歯周病を治す!歯周ポケットの深さ別の治療法、費用、期間

予防と知識

歯周病

Pocket

shutterstock_413617336-1

歯周病のサインとなる歯周ポケットの改善方法が分からないという方も多いのではないでしょうか。

歯周病の治療は、この歯周ポケット内にある汚れ(歯垢や歯石)を取り除き、歯茎の炎症を抑え引き締め、これ以上歯槽骨が溶けてなくなるのをくい止める治療です。

歯周ポケットは深くなればなるほど、歯周病が進行し、歯槽骨の吸収が進んでいき、治療期間も費用もかかります。また、ひどくなると外科的手術が必要な場合もあり、抜歯のリスクも高くなるのです。

歯周病の程度によってどんな処置が必要かまた期間、費用などお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

1.歯周ポケットとは

歯周ポケットとは歯と歯茎の境目の溝の事を言います。

歯茎に腫れや炎症が起きると、歯と歯茎の境目の溝が深くなっていきます。

しかし、歯と歯茎の溝は歯周病になったからできるわけではなく、健康な状態でも1~2ミリ程度の浅い溝があります。この場合は歯周ポケットではなく歯肉溝と呼びます。

3ミリ以上の溝がある場合、歯周ポケットと呼び方が変わります。

1

2.歯周ポケットの深さと基本治療

歯周病の検査は、歯周ポケットの深さと出血の有無、歯の動きなどを複合的に検査し歯周病の進行度を検査していきます。

歯を支えている骨(歯槽骨)まで症状が進んでいるのか、歯茎が腫れているだけなのかによっても治療の内容が変わってきます。

治療法は、まずはプラークコントロール(歯垢除去)をして歯周病の検査をし、検査結果を元に歯石除去を行い、もう一度、歯茎の状態をチェック(評価)します。

歯茎の状態によっては外科的な処置が必要になる場合もあります。

3.歯周ポケット(1~3mm)

3-1.炎症の程度

1~2ミリの浅い溝の場合は歯肉溝と呼ばれ一般的に健康な状態です。

ただし歯茎の周りに汚れが付いていたりすると歯茎に炎症が起こり、歯肉炎になっていく場合もあります。

歯茎の検査時に出血があった場合は、歯を支えている骨までに症状が進んでいるかどうかで、歯肉炎による歯茎の腫れなのか、初期の歯周病なのかの病状に分かれます。

歯周病の検査時に出血がなければ歯周病の病態が安定している状態と診断されます。

3-2.治療方法

1~2ミリの歯肉溝があり、出血がある場合は歯茎の周りに歯垢(プラーク)の付着で歯肉炎を起こしてると考えられます。その場合、適切なブラッシング指導と歯科医院でのクリーニングを受けプロフェッショナルケアとご自宅でのセルフケアで改善を促します。

歯周病検査で出血がある場合、歯槽骨の吸収がなければ歯肉炎の治療として適切なブラッシング指導とかかりつけ歯科医院でクリーニングをうけて治療をします。

歯槽骨の吸収がある場合は歯周病の治療も必要になってくる為、セルフケアはもちろんプロフェッショナルケアとして適切なクリーニングを歯周病の治療をうけましょう。

3-3.治療期間

セルフケアで改善を促す場合は、1~2週間程度しっかりとブラッシングをすることにより改善します。

プロフェッショナルケアも含めて1~2か月は必要な場合もあります。

歯科医院において歯石取りを行う場合は、その程度によって期間は変わってきます。

3-4.費用

1度の来院での自己負担は1,000~2,000円程度で医療保険が適応されます。

4.歯周ポケット(3~5mm)

4-1.炎症の程度

3ミリ以上の歯周ポケットがある場合、出血の有無、歯槽骨の吸収の有無を診ていきます。

出血がない場合は歯周病が安定している状態と考えられます。

出血がある場合は炎症が起きているサインとなります。さらに歯を支えてる歯槽骨の吸収の有無で歯周病の進行度をはかります。

歯槽骨の吸収が3ミリ以下の場合は初期の歯周病と考えられ、4~6ミリ程度では中等度まで歯周病が進行していると考えられます。

4-2.治療方法

まずは、適切なブラッシング指導を受け、ご自身のお口のなかの状態にあったセルフケアの方法の指導を受けてください。

お口の中は個人によって状態が違うため、間違った方法を行っていると改善されない場合があります。あなたにあった磨き方を歯科衛生士からアドバイスをもらうことをお勧めします。

セルフケアとともにプロフェッショナルケアとして歯石取りやクリーニングが必要です。

歯石取りは程度によって歯茎から上の歯石取り(スケーリング)、歯茎の中の歯石取り(スケーリングルートプレーニング)などが必要になります。

症状によっては、外科的な処置が必要な場合もあります。

歯石除去について、詳しくは『歯科衛生士が教える!歯石除去して得られる5つの効果』をご覧ください。

4-3.治療期間

治療の期間は、炎症の程度や歯石付着の状態によって変わってきます。

歯茎の中の歯石取り(スケーリングルートプレーニング)が必要な場合は、6回程度まで回数を分ける必要が出てくる場合もあります。

その場合、3か月~1年程度は期間が必要になる場合もあります。

歯周病の治療を開始する際には、かかりつけ歯科医院の担当歯科医師や担当歯科衛生士とともに治療計画を立てて、適切な歯周病治療を受けましょう。

4-4.費用

費用に関しては保険の場合、保険外の場合があります。

保険の場合は歯石取りの回数などによっても変わりますが、1回の来院での自己負担金は2,000円程度が一般的です。

保険外の場合は、治療の内容や診療の進め方、資料の内容などによって医院により価格が設定されますので、かかりつけの医院で相談してみてください。

5.歯周ポケット(6mm)

5-1.炎症の程度

歯周ポケット6ミリ程度までは、一般的に中等度の歯周病と呼ばれ、7ミリ以上になると重度の歯周病と呼ばれます。

歯槽骨の吸収が起きてくると、歯の支えがなくなるので歯の動きが出てきます。

歯がグラグラしてくるので、よく噛めない、噛むと痛いなどの症状が現れてきます。

5-2.治療方法

歯周病の治療はプロフェッショナルケアだけでは改善しません。かならず自分で行うセルフケアでのコントロールも必要になってきます。

歯周病が進行してきた場合、特に歯茎が下がったり、歯と歯の間のすき間が大きくなったりすると歯ブラシの他に歯間ブラシやポイントブラシなどの補助用具が必要になってきます。

プロフェッショナルケアとしては歯石取り(スケーリング)やスケーリングルートプレーニングを行います。

外科的な治療が必要な場合があります。歯茎を切開し必要な部分の歯石や付着物を除去する方法や再生療法などもあります。

歯茎下がりを戻す治療法については、『歯茎が下がる!健康な状態へ戻すため治療法と予防法』をご覧ください。

5-3.治療期間

歯石取りの必要回数によっても大きく変わりますし、外科的な処置が必要な場合は外科処置後のフォローなど経過を見ていく必要がありますので2~3か月程度の通院または1年程度経過を診ていく必要がある場合もあります。

5-4.費用

保険内の治療、保険外の治療によっても変わってきます。

歯周病専門クリニックなどで保険外の治療をしている医院もたくさんありますので、検討して自分にあった医院で安心して治療を受けましょう。

保険内の場合は、外科処置が必要な場合は1回で3000円程度の自己負担が必要になってきます。

6.歯周ポケットは再発するのか

歯周ポケットは再発します。

一度しっかりとした歯周病治療を行い治癒したとしても、その後のケアによって再発することもあります。

身体の抵抗力が落ちてしまったり、定期健診を受診せず適切なプロフェッショナルケアが受けられなかったりなどの状態が続くと、再発する事はありますので3~6か月に1度は定期健診を受けましょう。

7.自宅でできる歯周ポケットの予防、改善法

7-1.毎日のブラッシング

まずはブラッシングです。歯周病も虫歯も細菌感染によるものです。

お口の中の細菌のコントロールには適切なブラッシングは不可欠です。

7-2.フロスの使用

フロスなどの補助用具を使用してセルフケアをするとブラッシングだけでは取り切れない汚れを取る事ができ、その分お口の中の細菌の数を減らす事ができるためフロスも使いましょう。

フロスを使用する場合は歯肉溝や歯周ポケットの浅い部分までフロスを挿入し清掃する事が必要です。フロスの使い方が不安な場合指導を受けましょう。

フロスの正しい使い方について、詳しくは『歯科衛生士が教える!デンタルフロスの正しい使い方』をご覧ください。

7-3.定期的な検診

一度しっかりと治療をして歯周病が改善してもその後放置してしまうと再発させてしまう事もあります。

できるだけ3~6か月に一度は歯科医院を受診し状態をみてもらいましょう。

歯科検診について、詳しくは『予防と節約につながる歯科検診は絶対に定期的に行くべき!』をご覧ください。

7-4.生活習慣の見直し

歯周病は生活習慣病です。

不規則な生活のためブラッシングもままならない状態にあるとどうしても状態は悪くなってしまいます。

それぞれのライフスタイルに合わせたケアを提案できると思いますので是非かかりつけの歯科医院を持ち相談してみてください。

7-4-1.タバコ

喫煙は、全身においても悪影響がたくさんありますが、お口の中にも関わってきます。

タバコの成分によって血管収縮が起きるため何か炎症が起きた時にはたらく免疫反応が起こりにくくなります。

そのため歯周病の進行にも関わりますし、歯周病の治療をしても結果として改善しにくい状態になります。

7-4-2.食生活(糖尿病)

歯周病と糖尿病は相互作用があると言われています。

歯周病が進行すると糖尿病が悪化したり、逆に歯周病が改善すると糖尿病の数値も安定してくると言われています。

まとめ

日本人の約8割が歯周病と言われています。
まずは歯科医院を受診し自分自身のお口の中の状態を知りましょう。初期の状態であれば早期治療でかなり改善が見込めますし、重度であっても様々な方法でよい状態になるよう積極的な治療ができることもあります。

身体の健康はお口からと言います。痛みがあってもなくても歯科を受診してみてください。

鎌田 瑞乃
Author: 鎌田 瑞乃(歯科衛生士)

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!