころが目安といわれています。

5-2.歯の生え始め

歯の生え始めの中でもシーラントを行うタイミングは、6歳臼歯の生え始めが目安になります。

また、その他の歯も噛み合わせの部分がでてきたら、早めにシーラントを行う場合もあります。

5-3.歯の形状

中心結節など、歯の形態が複雑だったり、噛み合わせの溝が深い場合などは歯ブラシで汚れが取り除きにくい場合があるため、形状を確認してからシーラントを行います。

上の前歯の裏側なども溝が深い場合もあり、虫歯になりやすいこともいわれています。

6.シーラントの方法

Step1.シーラントを行う部分を機械や歯ブラシを使用して汚れを取り除く

※ここでしっかりと汚れを取り除くことがとても大切です。

また、シーラントを行う際に大切なのは、処置をする歯のまわりに水分がないことです。

唾液などが処置歯につかないようにするために、防湿を行います。排唾管といわれる唾液を吸引する管を使用したり、ロール状の綿で唾液を排除します。

また、ラバーダム防湿を使用して完全に唾液が入らないようにして処置する場合もあります。

ラバーダムについて、詳しくは「根管治療を成功させるカギ!ラバーダム防湿法のメリット」をご覧ください。

6-1
出典:ティースメイト®F1取扱説明書より引用

Step2.細かな汚れも取り除く

先端の細い器具などを用いて細かな汚れが残っていないか確認して、きちんと取り除きます。

6-2

Step3.前処置を行う

シーラントがくっつきやすいようにするためのお薬を塗ります。そして、薬を水で洗いながして準備が完了です。

その時に、もう一度、唾液やお水が処置する歯に残っていないかをしっかり確認します。

完全に乾燥している状態で、シーラント剤を塗ることがポイントです。

6-3

Step4.シーラント剤を塗る

シーラント剤は、ペースト状なので、歯の溝に流し込んでいきます。

多すぎず、少なすぎず、溝にきれいに流しこめることがポイントです。流し込んだ後に、余分なペーストを除去したり、均等にしたりして調整を行います。

6-4

Step5.シーラント剤を固める

シーラント剤は、専用の光をあてることによって固まる素材です。

シーラントをきちんと整えたら、専用の光を20秒あてて固めます。

6-5

Step6.最終チェック

シーラントがきちんと固まっているか、ムラがでていないかなどをしっかり確認して処置は終了です。

7.シーラントを行った後の注意点

シーラントは、一度塗布したからといって一生取れないものではありません。また、絶対に虫歯にならないというものでもありません。

大切なのは、毎日の歯磨きや正しい食生活習慣です。

もし、1、2日でシーラントが外れた場合はそのままにしないで、すぐに処置を行った歯科医院で再度塗布してもらいましょう。

また、食事をしていて痛みがある、違和感があるなどの症状がでる場合もありますので、お子様の場合は、保育者が食事の際に痛みはないか確認をしてあげると良いでしょう。

まとめ

シーラントは、歯の溝にできやすい虫歯から歯を守るための予防処置のひとつです。

特に6歳臼歯は早くから生え、長く使っていく歯なので、虫歯にならないように幼少期に守っていくことが大切です。

シーラントは、処置さえすれば虫歯にならないのではなく、適切な食生活習慣や毎日の歯ブラシ習慣があるからこそ、役に立つ補助的な処置ですので、まずは、自分にあった歯磨き方法を身につけ、定期的に虫歯予防のために歯科医院へかかることから始めましょう。

Pocket

歯の知りたい!がオススメする
歯科医師を無料で紹介いたします!

現在、コンビニよりも多いとされる歯科医院。

近所だから…といった理由だけで通院していませんか?

特に保険が適用されない高額治療はしっかりと納得してから通いたいものです。

【歯の知りたい!】では様々な治療に精通した歯科医師を無料でご紹介しております。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料歯科医師紹介を利用する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!