歯を守りたいなら!根管治療の専門医が行う最先端治療とは

予防と知識

虫歯

Pocket

shutterstock_514140748

一般歯科で抜歯をすすめられたが歯を残したい、以前にも治療した歯が痛むという方は、ぜひ一度、根管治療専門医での受診をおすすめします。
根管治療は、進行した虫歯の治療方法として一般的なものですが、医師の技術が問われる非常に難しい治療法です。

再治療を何度も繰り返すうちに、どんどん歯が削られ薄くなり、最後には割れてしまい抜歯になるというパターンも少なくありません。

今回は根管治療専門医での最新治療法と一般歯科での治療の違いについて解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.根管治療とは

歯科医院に行き、神経の治療、歯の根の治療、と言われたら、それは根管治療のことです。

歯の内部には、神経(歯髄と呼ばれるゼリー状の組織)があります。むし歯が大きかったり、歯が割れてしまった場合、神経は口の中が交通し、口の中のばい菌に侵されてしまいます。

すると、冷たいものがしみたり、歯茎が腫れたり、時には夜も眠れないほどの痛みを感じてしまうことも少なくありません。

このような状態になってしまったら歯の神経を取り除き、内部をきれいに消毒して、症状を改善し歯の健康を維持できるようにする、これが根管治療です。

1
図:歯の内部にある“歯髄”と呼ばれる神経。神経は歯の根の内部を通り、根の先端を交通しています。

 

5
図:根の内部に入り込んだ生ゴミのような汚れ。

1-1. 根管治療は歯の寿命を左右する

根管治療が必要になってしまった歯の汚れはかなり進んでいます。

人間の体に例えると、進行ガンです。根管治療を行う歯は、歯の進行ガンに侵されていると言っても過言ではないでしょう。進行ガンの手術は、患者さんの命に関わるのと同じように、根管治療は歯の健康、寿命に大きく関わります。

1-2.根管治療の難しさ

根管治療は、日常的に一般の歯科医院で行われていますが、実は多くの歯科医が苦手としている非常に難しい治療です。

理由は、根の内部を肉眼で確認することが困難だからです。想像してみてください。口の中の小さな歯の、そのさらに内部です。

“プロだからできて当たり前!”と思われる方もいらっしゃると思いますが、そうではありません。筆者の知人である歯科医師の多くから、根管治療の難しさをよく耳にします。それほど、根管治療は難しいのです。

また、根の内部は、網の目のように複雑な形をしているため、一度入り込んでしまった汚れを取り除くことは、これも非常に困難です。
このように根管治療は、とても難しい治療である、と言わざるを得ません。

7
図:歯の内部は網目状の形をしている

1-3.日本の根管治療の成功率の低さ

1-3-1.成功率の低さ

日本は、根管治療において欧米先進国の中でも際立って成功率が低く、再治療が多いと言われています。

成功率と言っても様々な要素で変化をするため、これといった数字を出すことはできませんが、あるデータを参考にすると、岡山大学付属病院に来院した患者さん672人の内、根尖性歯周炎になっている歯がある人は469人(69.8)%、根管治療を受けている歯3320本の内、根尖性歯周炎になっている歯は1329(40)%であった、という結果が出ています。

この数字が全てを物語る訳ではないですが、筆者の経験でも、10本に4〜5本は根の先に炎症があります。

決めつけることは決してできませんが、全体の半分近くの根管治療が失敗しているのではないでしょうか。

1-3-2.成功率が低い理由

上記に示した通り、難しい治療であるため成功率は当然低くなりますが、これに拍車をかける事実があります。

それが、“保険診療における報酬の低さ”です。あるデータによると、日本の根管治療における報酬は他の先進国と比較すると、かなり低いようです。

アメリカやイギリスでの根管治療費は10万円前後なのに対し、日本は6千円弱。なんと、約20分の1です。

また、ある書物には“高いレベルの良質な治療を提供するにあたり、日本の公的保険制度下での歯内療法(根管治療のこと)関連の保険点数がその対価として十分な点数であると思っている保険医はいないのではないだろうか”と、記載されています。

つまり、保険制度の報酬では、精度の高い根管治療は行うことは難しい、ということです。

このような事実から、一般的な歯科医院では最先端の根管治療を行う上での設備投資や、一人の患者さんに長い時間根管治療を行うことがとても難しい現状にあります。

2.根管治療専門医について

上述させて頂いたように、とても難しくて日本での成功率は低い、しかし歯のその後の健康と寿命の鍵を握ると言っても過言ではない根管治療。

こんな根管治療を得意とする歯科医師が世の中には存在します。

それが、根管治療専門医です。彼らは、現代の最先端の設備と技術を駆使し、根管治療の必要になった歯の健康を守るスペシャリストです。

根管治療専門医と言っても、様々な形でスペシャリストとして活躍してます。日本の学会に認められたライセンスを取得していたり、海外の大学に留学し専門医のライセンスを取得している人、専門医のライセンスは所得していなくても、取得している専門医と同等かそれ以上の技術を持っている人など様々です。

また、一般歯科として入れ歯や歯周病の治療も行いながら、根管治療に特化しているスペシャリストもいれば、他院から依頼された根管治療のみを行うスペシャリストもいます。

このように、様々な形の根管治療専門医がおりますので、ここでは“他の歯科医師と比較し、根管治療に特化した歯科医師”=“根管治療専門医”とさせて頂きます。

3.根管治療専門医でかかる費用と治療期間の目安

歯科医院によって費用には差があります。これは科医院によって設備も異なりますし、使う器具や機材、立地条件も異なるためです。

また、別途、検査代やかぶせ物をセラミックにした場合にも費用が必要になるため事前に確認しておきましょう。

前歯:3万~15万

小臼歯:5万~20万

大臼歯:6万~30万

治療時間は、1回に1時間から2時間ほどで、歯の状態によって1日で終わる場合もあれば1ヶ月程度かかる場合もあります。

4.根管治療の専門医が行う治療

それぞれの専門医よって考え方や治療の方法、使う道具は様々です。

例えば、“専門医Aは道具①を使用するが、専門医Bは道具②を使う”といった事実があった時に、それは両方が正しいという場合があります。そして、このようなことは日常茶飯事です。東京から大阪に行くのに、新幹線でも飛行機でも行けるのと同じです。どちらでも到着できますよね。これが絶対に正しい方法である、と決め付けることは危険で、読者の方々に誤解を招く可能性があります。

そのため、ここでは読者の方々が『この歯医者さんならしっかり根管治療をしてくれる』と思えるような、“筆者が考える”、専門医が根管治療に特化するために行っていることをご紹介致します。

4-1.術前の説明をしっかり行う

根管治療が必要になった歯の状態を、きちんとレントゲン写真や動画などを交えて説明します。

また、治療前に“成功率が100%ではない”という事実をきちんと伝えることが大切です。

根管治療が必要になった歯の中には、世界のどの専門医も治すことのできない場合もあるからです。

4-2.長い治療時間を確保する

根管治療を精密に、そして確実に行うためには、1本の歯に3時間前後の時間を必要とします。

そのため、一回の治療時間は約1時間〜2時間になります。過去に10分程度の治療で痛みが取れた経験のある方もいらっしゃるとは思いますが、その治療では、仮にその場の痛みは取り除くことはできたとしても、長期の健康、寿命は保証できない可能性が高いでしょう。

精密で、確実な根管治療を行うには多くの時間を必要とします。

4-3.ラバーダムで感染を防ぐ

口の中は細菌だらけなため、その細菌が治療中に歯の中に入らないように口の中にゴムのシートを装着して手術室を作ります。これがラバーダムです。

このラバーダムをすることによって、根の中に細菌が入らないような環境を作り出すことができます。また、歯科医師自身も治療をスムーズに行うことができます。

8

ラバーダムについて、詳しくは「根管治療を成功させるカギ!ラバーダム防湿法のメリット」をご覧ください。

4-4.マイクロスコープで精密な治療を行う

小さい歯のさらに細かい内部の汚れを取ることはとても難しく、肉眼では大変な作業です。

そのため、勘に頼らざるを得ない不確実な治療であるが故に、多くの失敗が見られました。そこで開発されたのがマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)です。このマイクロスコープの開発により、今まで見えなかった不確実な根管治療は、精度の高い確実な治療へと変貌と遂げました。

マイクロスコープを用いることは、根管治療を成功させる上で、とても大事なポイントです。

131141
図:(左)肉眼で見た場合写真(右)マイクロスコープで拡大して見ている根の内部

4-5.ニッケルチタンファイルを使用する

根管治療を確実に成功させるためには、根の内部にこびり付いた汚れを取り除くことが不可欠です。

これを確実に早く達成するための器具として、特殊な金属を材料に開発されたのが、ニッケルチタンファイルです。

この道具を用いることにより、迅速に、確実な治療が行えるようになりました。

10
図:ニッケルチタンファイル

4-6.三次元的なCTによる診断

必要がある場合はCT撮影を行い、歯の根の構造や根の周りの組織の状態を把握し、より確実な診断を行います。

CT撮影を行うことにより、重篤なトラブルを防ぐことができます。

4-7.術後の説明をしっかり行う

治療が終了した後、レントゲン写真やマイクロスコープを用いて撮影した写真や動画を用いて、治療した歯がどのような状態だったかを説明します。

患者さんは自分の歯の内部を見ることができないため、詳しい説明により安心して頂くことができます。

また、術後に痛みや腫れなどが起こるリスクや、予想される今後起こり得るトラブルと、その対処法などを説明することも大切です。

5.根管治療の保険診療と自由診療

我国の国民皆保険は素晴らしい制度ですが、根管治療において最新の治療を行うのは難しい現状にあります。

そのため、専門医は根管治療を自由診療で行うこともあります。ここでは、保険治療の根管治療と自由診療の根管治療の良い点、悪い点について説明致します。

5-1.保険診療のメリット

リーズナブルな値段で根管治療を受けることができます。

また、専門医の中にも赤字覚悟で保険診療で最新の根管治療を行っている歯科医師もいます。このような歯科医師に巡り合った方はラッキーです。

5-2.保険診療のデメリット

保険診療で最先端の根管治療を行うことは非常に困難です。

その場の症状は改善できても、将来、何らかのトラブルが起こる可能性は高いでしょう。

5-3.自由診療のメリット

最新の根管治療を受けることができるため、再治療の確率も減り、歯の寿命を延ばすことができます。

また、自由診療で根管治療を行うということは、それだけ歯科医師が根管治療に自信を持っていると言えるでしょう。

5-4.自由診療の欠点

費用と時間がかかることが挙げられます。

また、費用と時間をかけたにも関わらず、その後、歯の根が割れてしまったり歯周病が進み抜歯せざるを得ない場合もあります。

6.根管治療専門医の治療を受けるにあたりのアドバイス

6-1.根管治療とはどのような治療なのかを理解することが大切

上記にも示したように、根管治療がどのような治療なのか治療する上でどのようなことが大切なのかを、患者さんご自身が理解した上で治療を受けましょう。また、治療後に起こるリスクやトラブルについてもしっかりと説明を受けましょう。

6-2.初めての治療を根管治療専門医にしてもらう

根管治療した歯の内部が汚れてしまい、結果として失敗に終わると、再度根管治療が必要になります。

再度の根管治療の成功率は、初めてのものに比べて格段に下がります。

また、この繰り返しの治療を行うことが、歯の寿命を縮めて行きます。そのため根管治療が必要になったら、最初から専門医の治療を受けることをお勧め致します。

6-3.精度の良いかぶせものを装着してもらう

根管治療終了後に、その歯で咬むためにかぶせものを装着しますが、精度の良いかぶせものを装着しましょう。

特に、かぶせものと歯の間には隙間ができるため、その隙間が限りなく“0”に近いかぶせものが理想的です。治療後に歯の内部に侵入してくる細菌をかぶせものでブロックするのです。

11
図:段差のあるかぶせ物。はずすと大きなむし歯になっています。

12
図:精度の良いかぶせもの。歯とかぶせものの隙間が全くないのがわかります

まとめ

根管治療は、歯を守り食事をする口の中の健康を守る、そして全身の健康に直結する治療です。
抜歯に至る歯の多くは、根管治療を繰り返しています。
1本の歯が抜歯されると、咬み合わせのバランスが悪くなり、1本、また1本と抜歯になり、入れ歯を入れることになり、そして食事がうまくできなくなります。そうなると、さらに唾液の量も少なくなるためドライマウスになります。そのような方は、最終的に肺炎で亡くなる可能性が高まります。自分の歯を守りたい、自分の歯でずっと食事をして健康でありたい、そんな思いのある方が根管治療を受けることになったら、根管治療専門医の治療を受けることをお勧め致します。

Author:柳沢 哲秀 (歯科医師/東京都調布市 柳沢歯科医院)

Pocket

歯の知りたい!がオススメする
歯科医師を無料で紹介いたします!

現在、コンビニよりも多いとされる歯科医院。

近所だから…といった理由だけで通院していませんか?

特に保険が適用されない高額治療はしっかりと納得してから通いたいものです。

【歯の知りたい!】では様々な治療に精通した歯科医師を無料でご紹介しております。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料歯科医師紹介を利用する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!