奥歯を抜歯する時と抜歯した後の痛みの原因と軽くする方法

予防と知識

痛み

Pocket

shutterstock_306876224

奥歯を抜歯しなければいけなくなったとき、周りの人から抜歯が痛かった話などを聞いて不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

奥歯の抜歯には、痛みの原因となやることがいくつかあり、その原因を取り除けば痛みなく抜歯をすることも可能です。
今回は、どんな時に痛みを感じるのか、また痛みなく抜歯をするためにはどうしたらよいのかについてまとめていきます。
また、実際に奥歯を抜いた後に痛みがでたらどうすればいいのか、どんな対処方法があるのかも解説します。ぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク

1.奥歯の抜歯が痛む原因

1-1.親知らず

奥歯の抜歯で最も多いのが親しらずの抜歯です。

まっすぐきれいに生えている歯であれば短時間で抜歯をすることができますが、斜めに生えていたり、虫歯になっていると時間がかかることがあります。

特に痛みを感じやすいのは、歯が斜めに生えており、かつまだ半分以上が埋まっている状態の親知らずです。
これ以上生えてこない、虫歯が進行しているなどの悪条件が重なりやすく、痛みを感じやすいのです。

また、歯があごの骨の中に埋まっている状態の親知らずを抜歯する際は、歯ぐきを切ったり、歯の骨のまわりの形を整えることもあり、痛みを感じやすいと言われています。

1-2.虫歯を放置

奥歯は基本的に磨きにくく虫歯になりやすい部位です。

知らないうちに虫歯になっていると、歯の大半が大きな虫歯になってしまい、その周りに汚れがたまって歯ぐきが炎症を起こすこともあります。その場合、抜歯の時に麻酔が効かなかったり、歯がボロボロと壊れてしまうので、抜歯に時間がかかったりすることがあります。

また、抜いた後も虫歯が原因でばい菌の多い場合は、歯ぐきが治りにくく、痛みがでる場合があります。

1-3.奥歯の歯茎の腫れ

奥歯でも斜めに生えていたり、うまく磨けていない場合は、虫歯になっていなくても歯ぐきが炎症を起こしている場合があります。

この場合、抜歯の時に麻酔をしますが、炎症のあるまわりに麻酔が効きにくく、抜歯後も痛みを感じる場合があります。

2.抜歯後に痛みがでる原因

抜歯の後に麻酔が切れてから痛みがでる場合もあります。

2-1.縫合によるもの

奥歯は特に大臼歯といわれ、お口の中でも一番大きな歯です。

抜いた部分をそのままにしておくと1.5cm程度の穴が空いている状態になりますので、必要に応じて穴を塞ぐために縫合します。

縫合した部分は1~2週間で抜糸をしますが、抜糸の前に歯ぐきの治りが早い場合は、歯ぐきがつっぱる状態になり、痛みを感じることがあります。

この場合は、早めに歯科医院へ行き、抜糸をしてもらうことで痛みがとれるでしょう。

2-2.ドライソケット

歯を抜いた後は、穴の空いている状態です。この穴の中に血餅(けっぺい)という血の塊ができて治っていくのが通常ですが、この血の塊がうまくできない、または少ない状態の場合に、ドライソケットという状態になり、痛みを生じる場合があります。

お薬を飲んでも痛みが軽減しないケースであれば、ドライソケットの場合が考えられますので、すぐに歯科医院へ連絡をしてください。

ドライソケットについて、詳しくは「抜歯後に激痛が起きた!ドライソケットの症状と対処法」をご覧ください。

2-3.食べ物

歯を抜いた後、縫合をしないで穴の空いた状態にしておくこともあります。

この場合は、なるべく穴の空いている方で食事をしない、食べ物を噛まないなど気をつけることが大切です。抜歯後の穴の中に食べかすなどが入り込んでしまい細菌が繁殖していくと、痛みの原因になることがあります。

処方されているうがいぐすりを毎回行っていれば、問題ないケースが多いですが、歯ぐきの腫れが1週間経過しても治らない、臭いがするなどの症状がある場合は歯科医院へ連絡をしてください。

3.抜歯後の痛みを軽くするには

3-1.薬を服用する

抜歯後には、痛み止めや抗生剤が処方されます。

痛み止めは痛みのある時だけで十分ですが、抗生剤は処方通りに服用することで細菌の感染を予防し、順調に歯ぐきの回復や傷口の回復ができます。

歯ぐきの治りが悪いなどの症状が痛みの原因にもなりますので、処方されたお薬は正しく服用しましょう。

3-2.うがい

うがい薬も処方されますが、抜歯の当日は控えましょう。

また、次の日からもブクブクゴシゴシとうがいをするのではなく、ゆっくりと優しくうがいをするようにしましょう。
うがい薬の薬用成分でお口の中を清潔に保ち、傷の治りを順調にしてくれます。

抜歯後の歯磨きとうがいについて、詳しくは「親知らずの抜歯後は歯磨きとうがいの方法に注意しよう」をご覧ください。

3-3.抜歯側で噛まない

抜歯した側の歯ぐきの治りは、2週間から3週間はかかります。

特に縫合していない場合は穴が空いている状態です。硬い食べ物が当たれば痛みの原因になるため、抜歯した側では食事を控え、反対側で食事をするようにしましょう。

4.抜歯後の歯茎が治るまでの期間

抜歯後から歯ぐきが治るまでの期間は、約3ヶ月程度です。

4-1.抜歯直後

抜歯直後やその日は、血餅という血の塊を貯める時期です。この時期にうがいをすると血餅が流れてしまいます。

また、激しい運動をすると血流が良くなり血が固まりにくくなるため、安静にしておくことをおすすめします。

4-2.抜歯から1週間後

1週間ほどすると、歯ぐきの痛みや腫れも軽減してきます。体の中では歯ぐきの回復し、歯を支えている骨の回復も少しづつ始まります。

まだ、抜歯側では食事をすることは控え、あまり刺激を与えないようにしましょう。
縫合している場合は、この時期に抜糸が行われます。

4-3.1ヶ月後

1ヶ月ほど経過すると歯を支えている骨も順調に再生(回復)し、穴もだんだんと塞がってきます。

歯磨きも通常通りできるようになります。

穴はまだ完全に塞がっているわけではないので、食事の時は硬い物などを食べる時は注意が必要ですが、抜歯当初ほど気にして食事をしなくても良くなっています。

4-4.3ヶ月~6ヶ月

3ヶ月から6ヶ月が経過するとほとんどの場合で、完全に回復している状態になります。

歯ぐきも平になり、引き締まった状態の硬さが戻ってきます。

個人差はありますが完全には歯ぐきが戻らず、少し凹みのある状態で治る方もありますので、気になる場合は歯科医院で診てもらうといいでしょう。

5.抜歯後の治療について

抜歯した歯によりますが、治療には様々な方法があります。

奥歯の場合は、ブリッジにしたり、インプラントを埋入する治療方法もあります。
また、複数の歯を抜歯した場合は入れ歯になる場合もあります。

それぞれの治療の費用や内容についてはこちらをご覧ください。

ブリッジ費用:「ブリッジの治療費用っていくらかかる?保険診療と自費診療」
入れ歯について:「相場はいくら?入れ歯の費用を保険適用と適用外で解説」

まとめ

いかがでしょうか。奥歯の抜歯では他の歯よりも様々な条件が重なり、痛みを感じやすい場合があります。
ただし、お薬の処方や、説明をきちんと守ることで痛みを感じることなく順調に回復することも多いですので、不安に感じた場合は一人で悩まず歯科医院へ相談してみてください。
また、奥歯は抜歯した後は、そのまま放置せずに、きちんと被せ物をいれるなどの治療を受け、生涯美味しく食べれるお口の健康を維持していきましょう。

Pocket

歯の知りたい!がオススメする
歯科医師を無料で紹介いたします!

現在、コンビニよりも多いとされる歯科医院。

近所だから…といった理由だけで通院していませんか?

特に保険が適用されない高額治療はしっかりと納得してから通いたいものです。

【歯の知りたい!】では様々な治療に精通した歯科医師を無料でご紹介しております。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料歯科医師紹介を利用する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!