赤ちゃんのためにも!妊娠中の歯やお口のトラブルとケア

予防と知識

お口の治療

Pocket

00

妊娠して歯やお口のトラブルに悩まされる方も多いのではなでしょうか。

妊娠によって、女性ホルモンが増えることで口の中の状態は大きく変化します。歯とお口のトラブルには特徴的なものがいくつかあります。

ここでは、妊娠中の歯のトラブルとその対処法を紹介しますので参考にしてみてください。

うまれてくる赤ちゃんのためにも、まずはお母さんのお口のトラブルをなくし、不安なく、安心して、出産できる環境をつくりましょう。

スポンサードリンク

1.妊娠中によくあるお口のトラブル

1-1. お口の乾燥

妊娠初期は、ホルモンバランスの影響で唾液がでにくくなることがあります。

お口の中が乾燥していると、唾液で汚れを洗い流すことができず、汚れがたまってしまい、虫歯や歯周病の原因になると言われいます。

お口の中をできるだけ保湿していることが大切です。

1-2.唾液つわり

唾液に関連して妊娠期に起こる症状で唾液つわりがあります。

泡状の唾液になり、飲み込むと気持ち悪く、ティッシュなどに吐き出している妊婦さんも多いのではないでしょうか。

唾液を頻繁に吐き出すことが続けば、それもまた、お口の中を乾燥状態にしてしまいます。

唾液つわりは長い人で妊娠後期まで続くと言われていて、唾液を飲み込めない状態はとても辛いです。

唾液つわりに伴う、お口の乾燥状態に関しても、自分にあった対処法で守りましょう。

対処法
お口が乾燥していると思ったら水分を取りましょう。
飴やガム、タブレットで唾液がでる環境を作りましょう。
唾液つわりの人は、自分にあった方法を試してみてください。

※この時、砂糖の含まれている食品を選ぶとかえって虫歯になるリスクを高めてしまいますので、砂糖の含まれていないノンシュガーのものを選ぶと良いでしょう。

ノンシュガー製品

キシリトールセット

販売:ロッテ
商品:キシリトールタブレット(オレンジ・ミント・グレープ・いちご)
価格:270円

1-3.虫歯

妊娠中は、食事回数が増えることや、つわりや、お口の乾燥、酸性食品摂取など様々な要因で虫歯になりやすいです。

食事回数は増えるけれど、つわりで歯磨きをすると辛い。

この状態が続くと、お口の中に汚れがたまった状態が続きますので、虫歯になりやすいと言われています。

そこに、お口が乾燥していると、さらに虫歯になりやすいので、

妊娠中は普段よりも意識して歯磨きをすることが大切です。

対処法
外食の時も歯ブラシを持参し、できるだけ歯磨きをする習慣をつける
つわりで歯磨きが辛い人は、歯磨き粉をつけないで磨いてみる。普段よりも小さめの歯ブラシを使ってみる。

妊婦の虫歯については【妊婦は虫歯になりやすい!その原因と予防法、治療について】をご覧ください。

1-4.歯周病

虫歯同様に、お口の中に汚れがたまった状態が続くと、歯茎の周りにも汚れがたまりますので、歯周病の原因にもなります。

特に妊娠中は体温が高いため、虫歯菌や歯周病菌が繁殖しやすく、炎症を起こしやすいと言われています。

お口が乾燥していると、前歯に炎症がでやすく、歯茎から出血することもあります。

歯磨きをしていて歯茎から血がでるようになったら、虫歯よりも歯周病の症状がでています。

1-5妊娠性歯肉炎(エプーリス)

妊娠中にむられる歯肉炎で歯ぐきが大きく膨らむ症状がでることがあり、ホルモンバランスが影響していることが原因といわれています。

エプーリス

出産後に自然に治ることがほとんどですので、そのままにしておき、清潔な状態を保ちましょう。

出産後に歯ぐきの膨らみがとれない場合は、手術で歯ぐきを切除することもあります。

妊娠中はできるだけ手術を控え、清潔な状態を保つことを心がけます。

1-6.虫歯ではない歯の痛み

妊娠中は体温やホルモンバランスの変化によって、歯の神経部分に圧がかかり痛みがでることがあります。

圧迫されたような痛みで歯の根っこのあたりがずきずきとうずくよう症状です。

妊娠5ヶ月くらいになると自然に治ると言われています。

対処法
痛みに耐えられず、寝れない状態が続くようであれば、歯科医に相談しましょう。
必要ならば、妊娠期に合った処置を行い、痛みを軽減することができます。
自分で対処するのが不安な方は専門家に相談しましょう。
定期的な検診は、妊娠初期からでも受診することができます。

最近では「マタニティ歯科外来」なども設置されていて、妊婦さん専門の歯科医院もあります。

妊娠中の歯科検診については【妊婦になったら歯科検診に行くべき!その理由と治療について】をご覧ください。

2.赤ちゃんのために!出産前にできること

2-1.歯科治療をしておく

虫歯や歯周病の治療など出産前にしておいた方がいいとは聞いたことがあるけど、なぜ必要なのか?一つずつ解消していきましょう。

2-1-1.虫歯の治療

赤ちゃんへの虫歯菌の感染のリスクを下げるために出産前にできることは、妊婦さん自身や他のご家族の方の虫歯菌をなるべく減らすことです。

生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌はいません。つまり出産後何らかの原因で感染するのです。

特に妊婦さんはホルモンバランスの乱れや食生活の変化などより虫歯菌が増えやすく虫歯になりやすい環境になっています。

実際に虫歯がある場合は治療できるときにしっかり治療する必要があります。

2-1-2.歯周病の治療

歯周病になると炎症性のサイトカインが生成されますが、このサイトカインには子宮収縮物質の産生を促進させる作用があることが調べられており、まだ出産の時期ではないのに子宮収縮がおきやすくなるため早産になることが関連しているのではないかと、研究がすすんでいます。

また歯周病菌が直接血流にのって胎盤へ移行すると発育不全や低体重児出産などを引き起こす可能性についても研究がすすんでいます。

虫歯菌と同様に生まれたばかりの赤ちゃんのお口のなかには歯周病菌も存在しません。

妊婦さんや出産を考えている方も歯周病と指摘されたことのある方はしっかりと治療しましょう。

2-2.セルフケアを徹底する

虫歯菌や歯周病菌のリスクを減らすにあたって一番効果的なことはセルフケア(ブラッシング)を徹底することです。

歯の表面に付着しているプラーク(歯垢)は食べかすではなく細菌の塊です。つまりプラークをしっかり除去できるようになると虫歯菌も歯周病菌も数が減り、その分リスクを下げることができるというわけです。

磨いているつもりだけど虫歯がどんどんできる、歯周病がなかなか改善しないという方は専門家によるブラッシング指導を受けてみるとよいでしょう。

2-3.細菌のコントロール

セルフケアがしっかりできるようになり、さらに虫歯菌や歯周病菌の感染リスクを下げることができないかな?とお考えの方もいらっしゃると思います。

ブラッシングによる機械的なお掃除にプラスアルファして科学的に細菌をコントロールする方法があるのでご紹介します。

2-3-1.キシリトール

キシリトールは虫歯の原因にならないことが研究データで明らかになっています。

キシリトールはお口の中で酸を産生しません。なので、虫歯の原因になる環境を作らないと言われています。

さらにガムを噛むことで、唾液の分泌を促進する効果もあるので唾液の作用と相乗効果で、虫歯になりにくい環境を保ってくれます。

キシリトール製品を選ぶときに気を付けることは、キシリトールが50%以上含まれていること。虫歯のリスクが高い方に関してはできるだけ100%含まれているものを選びましょう。

ただし、普段からガムを噛む習慣がない方や、甘味料を控えたい方は、積極的に取り入れる必要はありません。あくまでも補助的な方法とお考えください。

キシリトール

販売元:OralCare
商品名:キシリトールガム(ボトル)
成分:キシリトール100%
種類:アップルミント、マスカット、クリアミント
価格:900円(税別)

2-3-2.乳酸菌

乳酸菌は虫歯を予防するだけでなく歯周病予防も期待できます。

乳酸菌のタブレットやガムなど様々な製品が出ています。興味のある方はかかりつけ歯科医院で相談してみましょう。

BioGaia

販売元:BioGaia
商品名:プロバイオティクスロゼンジ(30粒)
成分:L・ロイテリ菌
価格:3000円(税別)

3.かかりつけ歯科医院を探すこと

妊娠中に限らず何かあった時に相談できる「かかりつけ歯科医院」を探しておきましょう。

3-1.かかりつけ歯科医院を持つことのメリット

3-1-1.妊娠中の疑問を相談できる

妊娠中にこれはしてもいいの?治療はいつからできるの?など不安な事や疑問もたくさんあると思います。そういった不安や疑問を相談できるかかりつけ歯科医をみつけ、気軽に相談できる環境づくりをしましょう。

3-1-2.出産後も相談できる

出産後もご自身のことや赤ちゃんのことなど不安がいろいろあるかと思います。

出産後はなかなかご自身のセルフケアに時間をかけることが難しくなる場合が多くなり赤ちゃん中心の生活になりますので、ライフスタイルの変化に合わせた歯科治療の計画やセルフケアの相談もできます。

4.妊娠中でも赤ちゃんの歯を育てるための食事を!

赤ちゃんの歯の形成や発育に必要な栄養素は様々なものがあります。

妊娠中はつわりがあったり食生活の変化があったりと、食事バランスが崩れやすい時期です。できるだけバランスの取れた食事を摂りましょう。

たんぱく質、カルシウム、リン、ビタミン類を十分摂取することを心がけましょう。

赤ちゃんの歯は生まれてからできるのではなく、お腹の中にいるときから歯の形成が始まっています。

妊娠7週目には歯胚(歯の芽)ができ始め、出産時には乳歯が形作られ永久歯の歯胚(歯の芽)もできている状態になっています。

まとめ

妊娠中やそろそろ妊娠を計画している方、その期間に赤ちゃんのためにできることは何かないかな?と思われている方がたくさんいらっしゃると思います。

虫歯、歯周病などの歯科治療をできるだけしておくこと、かかりつけ歯科医院を探しておくこと、妊娠中のママと赤ちゃんの歯の関係を知ることなど出産前にできることはいくつかあります。

赤ちゃんのためだけではなくご自身の健康を守るきっかけにもなります。

ぜひこの機会にかかりつけ歯科医院をみつけ安心して信頼できる担当歯科医師、歯科衛生士を探しお口の中だけに限らず全身の健康づくりのサポートをしてもらいましょう。

鎌田 瑞乃
Author: 鎌田 瑞乃(歯科衛生士)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!