乳歯を虫歯から守る!治療法と予防法を徹底解説

予防と知識

虫歯

Pocket

00

子供の乳歯が虫歯になってしまって不安になったり、虫歯にしないためにはどうしたら良いのか知りたいという方も多いのはないでしょうか。

乳歯の虫歯は永久歯の虫歯といくつかの特徴があり、永久歯よりも虫歯になりやすいと言われています。

今回は、その特徴と虫歯の治療や予防方法についてまとめてみますので参考にしてください。

スポンサードリンク

1乳歯が虫歯になりやすい理由

1-1.エナメル質が薄い

乳歯は永久歯にくらべて歯の質が弱く、表面も薄くできています。

表面のエナメル質が薄いため、歯の表面についた汚れが少なくても虫歯になりやすいことが考えられます。

1-2.虫歯が白くて気づきにくい

通常、大人の歯は虫歯になると黒く変色するので、虫歯かな?と気づくこともありますが、乳歯の場合は白色、または黄色味かかった虫歯になります。

さらに、大人の歯と比べて乳歯の虫歯は早く進行するため白い状態で急速に進行していきます。

特に、歯と歯の間にできる虫歯は、歯の隙間なのか虫歯なのかを見極めることが難しいため、乳歯の時期は大人よりも頻繁に定期検診で歯科医師にチェックをしてもらうことをおすすめします。

3

1-3.食習慣やおやつの習慣

子供の時はおやつの習慣があったり、夜寝る前にミルクを与えたりと虫歯になりやすい食生活を送っている場合が多いです。

そして、歯磨きも自分ですることは難しいので、親の仕上げ磨きが疎かになってしまうと虫歯がすぐにできてしまうことも考えられます。

2.乳歯の虫歯は永久歯にも悪影響を与える

乳歯はすぐに生え変わるから永久歯には影響はないと考えがちですが、虫歯になった乳歯は生え変わり時に永久歯に影響を与えることがあります。

2-1.永久歯の生える位置

乳歯の虫歯を放置していると、永久歯の生える位置に影響がでる場合があります。

虫歯で歯に穴があき、小さくなった乳歯があると隣の歯が傾いてきます。このような状態では永久歯は生えるスペースを失い、傾いて生えてくることがあるのです。

2-2.歯の変色

これから生えてくる永久歯は、成長しながら顎の中に埋まっています。

その時に虫歯が歯の根っこのあたりまで進行していたら、虫歯菌は下に埋まっている永久歯の周りにまで到達することもあります。

永久歯はまだ成長段階のため、虫歯の菌や、大きな虫歯で細菌の膿が溜まっていたりすると永久歯が変色(形成不全)することがあります。

3.乳歯の虫歯治療について

3-1.なりかけの虫歯

虫歯がまだ小さく、なりかけの状態であればフッ素を塗って予防をすることで自然に治ることもあります(再石灰化)

もちろん、フッ素を塗っただけでは虫歯は治りませんので、正しい歯磨き習慣の指導も行います。

3-2.小さな虫歯

乳歯の虫歯でも、小さいものであれば、歯と同じ色の詰め物をいれて1日で終了する治療があります。

レジンという詰め物で、専用の光を照射することで硬化します。

レジンには、フッ素が配合されている材料もあり、詰めたあとに少しずつフッ素が溶け出して虫歯予防効果の期待できます。

3-3.大きな虫歯

乳歯にも神経があります。虫歯が大きくなり神経にまで到達している場合は、神経を取りのぞく治療をします。

大人の歯では銀の被せ物をしますが、乳歯の場合は神経を取り除いた後に、白い詰め物で治療を完了することもあります。

あまりにも大きな虫歯で、永久歯に悪影響がでると診断した場合には、抜歯することもあります。

3-4.1歳−2歳の子供の場合

乳歯は生後8ヶ月くらいから生えてきます。早くて1歳から虫歯になっている子もいますが、1歳や2歳では治療を行うことができません。

この場合は、虫歯の進行を防ぐ専用の薬剤を定期的に塗って、虫歯がそれ以上おおきくならないようにします。

治療のできる年齢になった時に、必要があれば治療を行います。

それまでに歯が進行しないように、保育者へ歯磨き指導や食生活指導も一緒に行います。

4.自宅でできる虫歯予防

4-1.まずは歯磨き

子供は自分では完璧に磨くことはできませんので、保育者の仕上げ磨きが必要になります。

まずは子供に歯ブラシの大切さを伝え、保育者が見本になるように歯磨きを一緒に行いましょう。

仕上げ磨きの際は、とくに虫歯になりやすい歯の噛み合わせ、歯と歯の間を念入りに磨いてあげてください。

毎歯磨きごとの仕上げ磨きが大変な場合は、寝ている間が一番虫歯になりやすいので夜寝る前の仕上げ磨きを必ずしてあげてください。

4-2.デンタルフロスの習慣づけ

寝る前の歯磨きの時に、仕上げにフロスを通してあげましょう。

歯と歯の間は歯ブラシでは汚れが取りきれません。

子供の頃からフロスの習慣をつけることで大人になってもフロスをする習慣があれば、歯と歯との間の虫歯予防が期待できます。

4-3.フッ素を利用する

歯磨き粉はフッ素配合のものを選びましょう。

フッ素配合の歯磨き粉について詳しくは【虫歯予防に効果的な歯磨き粉はどれ?選び方とオススメを紹介】をご覧ください。

また、市販されているフッ素のうがい剤もありますので、歯磨き時にフッ素洗口を行うことで虫歯予防の効果が期待できます。

フッ化物洗口剤『エフコート』

歯の表面の再石灰化を促し、効果的にむし歯を予防します。
4歳から大人まで幅広く使えるむし歯予防薬で、医療用と同じ成分「フッ化ナトリウム」を配合

5-3

販売:サンスター
商品:エフコート
価格:9月18日販売予定

〈使用方法〉
1日1回、食後または就寝前に30秒から1分間洗口(ブクブクうがい)してください。

4-4.虫歯菌の感染予防

生まれたばかりの子供のお口の中には虫歯菌はいません。

保育者のお口の中の虫歯菌が感染して、子供の口の中に虫歯菌が入ってきます。
例えば、食事の時に保育者が使ったスプーンで子供に食事を与えたりすることでも感染します。

なので、保育者のお口の状態も虫歯のない健康な状態にしておくことも大切です。
とくに、虫歯菌が感染すると言われている2歳から3歳までの期間は、家族全員で気をつけておくことで虫歯予防がより期待できます。

5.歯医者で行う虫歯予防

5-1.虫歯菌検査

6-1

まずは、お口の中に虫歯菌がどのくらいいるのか検査を行います。

そして虫歯菌の状態に合わせて、虫歯予防の計画を立てます。

ひとりひとりお口の中の状態は違いますので、細菌検査をして一番効果的な予防を行っていきます。

※虫歯菌の検査を希望する場合は、歯科医院へ事前にお問い合わせください。

5-2.フッ素塗布

この時期にフッ素を塗布することで、強い歯をつくると言われています。

乳歯や永久歯の生え変わりの時期は虫歯になりやすく、成長段階なので栄養分も取り込みやすい時期です。

定期的な虫歯の検診と一緒に歯の汚れをきれいに取り除き、濃度の高いフッ素を塗布することで虫歯予防を行います。

虫歯のなりやすさに応じてフッ素塗布の間隔を決めてもらい、歯科医院へ予防のために通いましょう。

5-3.歯磨き指導

虫歯の予防のために、子供のうちから歯磨きを楽しみながら予防できる環境を作りましょう。

地域に密着した歯科医院では、小学生を対象に虫歯予防クラブや歯磨き道場など、さまざまな企画を考えている歯科医院もあります。

お近くの歯科医院で相談してみるといいでしょう。

6.規則正しい食生活で虫歯予防

規則正しい食事は、虫歯のないお口を育てるためにも、強い歯を育てるためにも子供の体をつくるためにも欠かせません。

だからと言って、おやつは摂取してはいけないということではありません。

おやつの時間を決めて、栄養のある、果物などをおやつに取り入れ、ジュースなどを控える工夫をすることが虫歯予防の第一歩です。
朝、昼、夜と3食規則正く食べる習慣があることでおのずとおやつの食べる頻度も少なくなるでしょう。

7

7.注意したいこと

虫歯かなと思ったら、できるだけ早めに歯科医院を受診しましょう。

とくに乳歯の虫歯は黒くならないため、個人で判断して歯科医院へ行かないと後で痛みを伴う大きな虫歯になっていることもあります。

子供が自分で気づかないこともありますので、保育者は仕上げ磨きの時に虫歯ができていないかお口の中をチェックしてあげてください。

まとめ

乳歯は、永久歯と比べて黒くならないなど、虫歯にも特徴があります。

とくに、子供は自分ではきれいに歯磨きをすることができませんし、虫歯に気づくことも難しいです。

10歳頃までは保育者が定期的にお口中の状態を観察したり、定期検診へ通院することで、子供を虫歯から守ることができます。

虫歯に気づいてから歯科医院へ行くのではなく、虫歯になる前に予防のために歯科医院へ通う習慣をつけましょう。



Pocket

スポンサードリンク


おすすめ記事のまとめ

最新記事一覧

SNSで更新情報をチェック!