歯を失わないために!歯槽膿漏の原因と基本治療を徹底解説

予防と知識

歯周病

Pocket

shutterstock_187399091_720

歯茎が腫れて、膿んだりして口臭がひどい歯槽膿漏で悩んでいる方は多いのではないでしょうか。
歯槽膿漏は、歯周病と言われるお口の中の生活習慣病です。

歯槽膿漏は、磨き残し(プラーク)の中にいる『歯周病菌』が歯茎の溝の中で繁殖し、歯茎の周りに炎症が起き、そのまま放置しておくと歯が抜け落ちてしまうこともある怖い病気です。

しかし、早めの治療と適切なケアを行えば進行を食い止めることは可能です。

そこで今回は歯槽膿漏の原因と予防方法について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

1.歯槽膿漏 (しそうのうろう)とは

歯槽膿漏とは、専門用語でいうと「歯周病」と同じ意味で使われ歯周病が進行した状態です。

歯を支えている歯槽骨の部分に、膿がたまった状態を表現して、「歯槽膿漏」と言われるようになりました。

歯の周りの磨き残しが歯茎の中に入り込み、細菌が繁殖して悪さをします。その時に体の細胞が細菌と戦い、戦った後の状態が「膿」としてでてきます。

初期段階では歯茎に炎症が起こり、腫れたり出血したりします。

悪化すると膿が出て、歯槽骨が溶け出し、歯を支えている組織が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

periodontal_disease_about1

1-1.歯槽膿漏の症状

・歯磨きで出血する
・歯茎が腫れている
・歯と歯の間に隙間ができてきた
・歯茎が下がってきた
・歯がしみる
・口臭がする
・歯がぐらついている

1-2.歯槽膿漏は人から人へうつる感染症

歯槽膿漏は、お口の中の細菌による感染症です。

歯周病の原因である細菌は、人から人へうつると言われています。

細菌は唾液を介してうつるため、歯槽膿漏の症状のある人とのキスなどの唾液を介する行為で感染する可能性があります。但し、細菌が感染したからといって必ずしも発症するとは限りませんので安心してください。

歯槽膿漏の症状は、感受性や全身疾患、歯磨きの程度、ストレスなどのさまざまな要因がからみあって症状が現れると言われていますので、予防することも可能です。

2.歯槽膿漏の原因

歯槽膿漏になるのは、ざまざまなことが絡み合って症状が現れると言われています。

2-1.歯磨き不足

歯槽膿漏になる原因は、歯磨き不足により磨き残しが最初のきっかけになります。

汚れが残っていると歯周病の細菌が繁殖し、症状を悪化させてしまいます。

2-2.喫煙

歯槽膿漏の原因に喫煙が関係していることが分かっています。

タバコの主な成分のニコチンやタールが歯槽膿漏と関係しています。

日本臨床歯周病学会より引用

統計データでは、タバコを吸っている人の歯周病にかかる危険度は、1日10本以上で5.4倍。10年以上吸っていると4.3倍になることがわかっています。

また、タバコを吸っていると歯茎の腫れや出血といった歯槽膿漏の症状が現れにくくなるためどんどん悪化していっても、患者さん自身が気づかないことが多いのも特徴です。

日本臨床歯周病学会より引用:http://www.jacp.net/perio/cigarette/

2-3.ストレス

疲れが溜まっていたり、ストレスを抱えていると、体の免疫力が低下し、歯槽膿漏にかかりやすくなることが言われています。

免疫力が低下すると、歯槽膿漏に関係する細菌を抑えることができず、悪化していきます。

さらにストレスにより唾液の分泌量が減ることもあり、唾液の力である洗浄作用が減ってしまうため、細菌が増殖してしまうことがいわれています。

2-4.全身疾患

その他にも多くの要因が絡み合って歯槽膿漏の症状がでてきます。

肥満や糖尿病どの生活習慣と歯槽膿漏との関連性も分かってきています。

3.歯槽膿漏の基本治療

3-1.毎日のブラッシンッグ

自分のお口の状況に合った歯磨きの方法で磨くことが大切です。

磨き残しがあると、汚れが残ったままになり歯周病菌が繁殖しやすくなりますので、自分にあった歯磨き方法を習得しましょう。

これまでに自分にあった磨き方を聞いたことがない、知らないという方は、かかりつけの歯科医医院の歯科衛生士へ相談してみてください。

正しい歯磨きの方法については「歯科衛生士が教える歯磨き方法!時間/回数/タイミング」
歯周病に効く歯磨き粉については「歯周病に効く!おすすめの歯磨き粉を歯科衛生士が厳選」
をご覧ください。

3-2.歯間ブラシやデンタルフロスを使う

歯槽膿漏は歯と歯の間の汚れが原因で進行していきます。

歯ブラシだけでは歯の間の汚れはきれいに落としきれません。

歯ブラシだけでは40%程度の汚れが残りますが、歯間ブラシやデンタルフロスを使用することで磨き残しは大幅に軽減されます。

スクリーンショット 2016-02-19 18.39.51

歯間ブラシの使い方については「歯科衛生士が教える!歯間ブラシの正しい使い方」
デンタルフロスの使い方については「歯科衛生士が教える!デンタルフロスの正しい使い方」
をご覧ください。

3-3.定期的に歯科検診をうける

お口の中の状態を定期的にチェックしていれば、何か変化があった時には直ぐに処置できます。

お口の中の状況は年齢や環境、働き方によっても変化するものです。

今は何も症状がなくても、ライフスタイルの変化によるお口の中の状態を把握するために、定期的に専門家にみてもらいましょう。

定期健診について詳しくは「予防と節約につながる歯科検診は絶対に定期的に行くべき!」をご覧ください。

3-4.定期的に歯科医院で歯石除去してもらう

毎日磨いていても、知らず知らずのうちに取りきれないプラークや歯石が溜まってしまうものです。

歯石を放置していると、汚れがたまり歯茎の炎症を引き起こし、歯茎からの出血や口臭の原因にもなり歯槽膿漏も悪化させることもあります。

歯石除去いついて詳しくは「放置して抜歯の危険!?歯科医院で定期的な歯石除去のススメ」をご覧ください。

4.知っておきたい歯槽膿漏と妊婦の関係

お母さんが重度の歯槽膿漏の場合、低体重児出産や早産のリスクが高まることがわかっています。

特に妊娠中は女性ホルモンの影響で歯肉が腫れやすく、特に、つわりが重い方にとっては歯を磨くことができないほど辛い時期もあると言われています。

その時期に歯周病が悪化することがあります。大切な赤ちゃんを守るためにも、妊娠中の歯科検診は重要です。

妊婦と歯周病について詳しくは「妊婦は歯周病になりやすい!その理由と出来る治療、予防法」をごらんください。

5.まとめ

歯槽膿漏の原因は、お口の中の細菌による感染症です。

歯槽膿漏は、初期段階では痛みなどの症状があまり出ないことも多く、気付いた時には進行しているケースが珍しくありません。
現在では、歯槽膿漏の予防方法もわかってきていますので、歯科医院で2年以上検診を受けていない方は、かかりつけの歯科医院へ相談してみましょう。

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!