歯を失うこともある!歯の根が折れる歯根破折の原因と治療法

予防と知識

お口の治療

Pocket

歯根破折

歯根破折(しこんはせつ)とは、その名の通り歯の根っこが折れてしまう事を言います。歯根破折は、虫歯・歯周病に次いで歯を失う原因の3位に位置しています。

破折と言っても完全に割れてしまうものや、ヒビ割れ、スジが入るなど程度は様々ですが、自覚症状も咬んだ際の痛み、歯茎の腫れ、歯がグラグラ揺れるなど様々です。

差し歯を入れても直ぐに取れてしまったり、着けなおしても直ぐ取れてしまう場合や、根の治療(根管治療)や歯周病の治療をしてもなかなか軽快しない場合もその可能性が考えられます。

目に見えない部分なので、気付くのが遅れがちですが放置していると抜歯、更には顎の骨まで溶かしてしまうこともあるのです。今回は歯根破折の症状や治療法について詳しく解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

1.歯根破折(しこんはせつ)とは

歯の頭の部分(歯冠)ではなく、その下の歯茎の中にある歯の根っこ(歯根)の部分が割れることを言います。

一般的に神経の無い歯(失活歯)に起きることが多く、神経のある歯(生活歯)に起きることは少ないですが、事故、殴打などと言った大きな外力がかかった場合や高齢者の歯などには生活歯にも起き得ますが、ほとんどの場合失活歯に起きるのが一般的です。

竹を割ったように完全に割れてしまうものから、ヒビ割れ、スジが入る、肉眼では確認できないものと言った様に割れる程度も様々です。

自覚症状としては、以下の症状が現れ易いです。

■咬んだ時に痛みがあ
■歯茎が腫れる、膿が出る
■歯がグラグラする
■差し歯が取れてしまう
■根の治療や歯周病の治療をしてもなかなか軽快しない

生活歯に起きた場合には、基本的に激痛が出ます。軽い場合は咬んだ際の痛みの他、歯がしみたり、うずく感じ、違和感などと言った症状が現れます。

2.歯根破折の症状

2-1.咬むと痛い

割れた部分が動いたり、割れた歯の周りが炎症を起こしている為、咬む度に痛みが発生します。

2-2.歯茎が腫れる、膿が出る

割れた部分から細菌が感染して、歯茎が腫れたり膿が出る事があります。レントゲンで確認すると歯の周りが黒く写り骨が溶けている像が確認できます。

2-3.歯がグラグラ揺れる

ヒビやスジが入っている程度ではさほどの揺れは見られないのが一般的ですが、完全に割れている場合は揺れ方の程度はありますが、歯の揺れを認めることが多いです。

2-4.差し歯が取れてしまう、着け直してもすぐに取れてしまう

筒状の根っこに差し歯の支柱を差している訳ですので、歯が割れている場合、その筒が開いてしまう事になりますので、開いた瞬間に取れてしまうのは必然です。何度着け直しても取れるのも当然です。

2-5.根の治療をしているが良くならない

完全に破折していない場合は破折線がレントゲンに映らない場合も有り、レントゲン像や腫れ方が根の先の炎症に似ている場合もあるのでそれを疑い根の治療や歯周病のしてもなかなか良くなりません。その場合は歯根破折していることが多いです。

3.歯根破折が起きる原因と予防法

3-1.神経を取り歯の強度が低下する

虫歯の進行した歯の神経は取らざるを得ないことが多々あります。残念ながら神経が無くなってしまった歯は強度が低下し割れやすくなってしまいます。そのため神経を取った歯には根の中に支柱、土台で補強しした後、被せをするのがベストです。土台で補強せずに詰めるだけにすると割れる可能性を高めます。

【予防法】

定期健診を最低でも6か月に一度は行い虫歯予防に徹する。また、虫歯になってしまった際は、自覚症状が出る前の早めに治療を行い、詰めたり被せたりする材質をセラミックやゴールド等を用いると二次的な虫歯になり難い。

3-2.保険の金属の土台を用いると歯を損傷し易い

土台の材質により破折を起こしやすい土台とそうでない土台があります。保険の金属の土台は硬過ぎて弾性が乏しい為歯根破折を起こし易いです。

【予防法】

ファイバー製の芯とレジンと呼ばれる強化プラスティックの土台を歯と接着させる方法を取ると割れにくくなります。

3-3.歯ぎしりや食いしばりによるもの

歯ぎしりや食いしばりは一般的に就寝時などの無意識な状態の時に行われます。その様な無意識の時に掛かる力は、意識のある時の咬んでいる力の数倍もの力が掛かっており、破折の原因となります。

相当な力が掛かる為、神経のある生活歯にも起きることも少なくありません。

【予防法】

夜間就寝時にナイトガードと呼ばれるマウスピースを装着することにより、防ぐことが可能となります。

歯ぎしり、食いしばりは、破折以外にも顎関節症を誘発したり、咬耗(こうもう)と言って歯が削れてしまったり、歯周病の悪化、頭痛の原因にもなり、ナイトガードはそれらを防ぐことも出来ます。

3-4.何度も治療を繰り返している歯

歯は何度も治療を繰り返すと神経が無くなったり、どんどん自分の本来の歯の部分が少なくなり強度が低下してきます。

【予防法】

定期健診を最低でも6か月に一度は行い虫歯予防に徹する。また、虫歯になってしまった際は、自覚症状が出る前の早めに治療を行い、詰めたり被せたりする材質をセラミックやゴールド等を用いると二次的な虫歯になり難い。

3-5.ブリッジの土台となっている歯、入れ歯のワイヤーのかかっている歯

ブリッジの土台となっている歯や入れ歯のワイヤーのかかっている歯は、本来かかる力の数倍の力が掛かる為、破折を起こしやすくなります。

特にブリッジは掛かる力が強く、更に本数が多くなればなるほど力が増していきます。

【予防法】

歯にかかる力が過負担にならないようにしてあげるためにインプラント治療が有効的です。インプラントに負担を分散させることにより、自身の歯に掛かる負担を軽くすることが可能です。

3-6.歯の無い部分がある

本来はと言うものは、失った場合(親知らずを除いて)何らかの形で補っておげなければいけません。それを放置することにより、残された歯に掛かる負担が増し、破折を起こすことがあります。

【予防法】

残念ながら歯を失ってしまった場合、インプラント、ブリッジ、入れ歯、いずれかの方法で補ってあげることが必要です。

4.歯根破折の治療法

4-1.割れている一部を抜歯

割れている一部を抜歯し、残された根っこに土台をたてた後、冠を被せたりブリッジを入れる。

4-2.割れた歯すべてを抜歯

歯根が大きく破折し、時間が経過すると細菌の感染を起こし、歯茎が腫れたり、膿が出たり、歯の周りの骨を溶かしてきます。このような場合残念ながら保存不可能となり抜歯となることがほとんどです。

4-3.一度抜歯して接着剤で着ける

一度抜歯をして、接着剤で固定した後、元の位置に戻します。神経のある場合神経の治療をした後、被せをします。

4-4.歯を接着剤で着ける

歯の内側から接着剤で固定します。神経のある場合神経の治療をした後、被せをします。

4-5.神経がある場合、神経の治療をする

神経がある場合、通常強い痛みが発生しますので、神経の治療が必要になります。神経の治療後土台を立て被せをします。

まとめ

歯にとって神経はあった方が有利なのは言うまでも有りませんが、虫歯の進行により神経を取らざるを得ないことも少なくありません。やむを得ずその様になった場合には、根の治療後、土台にファイバーを用いたり、被せをセラミックやゴールドと言った適合性の良い材質を選ぶことが、その歯の予後を左右します。

また、ブリッジや歯の無い状態の継続など、自身の歯への過負荷を避けるためにインプラント治療を選択したり、歯ぎしりなどの癖が強い方はマウスピースを使うことも大切です。

Author: 片倉 玄(歯科医師/かたくら歯科クリニック理事長)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!