歯科医が教える!歯の神経を抜く前に必ず知っておくべきこと

予防と知識

お口の治療

Pocket

shutterstock_371279323_720

歯医者で歯の神経を抜かなければいけないと言われて、治療内容やその歯の寿命などを理解しないまま応じている方も多いのではないでしょうか。

歯の神経はなるべく残した方が良いのは、なんとなく知られていますが、神経を抜いた後にいろいろと後悔する患者さんも少なくありません。

歯の神経を抜くはどうゆう事か、知っておくべきデメリットもあります。今回は神経を抜く際に知っておいてほしい情報をお伝えいたしますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.歯の神経を抜くとは

1-1.歯の神経とは

歯の内部には、ゼリーのような柔らかい組織である神経(正式名称は歯髄という)が存在します。

人間の体は、むし歯になった時の痛みやアイスを食べた時の”しみる”などの感覚を、この神経で感じ取るようにできています。

1
歯の断面の模式図。歯の内部に歯髄と呼ばれる神経が入っています。 (出典:一世出版)

1-2.どんな場合に神経を抜く必要があるのか

むし歯が大きかったり、外傷や歯ぎしりなどで歯が割れてしまうと、細菌が神経まで到達してしまいます。

その場合、冷たいもの、熱いものがしみる、ズキズキ痛む、夜も眠れないような激しい痛みに襲われるなどの症状がでてきます。

放っておくと神経が腐り、根の周りもダメージをうけ、歯を抜かなければならなくなります。

このような痛みを予防し、歯の健康を維持するために、神経を抜く必要があります(この処置を抜髄と呼びます)。

3
図:むし歯が大きく神経が露出している状態。(社団法人 日本歯科医師会 歯の神経の治療の必要性と難しさより抜粋)

5
図:赤丸で囲まれた黒くなっている部分が神経が感染している

6
図:転んだ衝撃で歯が折れてしまった

1-3.神経を抜く最初の治療が歯の寿命も左右する

口の中の小さな歯の内部にある神経を抜く治療は、肉眼では確認することができず、手探りの治療になるためとても難しい治療です。

そのため、神経や細菌が残って失敗してしまう確率が高く、再度治療が必要となることも少なくありません。

神経の治療を繰り返すと、歯は脆くなり、抜歯になる可能性がどんどん高くなります。そのため、最初の神経を抜く処置を適切に受けることが歯の寿命を伸ばすためにも非常に大切です。

2.神経を抜く治療の痛みについて

2-1.通常の痛み

個人差があり断定できませんが、多くの場合、麻酔を使用するので痛みはありません。

しかし、多少の痛みを伴うことがあったり、まれに治療後に夜も眠れないほどの痛みを感じることもあります。

2-2.麻酔が効きにくい場合ある

神経に炎症がある場合は麻酔が効きにくいです。また、下の奥歯は麻酔が効きにくい場所と言われています。このように、麻酔が効きにくい場合や場所もあります。

2-3.神経を抜いた後に痛みが続く

神経の抜く治療がうまくいかないと、治療した歯で噛むと違和感や痛みを感じることがあり、その症状が持続することがあります。

このような状況にならないためにも適切な治療を受ける必要があります。

3.歯の神経を抜くデメリット

3-1.痛みを伴う可能性がある

炎症が神経まで達している場合、麻酔が効きづらくなります。

神経は痛みを感じる組織なので麻酔がうまく効かず、激痛を感じることもあります。

3-2.歯が脆くなる

神経を抜く治療を受けると、その歯は脆くなり強く噛みしめた際に大きな力がかかるため、歯が割れやすくなります。

一般的に神経を抜いた歯は、抜いていない歯に比べ割れやすいと言われています。

割れてしまった歯は、場合によっては、抜歯しなければなりません。

8

根が薄くなり、ヒビが入ってしまった歯。こうなってしまうと、抜歯せざるを得ません。

3-3.歯の色が変色する

神経を抜いた歯は歯の色が変色し、白かった部分が黒ずんで濁ったような色になります。

3-4.むし歯の進行に気付かなくなる

神経を抜いてしまうと痛みを感じなくなってしまうため、むし歯が進行していても痛みとして感じることができなくなります。

また、神経を抜いた歯はその後かぶせ物を入れるため、その内部の状態がわからなくなります。

3-5.とても難しい治療のため再治療になることもある

非常に難しい治療であり、多くの歯科医師が苦手なため、痛みや違和感が治らないということを度々耳にします。

成功率も60%前後であると言われています。治療後、歯茎が腫れたり痛みを感じる、といった問題が度々生じることがあります。

歯の神経を抜くことのデメリットについて、詳しくは「歯の神経を抜く前に知っておきたい5つのデメリット」をご覧ください。

4.神経を抜くメリット

4-1.痛みから解放される

虫歯などで神経がダメージを受けて起こる痛みを感じることはありません。

4-2歯を守る

神経に起こったダメージが根の周りに広がらないように、掃除と消毒を繰り返し、歯の内部をきれいにして、歯の健康を維持することができます。

5.神経を抜く治療を成功させるために必要なこと

5-1.抜髄の得意な歯科医師の治療をうける

神経を抜く治療はとても難しく苦手意識を持っている歯科医師が多いですが、中にはこの治療を得意としている歯科医師がいます。

治療が必要になった場合はホームページなどを参考に、得意な歯科医を探し、治療を受けた方が良いでしょう。

抜髄の得意な歯科医師について、詳しくは「歯の神経を抜く前に知っておきたい5つのデメリット」をご覧下さい。

5-2.マイクロスコープを用いた治療をうける

神経を抜く治療では歯の内部は肉眼では見えず、手探りの治療なため

”歯の内部を拡大して、よく見えたらいいのに…”、そう思っていた歯科医師は少なくなかったはずです。

そこで開発されたのが歯科用顕微鏡、いわゆる”マイクロスコープ”です。

このマイクロスコープを用いて治療することにより、今まで肉眼では見ることのできなかった歯の内部がよく見えるようになり、結果として精度の高い治療が可能になりました。

マイクロスコープで治療することで、その歯を格段に長持ちさせることが可能になります。

9 10
図:左の小枠よりも、右のマイクロスコープで拡大して見ている根の内部。よく見えれば精度の高い治療ができます。

5-3.ラバーダムを使用した治療をうける

ラバーダムとは、伸縮性のゴムのマスクを装着し、口の中に手術室を再現するものです。

口の中は細菌だらけなので、その細菌の感染からその歯を守り、可能な限り清潔な環境下で治療を行う、これがラバーダムを用いた治療です。

shutterstock_242424397_720

ラバーダムを使用した治療について、詳しくは「根管治療を成功させるカギ!ラバーダム防湿法のメリット」をご覧ください。

5-4.長い時間をかけた治療をうける

神経を抜く治療をきちんと行うためには、治療時間をしっかりと確保してじっくり治療する必要があります。

筆者のクリニックでは、1本の歯の神経を抜く治療に1〜2時間の治療を1〜3回かけて行っております。

5-5.歯にピタッとあった被せものを装着する

治療後は被せ物を装着しますが、被せ物と歯の境目に大きな隙間があれば、その隙間を縫って歯の内部に細菌が入り込み悪さをするため、失敗の原因となります。

精度の良い、境目に隙間の少ないピタッとした被せ物を装着することが、神経を抜いた歯を長持ちさせるためにとても重要です。

10
図:段差のあるかぶせ物

15
図:歯とかぶせかぶせ物に段差は全くないのがわかります。これが歯を守るかぶせ物です。

6.歯の神経を抜かないために

歯の神経の有無は、歯の寿命に大きくかかわります。そのため神経を守るための予防処置を行うことがとても大切です。

6-1.むし歯にしない

毎日の丁寧な歯磨きを行う、糖分を控えるなどの食生活の見直し、フッ素の使用、定期的に歯科医院に通いむし歯の原因であるプラークを取り除いてもらう、などのむし歯予防を行うことが、とても大切です。

6-2.小さいむし歯の段階で適切な治療を受ける

仮にむし歯になってしまっても、小さなうちにむし歯を除去し、適切な治療を受けることができれば神経を抜かずに済みます。

むし歯を取り除いたあと、つめ物、被せ物で失った部分を補うのですが、それらと歯には必ず境目があります。

その境目の隙間が大きければ、その内部に汚れが溜まりむし歯が再発します。歯とピタッと合っているつめ物、被せ物を装着することがとても大切です。

6-3.神経を抜かないような薬を使用する

仮に神経まで到達してしまうような大きなむし歯でも、「MTAセメント」のような神経を保護する最新の薬剤を使うことで、抜かなければならないような神経も、抜かずに済むかもしれません。

19

まとめ

むし歯が大きい場合など、どうしても神経を抜く治療が必要な場合があります。そのような場合は、その治療が得意な先生の最新の治療をうけ、精度の良いかぶせ物をすることで、必ず神経を抜いた歯でも長持ちさせることができるでしょう。
しかしまずは、むし歯にしないこと、むし歯になってしまっても適切な処置をうけることで、神経を守り、歯の寿命を延ばすことができます。

Author:柳沢 哲秀 (歯科医師/東京都調布市 柳沢歯科医院)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!