虫歯/歯周病のリスクが分かる唾液検査で効果的な予防対策!

予防と知識

予防歯科

Pocket

00

唾液を調べてなにがわかるの?本当に調べた方がよいのだろうか?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか。

歯科医院で唾液検査を勧められた方もいるかもしれません。虫歯や歯周病の原因は人それぞれです。

原因が違えば予防法もちがいます。唾液検査は自分の唾液を調べることで、虫歯や歯周病になる原因がわかり、自分にとって効果的な予防法アドバイスを受けることができます。

今回は、唾液検査をすることで具体的に何がわかるのか、唾液検査にはどんな良いことがあるのかを歯科衛生士が解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.唾液検査のメリット

1-1.自分のお口の状態を知り、自分に合ったケアが出来るようになる

歯科医院で唾液検査を受けることは、内科などで血液検査や血圧測定を受けることと同じくらい重要な意味を持ちます。

検査を受けることで、今まで気づかなかった様々な自分のお口の状態を知ることが出来ます。検査の結果により、今気をつけるべき点や、将来考えられることを予測することも出来ます。

分析結果を知ることで、歯科医院の通い方や、自宅でのセルフケアの仕方が大きく変わることになるでしょう。

1-2.虫歯リスクを知る事が出来る

唾液検査を受けることで、自分の虫歯のリスク(なりやすさ)を知ることが出来ます。

毎日きちんと磨いているのにどうして何度もむし歯になるのだろう?そのような方は、唾液検査でわかる唾液の量や質、むし歯菌の量などのいずれかに問題があるかもしれません。

1-3.歯周病リスクを知る事が出来る

歯科医院で行われている唾液検査の多くは、むし歯に対するものがほとんどです。しかし、歯周病のリスクを調べることが出来る唾液検査もあります。

唾液中に混ざった血液成分と細胞成分を測定することで歯周病の進行具合判断することが出来ます。

2.唾液検査でわかること

2-1.唾液の量

分泌量が多ければ多いほど、お口の汚れを自動的に洗い流してくれる自浄作用が高まります。唾液の少ない人は、むし歯になりやすいです。

人間は1日に約1.5〜2リットルの唾液を分泌していると言われ、基本的に年齢とともにその分泌量は減少していきます。しかし体調や薬の服用などで個人差があります。

2-2.唾液の緩衝能

安静時のお口の中は中性に保たれていますが、食事をするとお口の中は酸性になり、歯の表面のエナメル質が溶けます(脱灰)。しかし、食後に分泌された唾液の中のカルシウムやリンにより、溶けた歯の表面のエナメル質は再び元に戻ります(再石灰化)。

この酸性から中性に戻す中和力のことを緩衝能と言います。専用の試験紙に唾液を触れさせ、色の変化で測定することが出来ます。

2-3.むし歯原生細菌

代表的な菌に、ミュータンス菌とラクトバチラス菌があります。

2-3-1.ミュータンス菌量

この菌がたくさんいるとむし歯の数も多くなる傾向が強いです。

ミュータンス菌は1μmという小さな球状の菌です。生後2ヶ月前後で両親からの口移しなどで感染し定着します。ツルツルな硬いエナメル質に簡単に付着し糖を取り込み、その代謝物として強い酸を吐き出します。歯の成分であるカルシウムやリンを溶かし、むし歯のきっかけとなる最初の穴を開けます。しかし、キシリトールの摂取によりその活動性を弱めることが出来ます。

2-3-2.ラクトバチラス菌量

この菌がたくさんいるとむし歯が深く進行しやすくなります。

乳酸菌の一種です。この菌はツルツルな硬い歯の面(エナメル質)には付着しにくく、ミュータンス菌が開けた穴や、古い詰め物や合っていない被せものなどの隙間や引っかかりのあるところで繁殖します。砂糖の摂取量が多いと増えやすくなります。

2-4.カンジダ菌量

お口の中の常在菌で、真菌(カビの一種)です。体調や体力の変化で免疫力が下がると増殖します。

また、入れ歯などでお口の中が不衛生な状態が続くと増殖しやすくなります。

2-5.歯周病菌量

歯周病菌は実にたくさんの種類(500〜800種類)があります。よく解明されていないものの方が多いです。

どれも酸素が嫌いな菌で、酸素の少ない歯肉の溝に入り込み、セルフケアを怠り不潔になると爆発的に繁殖します。そして歯肉に炎症をおこさせ、歯肉組織を剥がし、歯周ポケットを作ります。

繁殖した菌は、歯周ポケットの中から血管へ入り込み全身へと流れていきます。行き着いた臓器で血栓を作り、動脈硬化などを引き起こしやすくします。次に代表的な歯周病菌を挙げてみます。

2-5-1.ポリフィロモナス・ジンジバリス(P.gingivalis)

特に日本人には多いと言われています。

血液などのタンパク質やアミノ酸を好み、代謝するときに悪臭を放ち、口臭の大きな要因なります。そして歯肉に炎症を起こさせる強い影響力があります。

2-5-2.プレボテラ・インターメディア(P.intermadia)

女性ホルモンを好み、女性の思春期や妊娠時に増えやすく、歯肉に炎症を起こさせます。

2-5-3.タンネレラ・フォーサイセンシス(T.forsythensis)

歯周病を重度に進行させやすく、歯肉組織を激しく破壊します。この菌がいる場合、非常に治りにくい歯周炎と言えます。

2-5-4.アグリゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス(A.actinomycetemcomitans)

白血球に対して抵抗力のある菌です。毒素を持ち、心臓に付着しやすく心内膜炎を引き起こす原因となります。

3.検査は保険でできるのか

唾液検査は保険対象外ですので、自費負担となります。

3-1.費用の相場

おおよそ3000〜5000円前後で実施しているところが多いようです。

3-2.時間や回数

唾液検査には、当日わかる項目と、数日かかる項目とがあります。

当日にかかる時間は、歯科医院によっても差がありますが、30〜60分と見ておくと良いでしょう。回数は検査当日と結果説明を受ける日で、2回かかる場合が多いです。

3-3.検査方法

専用のガムを一定時間咬み続け、分泌された唾液を専用容器に吐き出し、量を測定します。

吐き出した唾液を使い、酸に対する中和力やむし歯菌の培養を行います。また、専用スティックを舌にこすりつけ菌を測定する方法もあります。

4.検査した後はどうするのか

4-1.予防プログラムの立案

検査で得たお口の中の状態や食習慣を参考に、歯科医院でご自身に合った予防プログラムを提案してまらいます。

結果によって、期間や時間を決め、どのような内容のクリーニングを行うか、どのような薬剤を使用するか、どのようなホームケアをするかなどを検討します。ひとりひとりの結果に合わせてプランが変わって来ます。

4-2.個々にあった検診の間隔

結果によってリスクが低いと診断された場合はおおよそ半年に一度の検診やクリーニングで十分かもしれません。

リスクが高いと診断された場合は3ヶ月に一度ほどの間隔にしてこまめに検診やクリーニングを受けておくと安心でしょう。

4-3.個々に合ったホームケア用品の処方

検査結果によって、様々な指導やホームケア用品の処方があります。

唾液の量が少ない場合は、ガムなどを利用して咀嚼トレーニングを行ったり、唾液腺マッサージの指導を受けると良いでしょう。専用のマウススプレーなどで唾液の分泌を促すことも出来ます。

緩衝能が弱い場合は、再石灰化を助けるフッ素入りの歯磨き剤や、カルシウムやフッ素が含まれたガムを食後に取り入れると効果的です。
ミュータンス菌が多い場合には、食後のキシリトールガムの摂取が有効です。

ラクトバチラス菌が多い場合は、砂糖の摂取量を見直したり、歯と歯の間などむし歯菌のすみかになりそうなところをフォロー出来るようにフロスや歯間ブラシを活用しましょう。

むし歯が深く進行するのを防ぐために歯質を強化できるハイドロキシアパタイト入りの歯磨き剤を選択するのも有効です。

5.検査は本当に必要?

唾液検査は絶対に必要な検査というわけではありません。しかし、より詳しい診断や個人に合った指導を受ける意味では非常に有効な手段と言えます。

唾液検査をしなくても虫歯予防は出来ます。実際、唾液検査を導入していない歯科医院は多くあります。

しかし、検査によって得た情報を、ご自身と歯科医院が共有することで、むし歯の繰り返しを防ぎ、予防効果の高い治療計画を立てることが出来ます。より質の高い予防治療が受けられる可能性が高まると考えられるでしょう。

6.唾液検査を行うタイミング

6-1.初診時

唾液検査は、虫歯ができていてもできていなくても、検査をして、現状を把握する目的で行います。

タイミングは、歯科医院を来院した初診時の1回。

その結果にあわせて歯周検査や問診、食生活の内容などの資料とともに、個人にあった虫歯や歯周病の予防プログラムを立案します。

6-2.治療後

予防のプログラムと治療計画を同時に進行していき、治療が終わった後に2回目の実施(再検査)です。

そして、治療後の結果をもとに、虫歯や歯周病を繰り返さないようにするためのメインテナンスプログラムを作成します。

6-3.1年に1回

定期的に唾液検査を受け、悪くなっていないか、または良くなっているか、現状を維持できているかなど検査をします。

体の健康診断では、血液検査や尿検査、血圧測定など多くの項目を1年に1回実施しますよね。同じように虫歯菌や歯周病菌の状態を定期的に検査することで体の健康を守っていきます。

7.検査の種類

7-1.唾液検査(デントカルト)

唾液検査キットのひとつです。専用ガムを5分間咬むことにより分泌された唾液の量を量ることが出来ます。

6-1

専用の試験紙に唾液を付着させ、色の変化を観察することで緩衝能を測定出来ます。専用スティックを舌にこすりつけるなどしてサンプルを採取し48時間培養することでミュータンス菌を調べることが出来ます。また、専用培地に唾液を付着させ96時間培養することでラクトバチラス菌を調べることが出来ます。モデルチャートを利用してそれぞれを目で比較することが出来ます。

7-2.RDテスト

唾液に含まれているむし歯原因菌の数を調べる試験剤です。

6-2

指示薬と言われるシートに唾液を付着させ、パッチテストのように腕の内側に15分間貼りつけ、3段階の色の変化で判定します。

7-3.細菌カウンター

お口の中の細菌の数を測定することが出来ます。

6-3

専用綿棒を使い、舌の表面をこすったり、歯についている歯垢をこすったり、唾液をしみ込ませたりなどの方法でサンプルを採取し、機械にセットします。約1分で測定出来ます。測定レベルは7段階あります。レベル1で10万個未満。レベル7で1億個以上。

8.唾液検査以外の検査

位相差顕微鏡

歯についている歯垢を採取し、顕微鏡にセットすることで、歯周病菌を観察することが出来ます。

らせん状の形をした菌(トレポネーマ•デンティコーラ)が活発に動いていると歯周病が進行している可能性が高いと考えられます。

まとめ

私たちが生活していく上で欠かせない物質である唾液。自浄作用や抗菌作用など、唾液はさまざまな役割を持つと同時に、多くの情報を秘めています。その唾液を調べることで、自分がどのような体質であるのか、どのようなことに気をつければ効率よく健康を保つことが出来るのかがわかります。検査をしたことがない方は、一度受けてみると良いでしょう。

すべての歯科医院が唾液検査を導入しているわけではありませんので、検査を希望する場合は、歯科医院のホームページなどを調べ、実施しているかを確認してみることをおすすめします。

吉久保 典子
Author: 吉久保 典子(歯科衛生士)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!