本気で治したい方必見!歯槽膿漏の症状と治療法を徹底解説

予防と知識

歯周病

Pocket

shutterstock_115198234_720

歯茎が腫れている気がする、歯磨きすると血が出る、口臭があるなどの症状で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
それは歯槽膿漏(歯周病)の可能性が高いです。

あまり痛みなどの自覚症状がないため気付かないうちに症状は進行してしまい、放置しておくと歯の周りの骨まで溶けて膿が溜まり最後には抜歯となることもあります。
今回は歯槽膿漏 の症状や治療法について詳しく解説します。ぜひ、参考にしてみてください。

スポンサードリンク

1.歯槽膿漏 (しそうのうろう)とは

歯槽膿漏とは、専門用語でいうと「歯周病」と同じ意味で使われています。

歯周病はギネスブックに、人類史上最も感染者の多い感染症と記載されるほど感染者の多い感染症で、歯が抜ける原因の第一位を占めるほどリスクの高い病気です。

歯の周りの磨き残し(プラーク)が歯茎の中に入り込み、細菌が繁殖して歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していきます。

初期段階では歯茎に炎症が起こり、腫れたり出血したりします。

悪化すると膿が出て、歯槽骨が溶け出し、歯を支えている組織が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

periodontal_disease_about1

1-1.歯槽膿漏は治るのか

歯槽膿漏は、初期の段階であれば治ることが知られています。

歯茎の周りに汚れがたまっている程度なら、数回の治療で治すことができますが、膿が出ている状態が何年のつづている場合は、治すことは難しいでしょう。

何か変だなと症状を感じた時は、痛みがなくても歯科医院を受診することで、歯槽膿漏を予防することができます。

1-2.進行すると歯を抜かなければならい可能性も

歯槽膿漏は、初期の段階であれば、治すこともできますが、進行して膿が出続けている状態が何年も続いていると、歯がグラグラと動いてきます。

これは、歯が埋まっている歯の支えになっている顎の骨まで、細菌が悪さをし始めることが一つの原因です。

歯が埋まっている骨も歯槽膿漏でやられてしまうことによって、歯がグラグラし、状態によっては抜かなければいけないケースもあります。

1-3.身体の抵抗力が弱まると進行しやすい

歯周病の細菌が悪さをする時に戦っているのは、体の免疫力です。

抵抗力(免疫力)が弱まると、いくら戦っても歯周病菌に負けてしまいます。結果として、歯槽膿漏を悪化の方向へと進行させてしまうことになります。

1-4.予防も進行抑制もプラークコントロールが大事!

歯槽膿漏は、予防するにも抑制するにも、基本としては、毎日の食後の歯磨きが欠かせません。

磨き残しの汚れが歯茎の周りに残っていると歯茎の炎症をおこし、歯周ポケットができてきます。

歯周ポケットに汚れが入り込むとさらに歯槽膿漏の状態が悪化してしまいますので、ご自身でできることは正しい歯磨きの方法で汚れをきちんと取り除くことです。

2.歯槽膿漏の症状

歯槽膿漏の症状は様々です。自分でも分かる症状についてまとめてみます。

2-1.歯磨きで出血する

歯磨きをすると、どこからかわからないけど出血する、という場合は、歯槽膿漏の危険性があります。

たまに、出血する程度であれば、歯ブラシによる傷の場合もありますが、毎日出血がある場合は、歯科医院を受診してみましょう。

2-2.歯茎が腫れている

鏡をみて歯茎が腫れている状態でしたら、歯槽膿漏の症状です。

歯茎の腫れは、少し赤みがかった歯茎になり、歯と歯の間の歯茎が丸みを帯びてくるのが特徴です。

2-3.歯と歯の間に隙間ができてきた

歯と歯と間に食べ物が挟まりやすくなった、スースーするなど、これまでになかった症状が出てきている場合も
歯槽膿漏によるものと考えらえます。

隙間ができほどの状態になっている場合は、かなり歯槽膿漏が進行してることも大いに考えられますので、早めに歯科医院を受診しましょう。

2-4.歯茎が下がってきた

歯茎が全体的に下がってきたり、歯が伸びてきているように感じる場合も歯槽膿漏の兆候です。

歯槽膿漏の初期の段階では、歯茎が腫れ上がりますが、細菌と体の免疫力が戦って、その戦いに体が負けてしまったら歯茎が下がっていくからです。

腫れぼったい状態で歯茎が下がっているようでしたら、まだまだこれから歯槽膿漏が進行していきますので、この状態の場合も早めに歯科医院を受診することをお勧めします。

2-5.歯がしみる

冷たい飲み物などで歯がしみやすいと感じるようになった場合は、歯茎が下がったことにより、症状がでる場合もあります。

歯がしみる「知覚過敏」の状態には、歯槽膿漏以外の原因もあります。歯槽膿漏以外の原因ならお薬を塗るなどして治ることもあります。

知覚過敏の原因、改善方法について、詳しくは「歯がしみる!知覚過敏の6つの原因と自宅で出来る改善法」をご覧ください。

2-6.口臭がする

お口の中で嫌な臭いがする、口臭がするなどの症状も歯槽膿漏の症状の一つです。

お口の中の細菌がたくさん繁殖することで毒素をだし、口臭になることがわかっています。口臭にも様々な原因が考えられますので、原因ごとの改善方法を知ることが大切です。

口臭の原因について、詳しくは「臭い息をスッキリ改善!4つの口臭の原因と対処法のまとめ」をご覧ください。

2-7.歯がぐらついている

食べ物を食べると、歯がグラグラしているように感じる、今までよりも硬い食べ物が食べにくくなったなどの症状も歯槽膿漏の症状です。

歯がグラグラしている自覚がある場合は、その前に歯茎が腫れたり、血が出たり膿がでたりなどの症状もあったのではないでしょうか?

グラグラする状態まで放置していたとしたら、かなり重度な歯槽膿漏の状態です。

3.歯科医院で行う歯槽膿漏の治療法

3-1.初期の歯槽膿漏

初期の歯槽膿漏であれば、治療回数も3回から5回程度で保険の範囲で終わる場合が多いです。

少しでも症状を感じたら、早めに治療に行くことで、早く治療を終えることができるでしょう。

3-1-1.スケーリングで歯石を取る

歯槽膿漏を悪化させる要因の一つとして歯石があります。

歯石自体は悪さをするわけではありません。歯石がザラザラしているため、周りに汚れがつきやすい環境を作ってしまうことが原因です。

なので、汚れがつきにくい環境をつくるために歯石除去をおこなっていきます。

3-1-1.

歯科医院で行う歯石除去については「放置して抜歯の危険!?歯科医院で定期的な歯石除去のススメ」をご覧ください。

3-1-2.歯科医院で歯磨き指導を受ける

歯石除去が終わったら、汚れがつきにくい環境を保つために、一人一人のお口の状態に合った歯磨きの方法をお伝えします。

歯ブラシの種類や毛先の硬さ、動かし方など、歯槽膿漏の状態に応じて個別に説明をしてきます。

歯周病の方の歯ブラシ、歯磨きの方法について詳しくは「本当に歯周病を治したい方必見!歯ブラシの選び方と磨き方」をご覧ください。

3-2.重度の歯槽膿漏

重度の歯槽膿漏になった場合には、最低でも3ヶ月は治療にかかることを理解するとよいでしょう。

放置している期間が長ければ長いほど、治療にも時間と費用がかかります。

健康診断も同様で、定期的に検診をしていると、早期で病気を発見できるので、症状も軽い状態で治療も早く終わります。

健康診断を受けておらず、病気が見つかったときは、状態も悪い場合が多く治療期間も医療費も高額になることは言うまでもありません。

歯周外科治療とは、重度の歯槽膿漏になった場合は、歯の根元にこびりついている歯石を手術によって取り除いたり、腫れて腐りかけている歯茎を除去して健康な歯茎を再生する手術をする場合もあります。

3-2-1.フラップ手術

歯槽膿漏の症状が悪化している場合は、歯石取りだけでは改善しない場合もあります。

その場合は、歯茎をめくり、歯の根元にこびりついている歯石を取り除く歯周外科治療を行います。治療期間は2ヶ月から3ヶ月かかります。保険適応です。

3-2-2.歯周組織再生療法

歯槽膿漏により歯茎が下がってしまった場合に行うのが歯茎を再生する手術があります。

これを行うことによって見た目も元に戻り、むき出しになっていた歯が歯茎に覆われるので知覚過敏の症状なども軽減します。

治療期間は6ヶ月が目安です。保険外診療になりますので、実施している医院とそうでない医院があります。
歯周治療専門医のいる医院で相談することをお勧めします。

4.歯槽膿漏を治すための自宅ケア

4-1.まずは、正しい歯磨き習慣をつける

歯槽膿漏の原因は、なんと言ってもお口の中の汚れ、磨き残しです。

1日3回食後に歯磨きをする習慣をつけることがまず最初に行える自宅ケアです。ただし、3回磨いていれば良いのでなく、きちんと汚れが取れていることが大切です。

磨いているのと磨けているのでは違います。

4-1.
正しい歯磨き方法について、詳しくは「歯科衛生士が教える歯磨き方法!時間/回数/タイミング」をご覧ください。

4-2.歯間ブラシを使う

歯槽膿漏は歯と歯の間の汚れの取り残しから悪化することが多いです。

特に歯の隙間ができている、歯茎が下がってきていると感じている人は、歯間ブラシを使いましょう。

4-2.

歯間ブラシの使い方について、詳しくは「歯科衛生士が教える!歯間ブラシの正しい使い方」をご覧ください。

4-3.フロスを使う

歯茎の溝(歯周ポケット)の周りに溜まった汚れは、歯ブラシだけでは取り除くことが難しいです。

歯磨きをして血がでる人は、歯茎の溝に汚れがたまっている可能性が高いですので、フロスを使うことをお勧めします。

4-3.

デンタルフロスの使い方について、詳しくは「歯科衛生士が教える!デンタルフロスの正しい使い方」をご覧ください。

5.その他の最新治療

5-1.プロバイオティクス

ロイテリ菌を生菌状態で配合している。タブレットを摂取することで天然の善玉菌を増やし、体の中の常在菌のバランスを整える方法です。

毎日摂取することで歯周病菌が約90%減少し、歯科医院での専門的なケアとの組み合わせで効果は倍増すると言われています。

5-1.

プロバイオティクスによるバクテリアセラピーについて、詳しくは「お口も体も健康に!最先端の予防医学バクテリアセラピー」をご覧ください。

5-2.歯周内科

歯周内科は、内服薬を服用することで、お口の中の常在菌のバランスを整える方法です。

服用薬の場合は、お口の中の菌だけでなく、体全体の菌のバランスを見ることが必要ですので、主治医と歯科医と相談のうえ、処方を考えてもらいましょう。

まとめ

歯槽膿漏は「サイレントディジーズ」と言われる、沈黙の病気です。症状や痛みなどを感じないままに進行していきます。
そして気づいたときには、手遅れになっていることもあります。
上記の症状が出たり、治ったり、たまに痛くなったり、たまに出血したりを繰り返している場合は、繰り返している分、歯槽膿漏が進行していると考えてよいでしょう。
自己判断ではなく、取り返しのつかない状態になる前に受診しましょう。

Author: 塚本 千草(歯科衛生士)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!