子供の乳歯がなかなか抜けない時の対処法と生え変わり時期

予防と知識

その他

Pocket

shutterstock_252392584_720

お子様の乳歯が抜けそうで抜けない、または少しもぐらぐらする気配がなくて心配になる方も多いのではないでしょうか。

成長が早い子供だと5歳くらいから乳歯が抜けていきます。乳歯から永久歯に生え変わる時期は大切なお子様の歯の将来に影響することもあるので、大人が気を付けてあげなければいけません。

今回は、乳歯が抜けない時の対処法と、乳歯の生え変わりの時期について解説していきます。

スポンサードリンク

1.乳歯が抜けない時の対処法

1-1.歯科医院を受診する

1-1-1.乳歯がなかなか抜けない場合

ぐらぐらしている歯を糸で結んで引っ張るということも以前はありましたが、
手で触ることで、細菌感染の原因になることもありますし、強引に引き抜くことで生えてくる永久歯に影響を及ぼす場合もあります。

生え変わりの時期なのにぐらぐらしない、他の歯は抜けたのに抜けない歯が1本だけあるという場合、下に永久歯がない場合もありますので歯科医院で相談しましょう。

1-1-2.痛みがある場合

乳歯が抜けずに、痛みがある場合は、虫歯になっているかもしれません。その場合、無理に抜こうとすると、歯が欠けてしまったり、さらに痛みが増したりすることもありますので、痛みがある時はすぐに歯科医院へいきましょう。

1-1-3.乳歯が抜けていないのに永久歯が生えてきてしまった場合

乳歯がぐらぐらして今にも抜けそうな場合は経過を見て問題はありません。

それでもいつまでも抜けずに残っている場合は、歯科医院で抜歯してもらいましょう。歯茎の表面に麻酔のジェルやスプレーをしてくれるので、痛みなく、歯茎や、生えてくる永久歯にを傷つけることなく抜歯することができます。

また、乳歯が全然揺れていないのに永久歯が生えてきてしまった場合は歯医者で抜歯をしてもらう必要があります。

1-2.自然に抜けるまで待つ

少しぐらぐらしてきた歯は、ついつい触ってしまいがちですが、自然に抜けるまで待つこともひとつの方法です。

気になって舌で触ったり、押したりしてしまうかもしれませんが、痛みがない場合は自然の力に任せることもいいでしょう。

2.乳歯と永久歯の生え変わり時期

2-1.生え変わりの時期

乳歯から永久歯の生え変わりは、6歳前後から12歳までに生え変わります。

一般的に一番最初に抜けるのは下の前歯、そして、一番最初に生えてくる永久歯は、「6歳臼歯」と言われている下の奥歯の大臼歯です。ただ、これには個人差もありますので気にしすぎるのも良くありません。

乳歯の生え変わりについて、詳しくは「不安を解消!乳歯の生え変わり時期や順番の正しい知識」をご覧ください。

2-2.遅いとどうなる

乳歯が抜ける目安の時期なのに、乳歯がぐらぐらしていない、抜けそうな気配がない場合は、下に控えている永久歯がないことが考えられます。

歯科医院でレントゲンを撮影してもらい、永久歯があるのかどうかを確認してもらうことをおすすめします。

2-3.早いとどうなる

乳歯が抜ける時期と永久歯が生えてくる時期には3ヶ月〜6ヶ月の差があります。
永久歯に完全に生えかわるまでに1年かかることもあります。

この時期よりもはるかに早く、乳歯が抜けた場合は、大人の歯が生えてくるスペースが狭くなることが考えられます。

また、スペースが狭いと、斜めに生え歯並びに影響が出る場合も考えられますので、歯科医院で、歯の生えてくるスペースを確保することが必要かどうか確認してもらいましょう。

01

出展:公益社団法人ライオン歯科衛生研究所

3.乳歯が抜けそうな時の注意事項

3-1.手で触らない

乳歯が抜けそうな時、気になって子供は手で触りたくなりますが、手についている細菌が感染することで、歯茎が炎症することも考えられますので、触らないようにしましょう。

保育者が触ることもできるだけさけ、どうしても触って確認する場合は手洗いをきちんとおこなってからにしましょう。

3-2.舌で触らない

ぐらぐらしていると気になって舌で押しつけたり、吸ってみたりと、ついつい気になりますが、過度な力をかけることで、痛みがでる場合もありますので、舌で触らないように伝えることも大切です。

どうしてもきになる場合は、早めに歯科医院に行くことをおすすめします。

3-3.口の中に傷ができていないかチェック

ぐらぐらしてると、舌や唇に傷ができることもあります。

歯のかけらが歯茎に刺さっていることもありますので、きれいに手を洗い、お口の中をチェックしてみてください。

血がでていたり、歯茎が白くなっていたり、腫れているようであれば、歯科医院を受診しましょう。

4.乳歯がぬけたら

もし、自宅にいるときに乳歯が抜けた場合、ガーゼやティッシュを3cm程度のサイズに丸め、抜けた歯の周りの歯茎を圧迫します。

ガーゼやティッシュを噛んだ状態で5分ほどすれば出血はとまります。

それでも止まらない場合は、もう5分噛んでみて、それでも止まらない場合は、歯科医院へ行きましょう。

抜けた乳歯は乳歯ケースで保存

最近では、乳歯をへその緒と一緒に保存できるケースなども販売されています。
乳歯を保管できる乳歯ケースで、お子様の成長と思い出として、保管されるのもよいでしょう。

乳歯ケース

乳歯ケースについて詳しくは「おすすめ乳歯ケースと抜けた乳歯をきれいに保存する方法」をご覧ください。

まとめ

乳歯が抜けそうで抜けない、または全く抜ける気配がないなどのわからないことがあると、不安になることもあると思います。
子供の成長や、乳歯の生え変わりの時期には個人差もありますので、「早い」「遅い」「抜けない」と不安な時は、小児専門の歯科医院もありますので、気軽に相談してみてください。

Pocket

今すぐに歯医者さんに行きましょう!

歯医者さんに行った方がいいかも…。と思った方は、今すぐに予約をしましょう。

先延ばしにしていてもいいことは一つもありません。

ただ、どの歯医者さんにすれば良いのか迷ってしまうこともあるかと思います。

その時は検索から予約までできるサービスが便利です。

ぜひご活用ください。


⇒ 無料で歯医者さんを予約する

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!